MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 流通会社として長年の実績と、
自社プロディース作品で数々の受賞歴。
個性豊かで良質な音楽を一人でも多くの方に。

Shop

New Release

笑って泣かせる冒険活劇、完成 日々かりめろ、結成2年目にして3枚目のフルアルバム... 三枚目の3枚目 / 日々かりめろ

名古屋拠点、多くのセッション参加のジャズサックス奏者1st、着実に巨匠に近づくは... Walking Bird / 早川ふみ

名古屋市中心に活動 SOUL/R&B仕込みのJAZZヴォーカリスト、ファン待望の... Radiant / 宮本京子

聖夜を彩る天使の歌声 都会的で洗練されたピアノ・タッチでスムース・ジャズ・ファン... ホーム・フォー・ザ・ホリデイズ / グレッグ・カルーキス+シェルビー・フリント

シンガーソングライター 津村友華の3rdアルバム「crossover」。 ミック... crossover / 津村友華

『あの日、ドームが揺れた。最新・最強バージョンのYAZAWAを目撃しろ!』  【... STAY ROCK EIKICHI YAZAWA 69TH ANNIVERSARY TOUR 2018(DVD) / 矢沢永吉

『あの日、ドームが揺れた。最新・最強バージョンのYAZAWAを目撃しろ!』  【... STAY ROCK EIKICHI YAZAWA 69TH ANNIVERSARY TOUR 2018(BD) / 矢沢永吉

ナー・パラパライオリジナル・メンバーの 感動のライブと美しいフラダンスを映像で!... トゥゲザー・アゲイン / ナー・パラパライ

サムルノリをはじめ、韓国の伝統演劇の歴史を一瞬一瞬を新たに書き変えてきた枝鼓の名... 枝鼓散調(チャングサンジョー) / 金徳洙(キム・ドクス)


Walking Bird / 早川ふみ
title Walking Bird
artists 早川ふみ
label NEW VINTAGE RECORDS
url https://fumihayakawa.jimdo.com/
price ¥2000+税
release 2018/11/21
format CD
cat.no NVRC-2935

1.Market-Frankford Line (Fumi Hayakawa)
2.Willow Weep For Me(Ann Ronell)
3.Straight Street(John Coltrane)
4.Kary’s Trance(Lee Konitz)
5.My Foolish Heart(Victor Young)
6.Walking Bird (Fumi Hayakawa)
7.Norwegian Wood(J. Lennon / P. McCartney)
8.Turtle Walk (Lou Donaldson)

早川ふみ:Alto Saxophone & Soprano Saxophone
砂掛康浩:Guitar(except Tr3)
平光広太郎:Hammond Organ
浅井翔太:Drums & Cymbals
長瀬良司:Trumpet(Tr3&8)

名古屋拠点、多くのセッション参加のジャズサックス奏者1st、着実に巨匠に近づくはじめの一歩

名古屋を拠点にコンボやビッグバンドなど、幅広く活動するジャズサクソフォン奏者 早川ふみのファーストリーダーアルバム。”早川ふみカルテット”のメンバーによるセッションレコーディングである。
アルバムタイトル"Walking Bird"は、「一歩づつ着実にジャズサックスの巨匠達に近づいて行く」という気持ちを込め名付けられた。
オルガントリオの王道であるハモンドオルガン・ギター・ドラムをベーシックサウンドとし、それら舞台の上で、オリジナリティー溢れる早川ふみのアルトサックス、ソプラノサックスがWalking Birdストーリーを語り上げてる。
 
 この作品には、オリジナル楽曲とビートルズナンバー、ジャズスタンダードなど全8曲を収録。スタンダードナンバーは、ジャズサクソフォンの先達の名曲名演から厳選し、独自の解釈によりクールでファンキーなサウンドにアレンジされている。
 ルー・ドナルドソンのオルガンジャズの名曲 ”Turtle Walk” 、ジョン・コルトレーンのハードバップナンバー ”Staright Street” の2曲にはトランペットが加わり2管のクインテット編成とギターレスのカルテット編成をそれぞれ愉しむ事ができる。その他の収録曲に、”Willow Weep For Me”  ”My Foolish Heart” 等の直球のスタンダードナンバーやアルトサックスの巨匠リー・コニッツの ”Kary’s Trance” 、ライブで演奏し続けているオリジナル曲2曲(アルバムタイトル曲とフィラデルフィアの地下鉄をヒントにしたモーダルな4ビートナンバー)、そしてビートルズの名曲 “ノルウェーの森” 。
 ジャズピアニスト平光広太郎をオルガン奏者に、確かな実力と不動の人気を兼ね備えたジャズギタリスト砂掛康浩、実力派若手ドラマー浅井翔太、そして長年、早川とアンサンブルを共にするトランペッター長瀬良司ら選りすぐりのハイ・パフォーマンス集団を迎え早川ふみをジャズの世界にイントロデュースする素晴らしいアルバムが完成。

早川ふみ / Alto Saxophone & Soprano Saxophone
6歳で鍵盤楽器、9歳の時にサックスに出会う。中学、高校の部活動でジャズオーケストラに所属、高校生のビッグバンドコンテストでソリスト賞を受賞するなど学生時代より頭角を現す。多田誠司氏に師事。
ジャズギタリスト砂掛康浩率いる、ジャズファンクバンド砂掛ブラザーズ with the BAND「S.B.B.」で2枚のアルバムレコーディングに参加。
2008年から2014年の6年間を、アメリカ合衆国ペンシルバニア州フィラデルフィアで暮らす。現地では数多くのジャムセッションなどに参加し、フィラデルフィア クレフクラブジャズパフォーミングアーツにてジャズを学ぶ。又、ニューヨークにてウィルビンソン氏に個人レッスンを受ける。
 
帰国後、名古屋を拠点に活動を再開。自身がリーダーとして、アルトサックス&オルガントリオ「早川ふみカルテット」を結成。好評を得ている。
2018年11月、ファーストアルバム「Walking Bird」をリリース。

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music