MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 流通会社として長年の実績と、
自社プロディース作品で数々の受賞歴。
個性豊かで良質な音楽を一人でも多くの方に。

Shop

New Release

ハーブ・オータJr. & ブライアン・トレンティーノ 『Ukulele Frie... ウクレレ・フレンズ / ハーブ・オータJr. & ブライアン・トレンティーノ

フィンランドから現れた若き才能、Jaakko Aukusti(ヤーコ・アウクステ... Mountain / Jaakko Aukusti

私たちの中の野山や夜空や太陽の唄から生まれたJazz Album メンバー  中... Let Them Talk / Ladyやまねこ

「月の端に指先を引っ掛けたら君のところまではひとっ飛びさ」 「星にぶつかるのは隕... 球状するダンス / 青木拓人

応答セヨ、我ラ闇ノ途中 SSW、重田拓成4年ぶりの新音源。 2016年の始まりと... シネマ / 重田拓成

佐野優子待望の1stアルバムがついにリリース! 日本初演を果たしたスティーブン・... こと葉 / 佐野優子

新宿・ゴールデン街に駆け抜ける二つの闘魂 ■監督は、内村光良・水野美紀出演映画「... シャドーキッズ / シャドーキッズ

PRIVATE SIGN がお届けするDUB PLATE MIX シリーズ『SI... SIGN OF THE TIME Vol.3 -SOUND CLASH 激闘編- / PRIVATE SIGN

3枚目のCDはマキシシングルで大人のポップソングをリリース! 1.君をむかえに行... 君をむかえに行くよ / 飯原けいせい


MY FAVORITE THINGS / ウクレレ・スイング・トリオ
title MY FAVORITE THINGS
artists ウクレレ・スイング・トリオ
label ステップスアールイー
price ¥2000+税
release 2016/4/13
format CD
cat.no USTC-2016

1.The Days of Wine and Roses 6’51” 酒とバラの日々(1962年「酒とバラの日々」)
2.One Note Samba 3’35” ワン・ノート・サンバ(1998年「 ワンダーランド駅で」)
3.My Favorite Things 3’14” マイ・フェイバリット・シングス(1965年「 サウンド・オブ・ミュージック)
4.Hush a Bye 4’30” ハッシャ・バイ(1952年「ジャズ・シンガー」)
5.I will Wait for You 4’51” シェルブールの雨傘(1964年「シェルブールの雨傘」)
6.Watch What Happens 4’50” ウォッチ・ホワット・ハプンズ(1964年「シェルブールの雨傘」)
7.The Way We Were 5’11” 追憶(1973年「追憶」)
8.Take Five 3’44” テイク・ファイブ
9.Close to You 3’21” クロース・トゥ・ユー
10.Green Sleeves 4’30” グリーン・スリーブス(1962年「西部開拓史」)
11.Mysterious Night 3’28” ミステリアス・ナイト

【第40回ナ・ホク・ハノハノ・アワード 2017】★インターナショナル・アルバム審査員特別賞 受賞!★

ウクレレによるジャズ・ボサノバの曲を中心に演奏する
ウクレレ スイング トリオの第2弾アルバム

「ジ・ウクレレコンテスト」のファイナリストであるスインギー坂野が2012年に結成。Jazz,Bossa Novaを中心に演奏しており、各地のジャズストリートに出演。超絶技巧ウクレレとスイング感溢れるリズムは聴く者を魅了する。

ジャズ、ボサノバの曲を中心に演奏しているウクレレスイングトリオのセカンドアルバムは、より親しみのある映画音楽を中心の選曲。ウクレレの温かな音色とアコースティック サウンドは聞き慣れたメロディを、軽快に、ゆったりとした雰囲気でナチュラルな気持ちにさせてくれる。
映画音楽としての曲は、#1(1962年「酒とバラの日々」)、#2(1998年「 ワンダーランド駅で」)、#3(1965年「 サウンド・オブ・ミュージック)、#4(1952年「ジャズ・シンガー」)、#5#6(1964年「シェルブールの雨傘」)、#7(1973年「追憶」)、#10(1962年「西部開拓史」)。
#11にはスインギー坂野が作曲のスパニッシュ風のオリジナル曲を収録している。


ウクレレ スイング トリオ
ウクレレ:スインギー 坂野
ウッドベース:高畠 博文
パーカッション:西浦 慎吾


この記事をはてなブックマークに追加