MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 流通会社として長年の実績と、
自社プロディース作品で数々の受賞歴。
個性豊かで良質な音楽を一人でも多くの方に。

Shop

New Release

天才パーカッショニスト富樫雅彦没後10年世界の優れたミュージシャン達が共演を熱... マイ・ワンダフル・ライフEX富樫雅彦バラードコレクション / V.A.

柴山晴美(ソプラノ)つのだたかし(ギター/リュート/ビウエラ) 『スペインのロマ... スペインのロマンセ / 柴山晴美 つのだたかし

波多野睦美 高橋悠治 『冬の旅』 Franz Schubert “W... 冬の旅 / 波多野睦美,高橋悠治

ジャズ・トランペッター高瀬龍一、至福のバラード集 高瀬龍一(tp) 続木徹(pf... Ballads / 高瀬龍一

デンマーク発最強のピアノ・トリオ、平林牧子トリオ待望のニュー・アルバム登場! ジ... ホエア・ザ・シー・ブレイクス / 平林牧子

移り行く季節と変わらぬ私の想い ホリー・コール、ダイアナ・クラールに続くカナディ... シーズンズ~美しい季節 / ダイアナ・パントン

この二人のブラームスとシューマンには、従来のロマンティシズムを超えた、〝今〟のロ... ブラームス&シューマン: ヴァイオリン・ソナタ集 / 本吉優子/林典子

表題にもなっている【Wonderland】は音楽を通して“tksh&... Wonderland / tksh

この先も色々あんだろうそれならその度に頑張ろう こけそうになっても踏ん張ろうそう... MIDDLE / EXPRESS


オレグ・クリサ無伴 奏ヴァイオリン作品 / オレグ・クリサ
title オレグ・クリサ無伴 奏ヴァイオリン作品
artists オレグ・クリサ
label ミッテンヴァルト
price ¥3000+税
release
format CD
cat.no MTWD-99064
ウクライナの至宝オレグ・クリサの バロックからシュニトケまで!無伴奏ヴァイオリン作品集!


「オレグ・クリサ無伴奏ヴァイオリン作品」

①-④ジェミニアーニ(1687-1762):無伴奏ヴァイオリン・ソナタ変ロ長調
⑤ロカテッリ(1695-1764):カプリース第23番「ラビリンス(音楽の迷宮)」
⑥ペトラッシ(1904-2003):影への讃歌(アルフレド・カセッラの思い出に)
⑦-⑫ホドキンソン(1934-):Branches(無伴奏ヴァイオリン・ソナタ~オレグ・クリサに捧ぐ)
⑬-⑰バルカウスカス(1931-):パルティータ
⑱シュニトケ(1934-1998):ア・パガニーニ
⑲-㉑パガニーニ(1782-1840):24 のカプリースより(第5 番、第6 番、第17 番)


オレグ・クリサ(ヴァイオリン)
録音:
①-④1963 年5 月17 日、リヴィウ・フィルハーモニー・コンサート・ホール,ウクライナ(ライヴ)
⑤⑥1981 年2 月9 日、モスクワ音楽院大ホール,ロシア(ライヴ)
⑦-⑫1998 年1 月21 日、キルバーン・ホール,ニューヨーク州ロチェスター,アメリカ(ライヴ)
⑬-⑰1994 年3 月、キャンベラ音楽学校コンサート・ホール,オーストラリア
⑱1982 年12 月12 日、モスクワ放送スタジオ,ロシア
⑲-㉑1977 年3 月メロディア・スタジオ,ロシア


ウクライナ出身/アメリカ国籍のヴァイオリニストオレグ・クリサはソ連時代より長年にわたり、一流のソリスト・室内楽奏者・指導者として敬愛されている。ダヴィド・オイストラフの愛弟子であるクリサは、数々の国際コンクール上位入賞(ヴィニアフスキー第2位[1962]、チャイコフスキー第3位[1966]、モントリオール第2位[1969])、そしてパガニーニ国際コンクール(1963)で完全なる覇者となった。
20 第の若さでキエフ音楽院弦楽器学科長に就任し、指導者としてのキャリアをスタートする。1973 年ロシア国立グネーシン音楽院の同ポジション就任、その2年後にはヴァイオリン教授として出身校モスクワ音楽院で1988 年まで教鞭を執ったが、D.オイストラフの生前は彼のアシスタント教授を務めた。現在イーストマン音楽院ヴァイオリン教授。2009 年東京芸術大学客員教授。リヴィウ音楽アカデミー(ウクライナ)名誉教授、また日本弦楽器指導者連盟名誉会員。2016 年ウクライナ国家芸術アカデミー(1996 年創立された芸術分野最高名誉称号の1つ)の初となる外国人メンバーに選出された。
オレグ・クリサはソロリサイタルを欧州、ユーラシア、北米、北アフリカ、アジア、オセアニアの主要なホールにて行い、ソリストとしてロジェストヴェンスキー、コンドラシン、キタエンコ、ラザレフ、フェドセーエフ、ドミトリエフ他多数の指揮者、世界各地の一流オーケストラやアンサンブルとの共演は数えきれない。殷富なソリストとしてのキャリアに加え、キエフ音楽院四重奏団(1970-73)、レオントヴィッチ四重奏団(1977-87)、ベートーヴェン弦楽四重奏団(1977-87)のリーダーも務めた。
クリサはまた現代音楽の擁護者でもあり、著名な作曲家達(シュニトケ、デニーソフ、グバイドゥーリナ、ペンデレツキ、アルチョーモフ、ホドキンソン、シルヴェストロフ、他多数)がクリサのための作曲し献呈された多くの作品を初演した。

この記事をはてなブックマークに追加