ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 個性豊かで良質な音楽を多くの人に聴いてもらいたい。
インディーズの音楽をインディーズらしく世に送り出します。

Shop

New Release

ポップス大国スウェーデンから生まれた注目のオーガニックポップデュオSmith &... Soulprints / Smith & Thell

まるで映画音楽のように普遍的でありながら、独自の世界観と声の魅力が存分 に収めら... TRANSFER / nikiie

サウンドクリエーター松田昌の心にしみわたる名曲の数々 「蜃気楼」「道」「オーロラ... 「神様の住む島」松田昌ベストアルバム / 松田昌

前作から約4年ぶりとなる極上のNEWアルバム! 1. Half of the e... It's Never Goodbye / TWO-nothing

ーそれは、ハワイ島・ボルケーノの森 いつもの1日ー MiM Soundレーベル第... Kilauea Forest 24Hours / ジョー奥田

溢れるパワーと官能に満ちた、ソウルフルでメロウな歌声で、人々を魅了するシンガー古... ARTERIAL / 古長ルイス

幻のシンガー&ピアニスト、ボビィ・ボイルの未発表音源が奇跡の初CD化! 昨年7月... ノー・ラヴ・ソング / ボビィ・ボイル

音に合わせて踊っちゃおう♬女子プロ野球 埼玉アストライア公式チア 【キラリス】ダ... Cheer Music / 池田夢見

岐阜、名古屋を中心に今話題沸騰中のcrickから待望の1stミニアルバムがついに... Life / crick


New York Groove / 中村照夫
RPES-4860
title New York Groove
artists 中村照夫
label Ratspack Records
price ¥2400+税
release 2015/11/19
format CD
cat.no RPES-4860

>>LP盤はこちら

「全米チャートTOP10入り」( 1977年「マンハッタン・スぺシャル」)、1977年日本人ジャズメンとして前代未聞の快挙を果たした、ジャズ野郎、中村照夫。
1942年3月1日東京都神田生まれ、日大芸術学部中退、1964年5月単身渡米。
ロイ・へインズ・バンドでプロデビュー。1979年カーネギー・メインホールでコンサート。
輝かしい功績ばかりが並ぶ。しかし、この何文かだけで彼を理解してほしくはない。
文字の隙間から滲み出る、映写機光が彼の真実だ。

「必要なのは、自己のアイデンティティを絶えず強く示し続けること」(中村照夫)

『正月、雪のニューヨークで小説家、いや小説野郎、小説気違いが、ジャズ野郎と逢った。このジャズ野郎、中村照夫という名前、実にいい顔をしている』中上健次(集英社刊『破壊せよ、とアイラーは言った』より)

収録曲:
1..Midnight Song
2.Certain Doubt
3.Introduction for Bushman Song by Lenny White
4.Bushman Song -short ver.
5.Sequoia Forest
6.Sweet Romance
7.Bushman Song -long ver.


NY在住50年、サムライ・ジャズマン
‐こんな凄い男がいた‐

Teruo Nakamura Project
・Lenny White (Drums) Special Guest
・Mike Flythe (Drums)
・Spaceman Pstterson (Guitar)
・Ron Thompson (Piano)
・Jamelle Bandy (Vocal)
・Joe Berger (Engineer)
・D.J. Fuso (Engineer)

Biography:
1942 年3 月1日東京・神田に生まれる。日本大学芸術学部中退後の64 年5 月に単身ニューヨークへ渡る。レジー・ワークマン(b) に師事し、スティーヴ・グロスマン(ts) やレニー・ホワイト(ds)をはじめ若手ミュージシャン達との交流を経て、69 年ロイ・ヘインズのバンドでプロ・デビュー。その後、スタンレー・タレンタイン(ts) のバンドにレギュラー参加するなどベーシストとして腕を磨き、73 年に初リーダー・アルバム『ユニコーン』をリリース。また、自己のバンド“ザ・ライジング・サン”を結成し、アルバム制作やライヴ活動を精力的に行い、全米チャートでトップ10 入りし、79 年には日本人として初めてカーネギー・ホールへの出演を果たした。その後もベーシストとしてだけでなく、他のアーティストの作品のプロデュース、92年、『10 万人リバティー・ジャズ・フェス』(観[動員数10万人)、94年ユニセフのための『JAL ジャズ・コンサート』(秋吉敏子、菊地雅章、日野皓正などが出演)、2009 年『マウントフジ・ミュージック・フェスティバル』など、大規模なコンサートのプロデューサーとしても活躍。
その他にも写真家やラジオ番組のDJ の顔を持つなど幅広い活動を展開し、2009年12 月には自身の『Cheetah』レーべルをスタートさせた。

Project NY Groove・・・
Album Title “New York Groove”
Produced by TeruoNakamura for Cheetah Company
Engineer and Recorded,Mixedby Joe Berger,FusoMurase&TeruoNakamura
Mastered by Joe Berger
Music program by TeruoNakamura
Album Design by TakatsuguMasuda
Photo by TeruoNakamura “New York Groove”
Photo flame by In Frame Tokyo Producer KazuhoSaito
Recording Date:from2011 to Sep.2015
Recorded at Cheetah Studio,J.J.studioand Studio and East Sound Studio New York City
Ex-producer:MakitoTanahashifor RatspackRecords,Tokyo
This concept of project NY Groove is Produced by Koichi Kaneko
Sound Effect:
・Midnight Song :柴犬
・Bushman Song: (アフリカのピグミー族に捧げる)Dedicate to Pigmy Tribe in Africa 、ヴェルヴェットモンキー(アフリカンモンキー)
アフリカン・コオロギ
・Sequoia forrest:ビンズイ

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music