MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

Shop

New Release

みんなに届け、ぼく(RoRo)のメロディー!湧きあがれ、言葉力(パワーエナジー)... RoRo Melodies / ロロメロ / RoRo

今、最も注目されているジャズボーカリスト、そしてシンガーソングライターの滝沢望の... B/ENJOY / 滝沢望

ピアニスト和泉宏隆(ex.THESQUARE、T-SQUARE)の代表曲の全てを... コンプリート・ソロ・ピアノ・ワークスII / 和泉宏隆

名古屋発!Jazz Sax奏者中川聡子(なかがわさとこ)、待望の1stアルバム!... Wait For Rain / 中川聡子

笑いと涙と感動のオンパレード抱腹絶倒七十四分 日々かりめろ、結成4年目をスタート... バラエティ大作戦 / 日々かりめろ

ayukoの2ndはクルトワイル歌曲集!前作同様ピアノとアレンジに浅川太平を迎え... Naked Circus ayukosings Kurt Weill / ayuko

ライトランゲージに興味を持つミュージシャンでヒーラーのcueと、ライトランゲージ... 宇宙の光と音の癒し / 光の地球国プロジェクト

60代でデビューするジャズシンガー下總佐代子のファーストアルバム。山本剛トリオと... Keep Steppin' / 下總佐代子

作曲家そして自ら歌うシンガーソングライターとして活躍中の三原一乃(カズノリ)が... 関西流れ者 / 三原一乃


伊福部昭、池野成、黛敏郎 打楽器作品集 / 菅原淳 / 岩見玲奈 / 大嶋浩美
title 伊福部昭、池野成、黛敏郎 打楽器作品集
artists 菅原淳 / 岩見玲奈 / 大嶋浩美
label スリーシェルズ
url https://www.3s-cd.net/
price ¥2778+税
release 2017/11/3
format CD
cat.no 3SCD-0035
爆裂系ド迫力打楽器音楽の決定版CD 伊福部昭、池野成、黛敏郎打楽器作品集!


「伊福部昭、池野成、黛敏郎打楽器作品集」
①池野成:ティンパナータ(1977) (14’12)
②池野成:エヴォケイション(1974) (19’22)
③黛敏郎:シロフォンコンチェルティーノ(1965) (約12分)
④伊福部昭:ラウダ・コンチェルタータ(1979) (27’25)

①菅原淳(ティンパニ)
大場章裕、村居勲、岩崎愛子、岩下美香、柴原誠(以上、打楽器)
向井理絵(フルート)
加藤Billy真弘、増圭介、古川諭(以上テナートロンボーン)
本田史由記、杉崎瞳、小口遥(ホルン) 伊関愛里(チューバ)

②岩見玲奈(マリンバ)
村居勲、岩崎愛子、岩下美香、野本洋介、大場章裕、柴原誠(以上、打楽器)
加藤Billy真弘、増圭介、古川諭、品川隆(以上、テナートロンボーン)
小林千暁、小泉邦男(以上、バストロンボーン)

③④岩見玲奈(シロフォン、マリンバ)、大嶋浩美(ピアノ)

録音:2017年
③④5月16日豊洲シビックホール
①②5月29日、30日練馬文化センター小ホール

打楽器音楽の傑作を書いた伊福部昭、池野成、黛敏郎
このCDは、日本音楽界を作曲と教育の両面で支えた作曲家の伊福部昭を中心に、その弟子である池野成と黛敏郎の作品を収録したものである。伊福部昭のマリンバ協奏曲「ラウダ・コンチェルタータ」と、黛敏郎の「シロフォンコンチェルティーノ」は、打楽器奏者ならば誰もが知る傑作である。また、池野成のマリンバ協奏曲である「エヴォケイション」、ティンパニ協奏曲である「ティンパナータ」は、膨大な数の打楽器を使うためなかなか上演機会がないが、知る人ぞ知る傑作として根強い人気を持った作品であり、今回のような形でセッション録音が発売されるのは非常に喜ばしいことである。とにかく爆音でド迫力の池野成の真価がこのCDで味わえるだろう。

現在の打楽器界で最高のメンバー!
今年で70歳(古稀)を迎えた巨匠・菅原淳によるティンパニソロでコンチェルト「ティンパナータ」(池野成作曲)。
ザルツブルク国際マリンバコンクール第1位の岩見玲奈がソロを担当する「黛敏郎作曲のシロフォンコンチェルティーノ」、「池野成作曲のエヴォケイション」「伊福部昭作曲のラウダ・コンチェルタータ」。
池野作品では、管打楽器アンサンブルによる池野成記念アンサンブルが演奏。
管楽器はオーケストラ、スタジオなどで活躍する優秀なメンバー。打楽器は、菅原淳の教えを受けたパーカッション・ギャラリーが結集。メンバーはいずれも国内外の打楽器コンクールなどで上位入賞を果たした実力者であり、今後の音楽界を担う優秀な音楽家である。黛、伊福部作品は、国内外で活躍する気鋭のピアニスト大嶋浩美が担当した。
「伊福部昭とその弟子たち、宿命とも形容できる音の邂逅」(小林淳)
師弟関係の契りを結んだ作曲家たちの魂の雄叫びともいえる声が耳にこだましてくる。それらの要素が演奏者各人のパッション、エネルギーをも取り込む形で爆発的なほとばしりと化して迫ってくる。伊福部の響きを根源としたスリリングかつスペクタキュラーな音の饗宴に心ゆくまで身を任せよう。

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music