MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

Shop

New Release

ロング・セラーを記録した「アイ・ビリーヴ・イン・リトル・シングス」の続編となる、... チアフル・リトル・イアフル(仮) / ダイアナ・パントン

新感覚和楽器グループ、etc.えとせとら流音楽 和楽器ならではのグルーヴと新鮮な... 序曲 / 和楽創作トリオ えとせとら

オンラインゲームのメンバーからの呼び掛けに好奇心から出向くと、 そこにはちょっぴ... オジサマ専科Vol.18 Let's play the game~オジサマ遊戯倶楽部~ / ドラマCD

全編ダミーヘッドマイクを使用した シチュエーションCD 第2弾! 私と彼の距離は... その距離、10歳 綾瀬 直 / 湯町駆 (ドラマCD)

全編ダミーヘッドマイクを使用した シチュエーションCD 第1弾! 私と彼の距離は... その距離、10歳 保科 恭一 / 茶介(ドラマCD)

歌手デビュー30周年記念 6月発売シングル『Runners High』に続く、1... We Only Live Once / 吉田栄作

第38回(2018)浅草ジャズコンテスト・グランプリ受賞(応募数102組中1位)... The Cotton Sisters / The Cotton Sisters

奇才タカノシンゴが愛してやまない街、西荻窪。 タカノシンゴが、ノスタルジックに染... 西荻ホームラン / タカシンunitB

田村 Sho-ta 直美、野村義男、土橋安騎夫(レベッカ)、 石川俊介(元聖飢魔... Tenpack riverside rock’n roll band 4 / Tenpack riverside rock’n roll band


NEXT PAGE / Jr.BONG
title NEXT PAGE
artists Jr.BONG
label AK-Movement
price ¥2500+税
release 2017/10/18
format CD
cat.no AKMCD-02
「渋谷レゲエ祭 THE SURVIVOR 平成29 年 DEEJAY ULTIMATE BATTLE」優勝!!
賞金と『渋谷レゲエ祭』出場権を獲得し、今もっとも勢いに乗っているJr.BONG が満を持して2nd ALBUM『NEXT PAGE』を完成させた!!


表現者としての決意を歌った「L.I.J」から、このアルバムを通してのテーマでもある”アーティストとしての成長”を歌った「Next Page」、自身が所属するクルー”AK-Movement”のテーマを同クルーの注目若手SHUNをフィーチャーした「AK-Movement」、クラブで出会う全てのギャルへの賛歌「朝まで」、大阪の人気DeeJay SHADY(シェイディー)を迎えたしっとりしたラブソング「Roll On Mi」、MICKY RICHを迎えた弾けるパーティーチューン「Party Time」、「Victory」では戦争のない世界を願い、「N.W.O」で未来への明るい希望を歌う。ラストの「夢の中」にはReggae ~昭和歌謡まで、彼のバックボーンを落とし込んだ。
全14曲を通してバラエティ豊かなJr.BONGのスタイルを完全収録!!
Jr.BONGという男の底知れなさを見せる渾身の2ndアルバム!!!!
必聴です!!!


01. Intro
02. L.I.J.
03. Next Page
04. AK-Movement feat. SHUN
05. 朝まで
06. WAXXX
07. Roll On Mi feat. SHADY
08. めっちゃベロベロ
09. Party Time feat. MICKY RICH
10. ib3
11. 断ち切れない
12. Victory
13. N.W.O.
14. 夢の中


香川県出身、1986年1月1日AM1:00生まれ、AB型の奇跡の男。18歳で上京後、バンド活動を経てReggae Deejayとしてのキャリアを下北沢にてスタート。活動拠点を神奈川県相模原に移すとともに、AK-Studioにて毎週1曲以上のペースで楽曲を制作。そこで生まれた楽曲を集めた「Chain Smoker Mix」シリーズは現在までに3作品を発表。デジタル配信された代表曲「Idiot Boy」では専門配信サイトのチャート1位を獲得、その後もコンスタントに楽曲を配信し続けている。その活動を経て2014年に発売された1st.アルバム「Jr.BONG」は各方面から高評価を得るとともに、ホームタウン相模原で行われたワンマンライブは会場に入りきれないほどの集客となった。以後勢いそのままに、ジャンルを問わない客演やコンピレーションへの参加を続けている。
何よりも自身の評価の源であるライブでは、喜怒哀楽の全てを全身で表現し、見たものに確実なインパクトを残す。
そして2017年秋、待望の2nd.アルバムを発売!!

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music