MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 流通会社として長年の実績と、
自社プロディース作品で数々の受賞歴。
個性豊かで良質な音楽を一人でも多くの方に。

Shop

New Release

2016年より新しいメンバーと共に再スタートをきったザ・サイレンズが、結成15... STORY / ザ・サイレンズ

恋のうた、愛のうた、情熱のうた、人生のうた8曲を8つの花びらにたとえて̷... 8 Petals / 秋山明美

東京、大阪のワンマンライブも成功させた SNSで話題の天使の歌声のシンガー"ke... キミとウタウ / kee

『風』という自然現象。その容姿を捉えることは出来ない。サックスプレイヤー徳田雄一... WIND / 徳田雄一郎RALYZZDIG

グラミー賞およびナ・ホク・ハノハノ・アワード(ハワイ最大の音楽賞)の受賞で脚光を... エヴァレア~ピースフル / カラニ・ペア

グラミー賞およびナ・ホク・ハノハノ・アワード(ハワイ最大の音楽賞)の受賞で脚光を... ケアウホウ~ニュー・ジェネレーション / ケアウホウ

グラミー賞およびナ・ホク・ハノハノ・アワード(ハワイ最大の音楽賞)の受賞で脚光を... プア・キエレ~キエレの花 / ジョシュ・タトフィ

どこまでもアグレッシブに攻めていくロックバイオリン、きらめきのポップバイオリン、... 閃光 / 高嶋英輔

tryphonic「Fiction」 北欧からブラジルまで、あらゆる音楽を飲み込... Fiction / tryphonic(トライフォニック)


ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ集(全3曲) / ジェラール・プーレ
title ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ集(全3曲)
artists ジェラール・プーレ
label タカギクラヴィア
url http://takagiklavier.com/
price ¥2778+税
release 2017/10/1
format CD
cat.no NYS-17101

ジェラール・プーレが導くロマン派としてのブラームス。ドビュッシーと共にヴァイオリン・ソナタの作曲に携わり、初演も務めたヴァイオリニスト、ガストン・プーレから教えを受け継ぎ、幼少より天才ヴァイオリニストとして活躍してきた《フランスの至宝》ジェラール・プーレ。他の追随を許さない圧倒的な完成度を誇る「フランス三大ヴァイオリン・ソナタ集」、ラフマニノフ・チャイコフスキーを取り上げた「ロシア・ロマン派をうたう」、どこか懐かしさを感じる暖かいメロディをまとい詩情あふれる「グリーグ・スーク・スメタナをうたう」に続いて取り組んだのは、念願のブラームス。重厚なドイツ楽派代表のブラームスではあるが、プーレの手に掛かると、その厳格な骨格はありながらブラームスもまたロマン派の作曲家であったと再認識させられ、彼の類まれなる音楽性に深く感銘する。


曲目リスト
ディスク:1
1. ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調作品78 ≪雨の歌≫ 第1楽章:Vivacema non troppo
2. ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調作品78 ≪雨の歌≫ 第2楽章:Adagio
3. ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調作品78 ≪雨の歌≫ 第3楽章:Allegro molto moderato

4. ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調作品100 第1楽章:Allegro amabile
5. ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調作品100 第2楽章:Andante tranquillo
6. ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調作品100 第3楽章:Allegretto grazioso (quasi Andante)

7. ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調作品108 第1楽章:Allegro
8. ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調作品108 第2楽章:Adagio
9. ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調作品108 第3楽章:Un pocopresto e con sentimento
10. ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調作品108 第4楽章:Presto agitato


アーティストについて
ジェラール・プーレの父、ガストン・プーレは、指揮者とヴァイオリニストであり、ドビュッシーのヴァイオリン・ソナタを作曲家自身のピアノで1917年に初演した事で知られている。ジェラール・プーレは、天才少年期を経て11才でパリ国立音楽院に入学し、2年後には審査員全員一致の首席で卒業。18才の時には、イタリアのジェノーヴァでのパガニーニ・コンクールで最優秀賞を受賞。ジーノ・フランチェスカッティ、ユーディ・メニューイン、ナタン・ミルシュテイン、とりわけ彼の精神の父となったヘンリック・シェリング等の巨匠達の教育を受けながら、数々のコンサートをし、キャリアを世界中に広めた。パリ管弦楽団、フランス国立管弦楽団、ストラスブール国立管弦楽団、リール、ボルドー、RAI・トリノのオーケストラ、プラハラジオ交響楽団、リェージュのフィルハーモニックオーケストラ、北京交響楽団、シュツットガルトオーケストラ等のオーケストラと共演し、毎年行われるラジオフランス、オルセー美術館、シャンゼリゼ劇場、プラド、ディヴォンヌ、ソー、ブザンソン、モンテ・カルロ、モントルー等の名高い音楽フェスティバルや定期公演に出演している。ドイツ、オーストリア、イタリア、スイス、日本、アメリカ、カナダ、チェコ、スロヴァキア、中国、韓国、ブラジル、アルゼンチン、チュニジア等で国際的なキャリアを築き、数多くの国際コンクールの審査員にも招聘されている。また偉大な教育者でもあり、長年教授を務めたパリ国立高等音楽院を2003年に退官後、パリCNR市立音楽院のソリストコースとエコール・ノルマル音楽院で教鞭を執り、2005年4月から2009年3月までは東京芸術大学の客員・招聘教授を務める。2010年4月からは昭和音楽大学で客員教授となる。日本のヴァイオリン界のレヴェルアップに貢献しており、複数の弟子が国内外のコンクールで優勝、上位入賞を果たす。世界中でマスタークラスを行っている。日本では、京都フランス音楽アカデミー、いしかわミュージック・アカデミー、軽井沢国際音楽祭、北海道アップビート国際音楽セミナー中札内他、多数の音楽大学(桐朋、国立、沖縄県芸、愛知県芸、フェリス、作陽、洗足、昭和など) に招かれている。1995年フランス芸術文化勲章及び1999年文化功労賞を受賞。2009年12月、音楽の友社よりドビュッシーのヴァイオリン・ソナタ=ジェラールプーレ校訂を出版。

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music