クロース・トゥ・ザ・サン+1 / ステレオ・ヴィーナス featuring ルーマー
MZCF-1311
title クロース・トゥ・ザ・サン+1
artists ステレオ・ヴィーナス featuring ルーマー
label MUZAK/fab.
url http://www.muzak.co.jp
price ¥2300+税
release 2015/4/22
format CD
cat.no MZCF-1311

1. ブロッサムズ・ドリーム
2. コーヒー・アンド・ハニー
3. ジョン・セバスチャンズ・ガール
4. モンド・ブリュ
5. ストレンジ・ワルツ
6. クロース・トゥ・ザ・サン
7. フォトグラフ
8. ハイダウェイ (日本盤bonus track)
9. スカーレット
10. ジューン
11. ジョン・セバスチャンズ・ガール※
※remixed by Karminsky Experience Inc.

ピースでフラワーでメロウ。まるで21世紀のラウンジ・ミュージック
ロンドンで活躍するオルガン奏者、ロリー・モアが人気シンガー、ルーマーを全面フィーチャーした隠れ名盤

メンバー
ロリー・モア(org)
サラ・ジョイス 【ルーマー】(vo)
ヴラディミロ・カルボーニ(ds)
ゲイリー・クロケット(b)
イヴス・サワ(g)
エド・ターナー(el-g, b on track.4&9)
ジョニー・マシャン(ds, vibs on track 5)
ジョン・ホーア(tp)
2011年作品


“嬉しいサプライズ"。そう思わずにいられなかった。ルーマーがこんな素敵な作品を吹き込んでいたなんて。
まるで60年代のA&Mに残された作品群を彷彿させる洒脱でソフト・サウンディングな心地よさ。ソフトロック/ボサノヴァ/ジャズ/映画音楽・・・といった、あの時代特有
のフラワーな空気がいっぱいに詰めこまれている。午後のまどろみの中でウトウトとお昼寝をするような、ドリーミーで幻想的な世界観。そしてカレン・カーペンターやキャロル・キングを思い起こさせる優しく深みのある歌声は、何を隠そう、今ではアトランティック・レコードの歌姫として世界中の音楽ファンから脚光を浴びるルーマーによるものだ。本作は、そんな彼女がオルガン奏者のロリー・モアと一緒にステレオ・ヴィーナスというユニット名義で発表した知られざる作品である。収録曲はすべてこの2人によって書かれている。「Blossom`s Dream」「Coffee And Honey」「JohnSebastian's Girl」など、タイトルを見ているだけでも心惹かれてしまう。それに音の質感もやはり英国らしく、たとえばゾンビーズとかザ・サークル、バーバラ・ムーアあたりにも通じる、適度な湿度とメランコリックなトーンがより魅力を高めている。・・・山本勇樹

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music
CATEGORY TOPへ  PageTop