MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

Shop

New Release

ジャズのクラリネット第一人者後藤雅広がオールドジャズの珠玉の名曲を心を込めて演奏... GOTO BLUES / 後藤雅広

童話作家山崎陽子の絵本「動物たちのおしゃべり」の朗読に、動物をイメージした秋末直... 動物たちのおしゃべり / 佐々木静江

伊是名千絵のファーストCD。沖縄のサウンドとジャズを融合させた懐かしくも新しいサ... THE OKINAWAHOURS / 伊是名千絵

富安秀行ソロ活動20周年を記念して豪華なメンバーでオリジナル曲を演奏! 【参加ミ... YESTERDAYTODAYTOMORROW / 富安秀行

NWOBHMの伝説のバンド”サクソン”が、あのアンディ・... カルぺ・ディエム~鋼鉄の瞬間~ / サクソン

関西テレビ「競馬BEAT」タイアップ曲「Let it beat」リリース決定! ... Let it beat / BIGMAMA

進化したN.B.Projectは次のステージへ!! 吉崎ひろしのバンジョーを中心... NEXT / 吉崎ひろし&N.B.Project

「のぞみ」誕生から30年! 「こだま」「ひかり」に続き東海道新幹線で新たに「のぞ... 新幹線「のぞみ」30年の軌跡 / 新幹線「のぞみ」30年の軌跡

日本で数少ないタンゴピアニスト・松永裕平による、待望のデビューアルバム!! 恩師... 温故知新-Tangos enPiano Solo- / 松永裕平


未知標~Michishirube / 3 Sides Live
title 未知標~Michishirube
artists 3 Sides Live
label ベガ・ミュージックエンタテインメント
url https://vme.co.jp/
price ¥3000+税
release 2021/5/15
format CD
cat.no VGDBRZ-0074

1.What Do You Think of
2.Smooth Out
3.Med’ Eight at Midnight
4.The Giver
5.Reindeer Waffles
6.Nightcrawler
7.Prayer
8.Flower
9.Blue Moon
10.Path in Life

3 Sides Live:
2019年、ドラマー・小森啓資の声掛けで結成。シンプルで気軽に愉しめる大人の
音楽にこだわり、気心知れた仲間で奏でる「City Pop 」なインストゥルメンタ
ル・バンド。
デイヴ・グルーシン、ウィル・リー、リチャード・ボナ、ピーター・アースキン等名だたる海外勢との共演が光る養父貴の歌うギター、和田アキラ率いる「プリズム」他、難解な楽曲から平原綾香とのデュオまで、実に多彩な経歴を持つ岡田治郎、そしてKENSO、TRI-Offensive、野獣王国から薬師丸ひろ子まで幅広いア
プローチで支える小森による、シンプルで琴線に触れるオリジナル曲とあとを引
く音像。
無駄を削ぎ落とした大人の音霊で、3人ならではの至極のアンサンブルをお届け
するライヴ・バンド。

【小森啓資・プロフィール】
19歳の時に「難波弘之& SENSE OF WONDER」のエキストラでプロ・デビュー。
以後、1984年よりスタジオ・セッション・ドラマーとして、嵐、大江千里、松田聖子、広瀬香美、古内東子、薬師丸ひろ子、葉加瀬太郎、熱帯JAZZ楽団等のツアーやレコーディングに参加。スティーヴ・ヴァイやフランク・ギャンバレ等とも共演。バンドでは、Sense Of Wonder、野獣王国、KENSO、TRI-Offensive などで活躍。
最近はテクニカルな方向ではなく、シンプルで無駄を削ぎ落としたグルーヴ・スタイルのドラミングを心掛けている。

【岡田治郎(BASS)】
1994年高橋真梨子のツアーに参加し、ヘンリーバンドのメンバーを15年間勤める。「INFINITE CIRCLE」に参加。2000年、2002年に2枚のアルバムをリリース。1999年「WISIWYG」に参加。1997年と2002年に2枚のアルバムをリリース。2000年洗足学園音楽大学ジャズコースの講師を勤める。「鈴木禎久パンバニーシャ」に参加。2003年と2004年に2枚のアルバムをリリース。2001年「PRISM」に加入。「Junky Funk」「Line Drive」に参加し、「Line Driv」は2005年アルバムを発売。「Junky Funk」も2006と2008年に「変ビート」という新しいリズムを使ってスタンダードジャズアルバムを2枚、プロデュースして発売。2009年「平原綾香」ツアーに参加。「Tri-Offensive」でアルバムリリース。
最近参加したCD:矢堀孝一/ You were ThereLu7 / 3395・北川とわTrussonic/ Mind Universe・上野山英理/ CiconiaDaisukeKunita/ abstract/poptailwind /IN PRAISE OF SHADOWS・季子/cinema等

【養父貴プロフィール】
養父貴(ようふたかし)1988年に渡米しバークリー音楽院に入学、ギターと作・編曲を学ぶ。帰国後は楽器メーカーのデモンストレーターとしてプロ活動をスタート。
その後は主にJazz、Fusion系のバンドに参加しCDをリリース。2009年からは渡辺貞夫グループに参加。同グループ・メンバーとしてラッセル・フェランテ(key)、ピーター・アースキン(Ds)、リチャード・ボナ(B)等とも共演。国内のみならず海外各国のジャズ・フェスティバルでも演奏している。その他、デイブ・グルーシン(P)、ウィル・リー(B)、アダム・ホルツマン(Key)、伊東たけし(Sax)、倖田來未、鈴木雅之、上田正樹、mihimaruGT、SEAMO、相川七瀬、等のアーティストのレコーディングやツアーにも参加。J-PopからJazz、Fusionまで、ジャンルの垣根を越えた幅広い活動を行っている。2005年に1stソロ・アルバム『Feelin' Right』を発売。音楽関係紙への執筆も多く、リットーミュージック社より教則本『ギタリストのための全知識』『ギターで覚える音楽理論』を出版、好評を博す。「養父」という珍しい名前のルーツは福岡県。

この記事をはてなブックマークに追加