MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

Shop

New Release

ルー・タバキン他に師事し、アジア中心に海外でも活躍するジャズフルーティストの5t... Human beans / 佐々木優花

あふれる想いをギターにのせて…、  金谷幸三が贈るさまざまな愛の形、... ラブ・ソングス / 金谷幸三

ポストフィッシャー=ディースカウのもっとも優れた後継者による2度目の録音。長年タ... シューベルト:歌曲集 「美しき水車小屋の娘」D 795, Op.25 / ディートリヒ・ヘンシェル、岡原慎也

ローラ・エインズワース。ダラスを拠点に活躍する“レトロ・ジャズ・ヴォ... Top Shelf / ローラ・エインズワース

ローラ・エインズワース。ダラスを拠点に活躍する“レトロ・ジャズ・ヴォ... New Vintage / ローラ・エインズワース

ローラ・エインズワース。ダラスを拠点に活躍する“レトロ・ジャズ・ヴォ... Necessary Evil / ローラ・エインズワース


MIDNIGHT SESSION LIVE AT PAT’S N.Y.C / SHINOBU ITO
title MIDNIGHT SESSION LIVE AT PAT’S N.Y.C
artists SHINOBU ITO
label G-YEAH!
url https://www.gyeah.net/
price ¥2000+税
release 2019/10/21
format CD
cat.no GYRP-9228

収録曲
1.Angela’s Sigh
2.Virgin Flight
3.Yume
4.Melanchology
5.Mr. Blue

1970年代からLA~NYで長年活動してきたギタリスト伊東忍による、1989年NYのクラブ「PATS」での熱狂の一夜をそのままパッケージしたライブアルバム!フュージョンファン必聴の発掘音源!

何処のライブハウスも多くの聴衆で賑わっていたあの80年代。
ニューヨーク在住のギタリスト伊東忍のグループも当時、マンハッタンはミッドタウンにあるPAT'Sを中心に演奏していた。彼の1991年に東京で録音されたCD『ONE LIFE TO LIVE』は六本木ピットインの伝説のライブと評されたが、これはそのさらに二年前、1989年の伊東忍のニューヨークでのライブ録音である。
大きな客のざわめきとともに始まるこの夜の燃えるようなフュージョンライブは、聴いている我々を、まるで当時のニューヨークで音楽を聞いているのかと錯覚させる。そしてこれは当時の日本人ミュージシャンの数少ないニューヨークでのライブ録音としてとても貴重な記録である。

メンバー:
SHINOBU ITO(G)
HARUKO NARA (KEY)
GUIDO GONZALEZ (TP)
TONY VENTURA(EB)
BRIAN DOHERTY(DR)

伊東忍プロフィール:
東海大学ジャズ研究会に所属、ギターの潮先郁夫氏に師事しながら大学在学中からプロの道に入り、ジャズクラブやスタジオなどで活動し始める。1975年初の渡米でロスアンジェルスに到着と同時に永住を決意、半年滞在後一旦帰国し、コンサートやスタジオ等で活動する。1977年スイング・ジャーナル誌ギター部門人気投票に初登場。同年、計画通りニューヨークに移住する。1978年レジー・ワークマンが音楽監督を務めるビッグ・バンドや中村照夫とライジング・サンに参加。1981年山本剛:P.S.I LOVE YOUに参加。1991年CD:SAILING ROLLING/ CROWN RECORDS。1997年ERIC WYATT:GOD SON/ KING RECORDSをプロデュース。JIM SNIDEROのジャズ教則本/ ATNを翻訳。
2002年CD:ONE LIFE TO LIVE/ JAZZBANKカナダのモントリオール・ジャズフェスティバルにRYO KAWASAKIとのDUOで出演。2003年CD:A TRIBUTE TO BARDEN POWELL & ANTONIO LAURO/ JAZZBANK。2005年CD:SERENATA/ JAZZBANK。この年よりニ年間洗足学園音楽大学ジャズ科の講師を務めるために、頻繁に日米を往復。2006年CD:MUSICA PARA ENAMORADOS・邦題「RAMONADA」/ JAZZBANK。2007年1月にニューヨークに戻る。2008年CD:LIVE AT CANDY/G-yeah!

この記事をはてなブックマークに追加