MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

Shop

New Release

吉田美奈子と双璧をなす70年代を代表する稀代の女性シンガー桑名晴子のデビュー・ア... ミリオン・スターズ(UHQ-CDEdition) / 桑名晴子

大人気!DVDボックス。 名作DVD豪華ボックスが驚異のスーパープライス!! 観... 一度は観たい!名作映画コレクション[皇帝円舞曲] / 一度は観たい!名作映画コレクション[皇帝円舞曲]

大人気!DVDボックス。 名作DVD豪華ボックスが驚異のスーパープライス!! い... [ファミリー名作映画コレクション]若草物語 / [ファミリー名作映画コレクション]若草物語

偉大な伝統、極上のメタル・ミュージックは永遠なり! いくらスタイルやジャンルが細... BLOODLUST AWAKEN / DRAGON SWAY

エネルギッシュ・スピード&ヴァイオレンス! セルビア出身の暴走スピード&スラッシ... TECHNOFASCISM / KOBOLD

オーストラリア、スコットランド、ポーランド出身で日本在住のアーティスト3名による... Transfer / Trivergents

80年代ポスト・パンク四天王オート・モッドのLive Album『セレモニー』が... セレモニー / オート・モッド

80年代ポスト・パンク四天王オート・モッドの3rdアルバム『イースタニア』がW紙... イースタニア / オート・モッド


ジャズ・グラッペリ ~ボストン・スウィング / ステファン・グラッペリ
title ジャズ・グラッペリ ~ボストン・スウィング
artists ステファン・グラッペリ
label MUZAK
price ¥2400+税
release 2018/12/22
format UHQCD
cat.no MZCS-1380

1.恋のため息
2.煙が目にしみる
3.イージー・トゥ・リメンバー
4.イン・ア・センチメンタル・ムード
5.ラヴ・フォー・セール
6.パリが恋するとき
7.フォー・オール・ウィー・ノウ
8.ナイト・アンド・デイ
9.アイム・コンフェッシン
10.ハウ・ハイ・ザ・ムーン
11.ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド
12.アイム・コンフェッシン(スロー・テイク)※
13.エンド・オブ・ラヴ・アフェア※
※未発表テイク(bonus track)

伝説のセッションが
高音質UHQCDで奇跡の復刻

ステファン・グラッペリ
withケニー・バレル、バッキー・ピザレリ、
ロン・カーター&グラディ・テイト

歴史と文化の街、ボストンに85歳を迎えた
ステファン・グラッペリのために4人のジャズ・ジャイアンツが集い行われた
伝説のセッションが甦る!!!

■オリジナル・マスターテープよりニュー・リマスタリング
■ボーナス・トラック収録
■紙ジャケット仕様
■男性誌LEONでお馴染みの桑原節の描き下ろしによるニュー・パッケージ

ヨーロッパ・ジャズの神格と、アメリカン・ジャズの腕利きがここに出会った。選曲は定評のあるスタンダード・ナンバーばかり。時にロマンティックに、時にホット&スウィンギーに巧者たちが歌心を競い合う。ステファン・グラッペリのアルバムは数あれど、アフリカ系アメリカ人中心のメンバーと、ここまで濃厚に音で語らった作品は類を見ないのではないかと思う。
なかでもケニー・バレルの参加は大きな焦点であり特別なサプライズだ。
ふたりの共演盤は、これ以前にも“あるにはあった”。1959年にレナード・フェザーがプロデュースしたColumbia盤『ワン・ワールド・ジャズ』がその一枚で、まずバレルを含むメンバーがベーシック・トラックをニューヨークで録音、そのマスター・テープを持ってフェザーがロンドン、ストックホルム、パリに順に赴き、同地屈指のジャズマンにオーヴァー・ダビング(多重録音)させてアルバムを仕上げた。グラッペリはマーシャル・ソラールやロジェ・ゲランらと共に“フランス代表”として選ばれ、バレルをはじめとするアメリカン・ジャズメンとヴァーチャル共演を行なったのである。それから30数年を経て、ついにグラッペリとバレルは、面と向かって録音マイクの前に立つ。それを捉えたのが当アルバムというわけだ。他のメンバーはバッキー・ピザレリ、ロン・カーター、グラディ・テイト。一点の曇りもないオールスターズというしかない。
今回リリースでは、この“幻の逸品”を、収録された音楽の優雅さに見合った形で現代に知らしめるべくジャケットやアルバム・タイトルを改訂し、さらに驚くほど良好な状態で保管されていたオリジナル・セッション・テープを見つけ出し、そこから細心のリマスタリングを払い、UHQCD(アルティメット・ハイ・クオリティCD)による“究極の復刻”に踏み切った。5人のスターたちが残した一期一会の記録に、今度こそ大きな注目が集まることを願ってやまない。・・・・2018年11月 原田和典

■メンバー:
ステファン・グラッペリ (vln)
ケニー・バレル (g)
バッキー・ピザレリ (g)
ロン・カーター (b)
グラディ・テイト (ds)
録音:1992年/ボストン

■解説:原田和典

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music