MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 流通会社として長年の実績と、
自社プロディース作品で数々の受賞歴。
個性豊かで良質な音楽を一人でも多くの方に。

Shop

New Release

フルートを奏でるシンガーソングライター松岡里果。自主レーベルより待望の第3弾リリ... Way to Go / 松岡里果

ニューウェーヴやロック、ストレートなアイドル曲等、多種多様なジャンルを歌いこなす... きまぐれだっていいじゃない / かぷりす

世界中で600万枚以上のセールスを記録した オータサンの名曲「Song for ... スポットライト / オータ・サン

一流のスタジオミュージシャン(主にベーシスト)として、ビーチ・ボーイズの「ペット... ウクレレ・ジャズ / ライル・リッツ

名古屋の激音イベント"GRIND BASTARDS"出演バンドによるオムニバス第... GRIND BASTARDS #12 / V.A.

2017年に結成10周年を迎えたDear Bluesのアニバーサリーアルバム「W... Walking Cats / Dear Blues

井筒香奈江が参加する、結成16年目のボーカルユニット『Laidback』の10年... レイドバック2018 / 井筒香奈江

雅音人のシリーズ化される「雅音人ACOUSTIC」の第一弾。 やさしさと温もりを... 雅音人ACOUSTIC道~愛と命の彩り~ / 雅音人

竹原ピストルと共に弾き語りユニット「野狐禅」で一世を風靡したハマノヒロチカ、愛の... Wonderful World / ハマノヒロチカ


シーサイド・ハイウェイ / ウクレレ・スイング・トリオ
title シーサイド・ハイウェイ
artists ウクレレ・スイング・トリオ
label ステップアールイー
url http://jbsb2008.wixsite.com/ukuleleswing
price ¥2000+税
release 2018.4.11
format CD
cat.no USTC-2018

01.When You're Smiling ラリー・シェイ6’29”
02.The Gift(Recado bossa nova) ルイス・アントニオ/ジャルマ・フェレイラ4’33”
03.Alice in Wonderland サミー・フェイン4’11”
04.イオラニ宮殿の思い出( Memories of Iolani Palace ) スインギー・坂野5’01”
05.Feel Like Makin’ Love ユージン・マクダニエルズ5’58”
06.What are You Doing The Rest of Your Life ? ミッシェル・ルグラン5’05”
07.Don’t Get Around Much Anymore デューク・エリントン6’50”
08.Watermelon man ハービー・ハンコック4’55”
09.Seaside Highway スインギー・坂野4’50”
10.見上げてごらん夜の星をいずみたく4’13

ウクレレスイングトリオの4枚目アルバム。ハワイアンの名曲を中心とした3枚目Sunset Breeze から1作目、2作目の主旨に戻り、ジャズのスタンダード曲、スインギー坂野のオリジナル曲という構成になっている。曲は、ルイ・アームストロングで有名な「君微笑めば」#1、CMでおなじみの「リカルド・ボサノバ」#2、「Feel Like Makin’ Love」#5、坂本九の「見上げてごらん夜の星を」をはじめとして4ビートからボサノバ、ジャズワルツ、R&B、ファンキー8ビートなど親しみやすく幅広い選曲。またオリジナル曲はハワイのイオラニ宮殿を訪れた時のイメージで作曲した#4、明るい陽光を感じさせCDタイトルでもある#9を収録。ウクレレ、ベース、カホンというメンバーのシンプルなウクレレトリオが心地よく、軽快にアットホームなサウンドで楽しませてくれる。

【ウクレレスイングトリオプロフィール】

「ジ・ウクレレコンテスト」のファイナリストであるスインギー坂野が2012年に結成。Jazz,Bossa Novaを中心に演奏しており、関西を拠点に各地でライブ活動を行っている。超絶技巧ウクレレとスイング感溢れるリズムは聴く者を魅了する。2017年5月ハワイのグラミー賞「第40回ナ・ホク・ハノハノ・アワード」で、Ukulele Swing Trioの2ndアルバム『My Favorite Things』が「ベスト・インターナショナル・アルバム賞」を受賞!

ウクレレスイングトリオ:
ウクレレ:スインギー坂野
ウッドベース: 高畠博文
パーカッション、カホン:西浦慎吾

この記事をはてなブックマークに追加