MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 流通会社として長年の実績と、
自社プロディース作品で数々の受賞歴。
個性豊かで良質な音楽を一人でも多くの方に。

Shop

New Release

天才パーカッショニスト富樫雅彦没後10年世界の優れたミュージシャン達が共演を熱... マイ・ワンダフル・ライフEX富樫雅彦バラードコレクション / V.A.

TVアニメ作品で出会った声優「樹元オリエ」「榎本温子」と、歌手「うちやえゆか」「... 10+α / 樹元オリエ・榎本温子・五條真由美・うちやえゆか

日本が誇る名門レーベル『ヴィーナス・レコード』25周年記念 限定生産BOX SE... 【ご予約受付中】ヴィーナス・プレミアム25 / V.A.

ジョン・ディ・マルティーノと好評のデュオ第2弾! オリジナル曲Northern ... Birds of a Feather / Kazumi Kurokawa(黒川和美)

関西を中心に活躍する歌手陣と詩人たちによる歌曲・厳選された珠玉の24曲 50年余... 鈴木英明 歌曲の世界Ⅱ / 鈴木英明

ジャズサキソフォーンの巨匠『竹内直』渾身のジャズバラードアルバム! ピアニスト「... バラード / 竹内直

昨年末にリリースし、大ヒット中の"HOWEVER RIDDIM" !! 今年新た... HOWEVER RIDDIM / V.A.

ロン・マイルス + ビル・フリゼール + ブライアン・ブレイド + ジェイソン・... アイ・アム・ア・マン / ロン・マイルス

静岡県富士市出身のシンガーソングライター如月愛里の代表曲、変わっていく景色の中に... 回想列車 / 如月愛里


ROMANCE DAWN / SHUN
title ROMANCE DAWN
artists SHUN
label AK-Movement
price ¥2500+税
release 2017/9/20
format CD
cat.no AKMCD-01
レペゼンNEW ERA 日本語ダンスホール


次世代”日本語ダンスホールシーン”を担う若手筆頭”SHUN”(シュン)の1st.アルバム『ROMANCE DAWN』。平成5 年生まれの23 歳、埼玉出身で主に関東中心に活動。天性のメロディセンスと、平成生まれならではのリリック使いで人気急上昇中の注目BAD レゲエDeeJay!女子をアツくさせるギャルチューンから火が付き、2016 年夏にフリーダウンロードした『Good Condition』は無名の新人DeeJay としては異例の1ヶ月3万超えのダウンロードとなった。
プロデュースはAK-MOVEMENT、SHUN の世界観が詰まった全18 曲のフルボリューム1st. アルバム『ROMANCE DAWN』、コンシャスチューンもギャルチューンも、ハードなスタイルも難なくこなすSHUN にご期待ください!


01. Intro
02. Head The List
03. AK League feat. Jr.BONG
04. It's Not Funny feat.ADACHI MAN
05. Nuh Linga
06. Jewelry Box
07. Girls Up
08. Good Condition -Caribbean Remix-
09. Honey Pot
10. Two Highgrade
11. Starlight Baby
12. ふたり feat. NIKAIDOH
13. Jam Rock Dream
14. 180
15. Real Love
16. Big Mouth
17. Bad Day
18. Clutch Time


SHUN
from.埼玉 AK-STUDIO所属 、平成5年11月生まれ。
18歳の頃より関東を中心に活動開始。
天性のメロディーセンスにキャッチーなフレーズ、抜群のスキルで遊び心のあるリリックを駆使した楽曲のテーマはギャルチューンからコンシャスチューンまで幅広く、歳上関係者から若いリスナーまで全国的に高い評価を得る。その中で参加したOne Way『Perfect Lady Riddim』『Oshanty Riddim』では個人シングルとしてもiTunesレゲエチャートなどで上位に食い込む好セールスを記録。2016年夏にフリーダウンロードされたギャルチューン『Good Condition』は若手レゲエDeejayとしては異例となる、一ヶ月で30,000dl超えのヒットチューン。現在も毎晩のように全国各地のダンスでプレイされている。また現場パフォーマンスの評価も高く、コンペティション等での優勝経験もあり。全国各地のPartyに出演し、独特のクイックなLIVEのスタイルで確実にフロアをRockしている。
次世代日本語ダンスホールシーンを担う若手筆頭格『SHUN』から今後も目が離せない。

この記事をはてなブックマークに追加