Ratspack Recordsでは、取り扱いを希望するインディーズレーベルを大募集しています。 詳しくは「ディストリビューション」ページをご覧ください。

インディーズレーベルを大募集
CD-R音源募集

NEWS
16.05.17

SIRIUS ROAR ファースト・インタビュー VOL.1

5/18に新譜「QUALIA」をリリースするSIRIUS ROARの皆様にインタビューを行いました。

Q1:SIRIUS ROAR、いよいよ5月18日にデビュー・アルバム『QUALIA』がリリースされます。今のお気持ちをメンバー1人ずつ話してもらえますか?
SHO:ギターのSHOです。今まで吸収してきた音楽を自分たちなりに出すことができて、アルバムという形でやっと出すことができたかなと思っています。僕自身、アルバムの曲を作曲した時に思い描いていたものが作ることができたという思いはありますし、サウンドもエンジニアさんと親密に打ち合わせをして良い音で仕上げることができたかなと思っています。
SATOSHI:ベースのSATOSHIです。色々と苦労はありましたが、ようやくアルバムを完成させることができて、まだ経験ありませんが(笑)今は、我が子が生まれたような気持ちです。このアルバムは他のジャンルのファンも興味をもってもらえるものができたと思います。 
ERIKA:ヴォーカルのERIKAです。私は今までバンド活動の経験が無かったこともあって今回、アルバムを作るにあたり、全てが始めてのことだらけで本当に大変でした。でもこうして無事にアルバムの完成まで辿り着くことができて今は本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。
MASA:ドラムのMASAです。僕らにとって初めてのアルバムということで、制作には時間も掛かって大変でしたけど、それに見合うくらいの良い作品を作ることができたかなと思います。サウンドも曲も自信を持ってお勧めできますね。

Q2:バンドの結成時の話しから聞かせてもらえますか?
SHO:最初はどうだったかな・・・(笑)
MASA:元々は僕がSHOくんのバンドに加入しようとしていて・・結局加入ということになったんですけど、その後、SHOくんから連絡があって、このバンドではなく、僕と一緒にメタルバンドをやりませんか?と。それがスタートですね。
SHO:そうでした。(笑)
SHO:前のバンドはヴィジュアル系でしたが、もっとメタルをやりたいとずっと思っていました。僕ら2人ともX JAPANが好きだったこともあってそんな要素も入れたバンドをやりたかったです。

Q3:その後から現在のメンバーが揃うまでを聞かせて下さい。
SHO:それからメンバーを見つけながら、曲も書いて行って、4,5曲できたらその時のメンバーでライヴやって・・・という感じだったです。そのころはメンバーもなかなか固定できなかったですね。その後、SATOSHIくんが加入するのですが、最初誘いの連絡をしたんですが、そのときは彼飲み会中で。(笑)
SATOSHI:連絡もらったのですが、そんな状況でした。でもメタルバンドに興味はあったので、ノリもあってOKしました。(笑)
SHO:最初はMASAさん銀髪だったから怖かったんだよね?(笑)
SATOSHI:いやいや(笑)最初は少し・・(笑)
SHO:(笑)で、ERIKAちゃんはネットのメンバー募集の告知で連絡をもらいました。その後、オーディション兼ねてスタジオで音出しましたね。
ERIKA:私は歌うことが好きでバンドをずっとやりたかったんですけど、そのときに練習スタジオに入ったのが、初めてで・・本当に全然歌えなくて焦りました。
SHO:何人かのヴォーカルの人とスタジオに入ったけれど、正直、コレって人はいませんでしたけど、MASAさんがERIKAちゃんを押していたんですよね。
MASA:もちろんその時は凄く上手いという訳ではなかったけど、真剣さが伝わってきて・・あと、バンドに向かう姿勢が本当にピュアだったところで、訴えるものがありました。話ししてバンドに入るのが、夢だったっていうのも。
ERIKA:本当に夢だったんです。本当にバンドやりたくて。
SHO:それで話し合って彼女にもう一度、来てもらってからはもうこの状態になったというか・・(笑)
ERIKA:特に決まったとかの話しがまったく無かったです。(笑)
SHO:ま、知らない間にバンドにいました。
ERIKA:えー、なんですか、ソレ(笑)!

Q4:因みにバンドの由来について教えて頂けますか?
SHO:バンド名は自分が考えたんですけど、北欧メタルに影響を受けてることもあって、北欧をイメージさせる名前を求めていました。澄んだイメージとか、キレイな夜空のイメージとか。そして、SIRIUSという星座を見つけて、それにメタルのイメージである叫びのROARを付けました。メッセージを伝えたいという思いも込めました。

Q5:今回がファースト・アルバムになりますが、このアルバムを制作に至る経緯を知らせて下さい。
SHO:僕らは前のメンバーと2012年の11月にシングルをリリースしたのですが、僕自身、それに納得いってなかったこともあって次はじっくりとアルバムを作らないと!と思っていました。それで、次のシンガーが決まったら、アルバム作ると決めていたので進めたんですけど・・・
ERIKA:私は全然そんなこと聞いてなくて、突然"アルバム作るから"とか言われて、"入ったばっかりでアルバム!?"って焦りました。(笑)
SHO:そのとき曲はまだ、出揃ってなかったんですけど、曲はすぐ作れるので、とにかくアルバムの制作をしていこうという感じでした。
MASA:シングル出した後はアルバムだと思っていましたから、頑張るしかないと思ってました。

VOL.2へ続く

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music
hawaiian wave muzak Nordic Lights Records