Ratspack Recordsでは、取り扱いを希望するインディーズレーベルを大募集しています。 詳しくは「ディストリビューション」ページをご覧ください。

インディーズレーベルを大募集
CD-R音源募集

NEWS
20.02.27

当社企画制作の「PORTRAIT to Sincerely yours」が2/27(木)読売新聞夕刊でレコメンドされました。

当社企画制作のラッツパックレコード・アイ・シリーズ「PORTRAIT to Sincerely yours」が2/27(木)読売新聞夕刊の「音古知新」で取り上げられ掲載されました。
※下記より記事全文読めます。

「音古知新」

 2018年に世を去った前田憲男は、テレビ番組のテーマなどの作編曲で多忙を極め、「めったに歌手の伴奏はしてくれない」と言われていたそうだ。マーサ三宅は本紙の取材に対して、そう振り返る。彼のアレンジ譜を持っていることは、ジャズ歌手としての自慢の種だったとか。
 ゆえに本作(ラッツパック)は、彼女にとって宝物で、名ピアニストでもあった故人への敬意を込め、復刻された。1977年、共に40歳代前半で脂が乗り切っていたころ。「簡単な譜合わせの上」、録音は一気に、スムーズに行われたという。言葉を崩さず、一語一語明瞭に歌い上げるマーサだが、一筆書きのような潔さも感じられるのは、そのためだろう。前田の伴奏もピタリと寄り添いつつ、自由闊達に波打つ。ビリー・ホリデイの愛唱歌を中心に、ミシェル・ルグランが手がけた曲も収めた。(仁)

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music
hawaiian wave muzak Nordic Lights Records