ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 個性豊かで良質な音楽を多くの人に聴いてもらいたい。
インディーズの音楽をインディーズらしく世に送り出します。

Shop

New Release

天才パーカッショニスト富樫雅彦没後10年世界の優れたミュージシャン達が共演を熱... マイ・ワンダフル・ライフEX富樫雅彦バラードコレクション / V.A.

チェンバースレコーズ15th Anniversaryシリーズ第1弾として片霧烈火... FLOWER PAINTER / 片霧烈火

日本のジャズシーンを支えるベーシスト,細谷紀彰/森田悠介の二名によるNew Ex... Wurstkäse / Wurstkäse

世界を股にかけ活躍するコンテンポラリー・ジャズ・ベーシスト,細谷紀彰。バークリ... Eye Of The Day / Noriaki Hosoya European Trio

多国籍のスーパープレイヤーたちが、色彩感溢れるブラジル音楽をオリジナルアレンジで... Um Pouquinhode Carinho〜A Little Bit of Love / Banda Mandacarinho

130歳のスタインウェイで描くドビュッシーの「音の絵」 大人のドビュッシー 広い... Tableaux de Debussy / 江口玲

『六本木のジャズの粋な店』All Of Me Club 46名のレギュラーミュー... All Of Me Club 20th Anniversary / V.A.

~音楽で健康・笑い・活力を~コンセプトにした笑える「ジョークミュージック」の第ニ... 夜遊び婦人/サラリーマンをやめて / マツボンズ

【津村友華の第二章】 『シンガーソングライターとして活動してきた津村友華がシンガ... cross the crossroad / 津村友華


マイ・ワンダフル・ライフEX富樫雅彦バラードコレクション / V.A.
title マイ・ワンダフル・ライフEX富樫雅彦バラードコレクション
artists V.A.
label RatspackRecords EYES
price ¥2800+税
release 2017/7/20
format CD
cat.no RPES-4862

1. 5‘08(富樫雅彦パーカッション・ソロ)
2. My Wonderful Life
3. Reminisce ‘63
4. Memories
5. Waltz Step
6. Everlasting Friendship
7. Where Am I Going?
8. Dancing In The Dream
9. Sorrowful Days
10. Today’s Feeling
11. I’ll sing For My Friends
12. Till We Meet Again
13. Good Night My Friends
14. The Past Is Beautiful After All
15. My Wonderful Life(山下洋輔ver.)
16. 3’07(富樫雅彦パーカッション・ソロ)



天才パーカッショニスト富樫雅彦没後10年世界の優れたミュージシャン達が共演を熱望した希代の日本人ジャズメン!


オリジナル『マイ・ワンダフル・ライフ』(2009年スィング・ジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞/日本ジャズ賞受賞)に、富樫のパーカッション・ソロ2曲を加えて「完全オリジナルマスターからの96kHz/24Bitハイレゾマスタリング」UHQCDで再リリース!

「かつて日本人ジャズメンによるこんな音楽があっただろうか。」

佐藤允彦(piano&electricpiano)
渡辺貞夫(alto sax)
日野皓正(trumpet)
峰厚介(tenor sax & soprano sax)
山下洋輔(piano)※Track.15
富樫雅彦(percussion)※Track.1&16
ライナーノーツ:大塚広子

深く、美しく、そして豊か。魂の日本ジャズ。
─スィング・ジャーナル2009年11月号より抜粋
このメンバーがすごい!文字どおり、日本最高の面子が揃っている。
優雅にして哀愁にみちた旋律が聴く者の心に沁みいり、ノスタルジックな夢想へと誘ってくれる。どのトラックからも真摯な祈りのようなエモーションが伝わってくる。[中条省平]

─スィング・ジャーナル2009年11月号より抜粋
日本のレコード会社のなかにいまなおこのアルバムのように純粋で心温まる作品を発表する会社が存在するのは干天の慈雨だ。
正真正銘日本が世界に誇るジャズの天才、富樫雅彦とゆかりの深いミュージシャンたちが一堂に会して、富樫が作曲したバラード曲をソロやデュオで演奏したのが本作である。
日本のジャズ史に残る名盤が誕生した。[児山紀芳]

この記事をはてなブックマークに追加