Ratspack Recordsでは、取り扱いを希望するインディーズレーベルを大募集しています。 詳しくは「ディストリビューション」ページをご覧ください。

インディーズレーベルを大募集
CD-R音源募集

NEWS
16.03.03

【INTERVIEW】Gilet

Gilet(ジレ)は、「昼ドラ系」や「悪女系」と評される独特な歌詞とジャンルレスな楽曲、ステージ上での豊かな表現力と演奏力で、都内を中心にファンを増やしてきている今注目の4人組バンドだ。

今回、ファンから特に人気の高い楽曲と未公開音源をまとめたミニアルバム『赤い憂鬱』を3/23(水)にリリースするということで、メンバーさん個別に現在の心境などを伺ってみました。

Q1. それでは、自己紹介をお願いします。

石川:Vocalの石川杏です。

田口:田口恵美です。ドラムを担当してます。よろしくお願い致します。

小森谷:ベース担当の小森谷 南です。

キャサリン:キャサリンです。性別は男です。ギターをやっています。

有難うございます!ちなみにキャサリンさんの名前の由来を教えてください。

キャサリン:この芸名は僕の本名が「あだ名が付けづらい」ということから、僕自身が友達に相談したところ、友達から「キャサリンで」と言われたことが始まりです。僕は男です。

Q2. 3/23(水)に「赤い憂鬱」が全国流通されるということで、リリースおめでとうございます!まずは率直な感想をお聞かせください。

石川:ありがとうございます。
かなり、急な展開だったので驚きです。
事務所に「CD作りましょう!」って言われて急ピッチで色んなことが動き始めて。そうか、よく考えたらこれってデビューじゃん、って(笑)
最近になってやっと実感が沸いてきました。

小森谷:全国流通が決まるまでの過程がバタバタとし過ぎていて最初はあまり実感が沸かなかったのですが、応援して下さる皆さんからからおめでとうと言われたり、リリースに向けての話し合いや作業をして行くうちに、だんだんと実感が沸いてきました。
今は凄く嬉しいです。
また、ライブに来る事が出来ないと言う方にもGiletの楽曲が手に取って頂けるようになるのでもっとたくさんの方にGiletの世界を体感し、共感して頂ける事を期待しています。

キャサリン:実はまだリリース前ということもあり、実感がわかないところもあります。
そしてこのミニアルバムから、Giletの音源にギターが入りました。
加入から1年、やっと自分の音が入った‼ということもあり、余計にうれしいです。

田口:正直、驚きしかありません!今でも信じられないほどです。

Q3. 結成からこれまでの経緯を教えてください。また、バンド名の由来も教えてください。

田口:元々ボーカルの石川とバンドを組んでいました。
メンバーの入れ替わりなどいろいろあり、今のメンバーに落ち着きました(笑)
バンド名の由来は、前のバンド名が長かったこともあり、覚えやすく2文字くらいがいいなぁと思ったことや、ジレはフランス語でベストや、チョッキという意味もあったりなど、オシャレな雰囲気でつけた記憶がうっすらとあります(笑)

石川:前身のバンド名が長くて覚えてもらえなくて。
コンセプトもまだ決まってない段階で、
「とにかく短くて覚えやすい名前にしよう!」
と話してGiletになりました。2文字なら覚えてもらえるだろう、と(笑)
Giletはフランス語の男性名詞で「ベスト、チョッキ」と言う意味なんですが、当時は、そんな正装を来てやるような少し洒落た雰囲気の音楽性でやるつもりでした。それが何故か今"昼ドラ系"へ進化してしまったんですが(笑)
コンセプトが定まった段階で、バンド名変更もメンバー内で何度か考えたんですが、字面や呼びやすさが気に入っていて。周囲にも浸透していたので、そのままGiletで活動しております。

小森谷:当時通っていた音楽学校で出会い、ボーカル石川に声をかけられGiletに加入しました。

キャサリン: 実は僕はGiletに入ってからまだ1年でして、新人かつ下っ端というポジションだったりします笑
僕の加入の経緯としては、当時通っていた音楽学校にてたまたまベースの小森谷と遭遇して話をしていたところ、「ギターがほしい」という話になりまして。
その頃僕はバンドに所属していなかったということと、Giletというバンドは学校内で有名なバンドだったので最初はサポートという立ち位置でスタジオに入りました。
かなり練りに練った個人的に最高なフレーズを初回のリハーサルに持っていったのですが、ボーカルの杏ちゃんにバッサリ「違うそういうのじゃない」と言われ、クビを覚悟しました。
その一週間後のリハでは、割と適当に考えたフレーズを披露しました。
「あーもうダメかな。」と 思いながらメンバーと帰路につくと別れ際に杏ちゃんから、「正式にメンバーになっちゃいなよ」と言われ、困惑しながらも即答で承諾し、Giletのギタリストとして加入することになりました。
電撃加入でした笑

Q4. 「昼ドラ系」というバンドコンセプトについてですが、世界観を表現する上で作詞や作曲について拘りはありますか?

田口:作詞、作曲は主に石川が担当しておりますが、
曲によっては各楽器も色気を出したり、フレッシュさを出したりなど試行錯誤しております。

石川:昼ドラとか、愛憎劇を描くってなると、どうしても登場人物が多くなってしまうんです。
主人公と、彼と、浮気相手とか。
そこがリスナーの皆さんに分かりづらくならないように、歌詞を書くときは意識してます。

キャサリン:ギターのアレンジの面でいうと、やはり不気味な曲調が多かったりするので、効果音や空間系を多用しています(透明人間のイントロなど)。
あとはGiletというバンドが、ジャズやブルースの要素を多く取り入れているので、ところどころにそういったフレーズを散りばめています。

小森谷:Giletの楽曲のほとんどが、憎しみや妬み嫉みを歌ったものだ、と思われがちですが
「真っすぐな愛」が根本にあるが故の「悪」である、と思っています。
世の中には色々な悩みを持った人が居ますが、その悩みや苦しみの大小、種類もそれぞれです。
認めたくない自分の汚点、弱さ、認めたくないと思いながら誰かに指摘されたい、分かって欲しいと言う欲求。
こうした感情も人それぞれ違います。
誰もが持っている弱さ、憎しみなどの悪の部分、そして誰かを愛したいと言う気持ち。
こうした重たい感情をあえてストレートに表現する事によって、
一人一人違う心に一人一人違った形で刺さるのではないか、と思います。
曲に対する解釈の正解はありません。
それぞれ違う心のどこかに共感出来る様な、そんな曲になるといいなと思っています。


【MV】透明人間

Q5. ずばり本作の聴きどころを教えてください!

田口:昼ドラ感!ですかね!
ドロドロの中にも切なさだったり、純粋さもあったり...。
この一枚でGiletに興味を持っていただけたらと思います。

キャサリン:まずはGiletというバンドの世界観、ドロドロとした歌詞や曲調を楽しんでほしいです。
それに対して楽器陣がどんなアプローチをしているかを聴いてみてください。
オフボーカルもご用意しておりますので笑

小森谷:今回収録された4曲はそれぞれ全く違う角度から、あらゆる感情を歌っています。
そして、誰もがきっと持っている感情です。
不完全で不安定だからこそ、人は美しい。
皆さんの現実と楽曲の世界がリンクする瞬間があるといいなと思っています。
そんな瞬間をぜひ見つけて下さい。

石川:「赤い憂鬱」の名の通り、
総ての曲に"静と動"、"欲とモラル"といったような相反する感情が描かれてるところでしょうか。
情熱的だけどアンニュイで、恋愛ってそういう正反対の葛藤の元に成り立ってると思います。
過剰演出ながらも、共感できるポイントも実は多くあるんじゃないかなと思います。
小難しくなってしまいましたが、
ドロドロ感を思う存分味わって頂ければ!

Q6. 影響を受けたアーティストや最近気になっているアーティストがいましたら教えてください。

小森谷:オカモトズ、Cocco、SAKEROCK など

田口:東京事変、椎名林檎さん、androp、星野源さん、
ジャンルなどはこだわらず好みに合っていればなんでも聴きます。

キャサリン:僕自身、ブルースやジャズ的なアプローチをしているアーティストが好きで、海外だとジョンメイヤー氏。日本だと浮雲こと長岡亮介氏にとても影響を受けています。
こう、曲間にあるちょっとしたスキマにお洒落なフレーズを入れているとキュンキュンしますね。

石川:最近は、Alice Francisにハマってます。
最高にお洒落です。

Q7. 3/25(金)にタワーレコード池袋店にてインストアイベントを予定されていますが、意気込みをお聞かせください。

キャサリン:タワーレコードさんでインストアイベントをするというのは一つの夢だったので、たくさんの人に観て聴いていただきたいです。
サイン会もありますので、ステージ上のGiletだけではなく、ステージを降りたGiletとのギャップも楽しめると思います。
是非お越しくださいませ。

田口:今回、アコースティック仕様ということなのですが、アコースティックなりのGiletを精一杯見せられたら、と思っております!

石川:初のインストアイベントなので、とても楽しみです。普段と違ってアコースティックなので、新たな一面をお見せできると思います。
シンプルながらも皆さんの心を抉れるようなライブをお届けできるよう頑張ります。

小森谷:Giletを全く知らない方に知ってもらえるチャンスなのでとてもワクワクしています。
購入特典も用意しているので、ぜひ、多くの方に手に取って頂けると嬉しいです。

Gilet「赤い憂鬱」発売記念インストアイベント

開催日時 2016年03月25日(金) 19:00
場所 タワーレコード池袋店 6F
参加方法 観覧フリー。
3/23発売のGilet『赤い憂鬱』(品番:KJPR-0006)、をお買い上げの方に、先着でイベント参加券を差し上げます。イベント参加券をお持ちの方には、ミニライブ終了後に行われますサイン会にご参加頂けます。
※サインはご購入いただきました対象商品のCDに致します。
※サイン会に参加された方には特典(カード)をお渡し致します。

対象店舗:タワーレコード池袋店
対象商品:3/23発売(3/22入荷予定)Gilet『赤い憂鬱』(品番:KJPR-0006)

・対象商品のご予約はお電話とタワーレコードホームページ(http://tower.jp/) の店舗予約サービスでも承っております。
・開場時間(18:30)イベント参加券をお持ちのお客様より優先的にご入場頂きます。
・イベント参加券を紛失/盗難/破損された場合、再発行はいたしませんのでご注意ください。
・商品入荷後のイベント参加券のお取り置きはできません。
・会場内にロッカーやクロークはございません。手荷物の管理は自己責任にてお願いいたします。
・会場周辺での徹夜等の行為は、固くお断りしております。
・店内での飲食は禁止となっております。
・都合によりイベントの内容変更や中止がある場合がございます。あらかじめご了承ください。
・対象商品の不良品以外の返品・返金は出来ませんので予めご了承下さいませ。
・イベント中はスタッフがお客様の肩や腕などに触れて誘導する場合がございます。
・イベント会場内外で発生した事故・盗難等には主催者・会場・出演者は一切責任を負いません。貴重品は各自で管理をお願いいたします。
・安全面・防犯面・警備強化の為、特典会にご参加の際は手荷物置き場を設置させて頂く場合がございます。手荷物は所定の場所に預けて頂きご参加頂 きます様お願いします。
・イベント会場のスペースの関係上、大きいお荷物は事前にコインロッカー等にお預けくださいますようお願いいたします。イベント会場ではお荷物の お預かりはできません。
・当日会場では、スタッフからの指示にご理解とご協力をよろしくお願い致します。当日スタッフの指示に従って頂けない場合は、イベントの中止もしくはご退場を頂く場合がございます。予めご了承の上ご参加下さい。
・脚立や台を使用しての観覧はご遠慮下さい。

お問合せ:タワーレコード池袋店 03-3983-2010

Q8. 最後に、今後の予定を教えてください。

石川:
3/14 大岡山 PEAK-1 入場無料ライブ
3/23 タワーレコード池袋店 インストアライブ
3/26 16:00-17:00
レインボーFM「EMOTIONAL BEAT姫ラジ」でGiletとしてゲスト出演します!

3月は無料イベントがたくさん有るので、
ライブでも、ラジオでも是非チェックして頂ければ嬉しいです。

田口:4月と5月に一本ずつライブが決まっております!

小森谷:8月にはアルバムのリリースが決まっています。
このリリースに向けて、一歩一歩進んで行きたいです。

キャサリン:Giletのツイッター(@xGiletx)やウェブサイトをチェックしていただけると、情報が早いかと思われます。
ぜひお越しくださいませ‼

有難うございました!
ちなみにベースの小森谷さんが担当しているアートワークも必見ですので、是非CDをお手に取ってそちらもチェックして頂ければと思います! ポスター赤い憂鬱mini.jpgのサムネイル画像

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music
hawaiian wave muzak Nordic Lights Records