MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

Shop

New Release

大阪発、四季に寄り添うピアノポップバンドの4thミニ! 透明感のあるVo 佐竹惇... WHITE / アイビーカラー

「Helsinki Lambda Clubと行く、マジカル・サウンド・ミステリー... Eleven plus two / Twelve plus one / Helsinki Lambda Club

コロナ禍に制作された楽曲を中心に全8曲収録2020年を象徴するオリジナルミニアル... 2020 / 打首獄門同好会

陸羽東線で愛されその魅力を広めた観光列車 2008年10月1日から運行を開始した... ザ・メモリアル リゾートみのり / ザ・メモリアル リゾートみのり

クラウドファンディング達成率154%!879人のサポーターを集めた期待の作品がつ... 冗談音楽の祭典 【ズーラシアンブラス・ショー】 / ズーラシアンブラス、サキソフォックス

「規格外」 意味:標準から大きく超え出ている様。一般的な基準を外れている様。 名... NETH(CD ONLY ver) / ENTH

「規格外」 意味:標準から大きく超え出ている様。一般的な基準を外れている様。 名... NETH(SPECIAL BOX ver) / ENTH

破竹の勢いにのるGUNIXの1st ALBUM が完成。先行配信されていた楽曲6... WIRED / GUNIX

ジャネットからの最後のお別れ 全てのヴォーカル・ファンから愛されたジャネット・サ... オンリー・イエスタデイ ~ラスト・レコーディングス(仮) / ジャネット・サイデル


ミケランジェリ、1972 年11 月 2 日ベルン・リサイタル / アルトゥーロ・ベネデッ ティ・ミケランジェリ
title ミケランジェリ、1972 年11 月 2 日ベルン・リサイタル
artists アルトゥーロ・ベネデッ ティ・ミケランジェリ
label WEITBLICK
price ¥2200+税
release 2017/8/31
format CD
cat.no SSS-0208
またも大発見!ミケランジェリの完全初出音源!
1972 年11 月2 日ベルン・リサイタル・ステレオ録音!!


「ミケランジェリ、1972 年11 月2 日ベルン・リサイタル」
スカルラッティ:ソナタハ短調K.11、ソナタイ長調K.322
シューマン:「謝肉祭」、「ウィーンの謝肉祭の道化」
グリーグの抒情小曲集作品68より「ゆりかごの歌」

アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ)
録音:1972 年11 月2 日、スイス・ベルン放送スタジオ6(ライヴ・ステレオ録音)


このリサイタルはプライヴェート盤も含めて一切ソフト化されたことがありません。技術優秀なスイス放送による蔵出し音源。1972年というミケランジェリ全盛期。超絶技巧と表現力の多様さ、迫力を堪能できるアルバムの登場です。スカルラッティのソナタハ短調K.11並びにソナタイ長調K.322はミケランジェリお得意のレパートリーです。しかしライヴ録音となるとモノラルや劣悪音質の物が多く、この煌くような艶やかさを誇る名演の登場は歓迎されましょう。特に憂いを含んだイ長調には、心打たれること必至。
ミケランジェリと言えばシューマンに最も適性を示したピアニストですが、「謝肉祭」、「ウィーンの謝肉祭の道化」が見事な録音で聴くことができるのも朗報です。
「謝肉祭」は1973年の東京ライヴが絶美の演奏として広くしられておりますが、その一年前のライヴもかなり印象的。物語性を意識した上で、激情的な心情吐露を見せる独自の表現に感動します。音が消えゆく箇所の美しさはいつもの通り。「ウィーンの謝肉祭の道化」も超絶技巧がこれ見よがしでなく、さりげない程なのがミケランジェリの芸の高貴さの象徴です。
さらにミケランジェリを愛する方に捧げたいのが、アンコールであるグリーグの抒情小曲集より「ゆりかごの歌」。当リサイタルの9 日後に、チェリビダッケ指揮シュトウットガルト放送響とグリーグの協奏曲を共演した際にもアンコールとして演奏。演奏の見事さは伝説ですが、如何にせんARLECCHINOレーベルはモノラルな上に音が悪すぎました。他2種のスタジオ録音も1940 年代の古い演奏ばかりなので、当盤の名演は涙物です。素朴な田舎の情緒よりも官能的ともいえる色気が妖しく光る危険な演奏です。
ジャケット写真は初来日時に辻修氏が撮影した貴重な物です。

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music