MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

Shop

New Release

大阪発、四季に寄り添うピアノポップバンドの4thミニ! 透明感のあるVo 佐竹惇... WHITE / アイビーカラー

「Helsinki Lambda Clubと行く、マジカル・サウンド・ミステリー... Eleven plus two / Twelve plus one / Helsinki Lambda Club

コロナ禍に制作された楽曲を中心に全8曲収録2020年を象徴するオリジナルミニアル... 2020 / 打首獄門同好会

陸羽東線で愛されその魅力を広めた観光列車 2008年10月1日から運行を開始した... ザ・メモリアル リゾートみのり / ザ・メモリアル リゾートみのり

クラウドファンディング達成率154%!879人のサポーターを集めた期待の作品がつ... 冗談音楽の祭典 【ズーラシアンブラス・ショー】 / ズーラシアンブラス、サキソフォックス

「規格外」 意味:標準から大きく超え出ている様。一般的な基準を外れている様。 名... NETH(CD ONLY ver) / ENTH

「規格外」 意味:標準から大きく超え出ている様。一般的な基準を外れている様。 名... NETH(SPECIAL BOX ver) / ENTH

破竹の勢いにのるGUNIXの1st ALBUM が完成。先行配信されていた楽曲6... WIRED / GUNIX

ジャネットからの最後のお別れ 全てのヴォーカル・ファンから愛されたジャネット・サ... オンリー・イエスタデイ ~ラスト・レコーディングス(仮) / ジャネット・サイデル


ふたりのボサノヴァ 2 ~想いあふれて / グラジーナ・アウグスチク &ポリーニョ・ガルシア
title ふたりのボサノヴァ 2 ~想いあふれて
artists グラジーナ・アウグスチク &ポリーニョ・ガルシア
label MUZAK/fab.
price ¥2400+税
release 2019/5/24
format CD
cat.no MZCF-1387

1.フェリシダージ - A Felicidade - A.C.Jobim/Vinicius De Moraes
2.アルアンダ - Aruanda - Geraldo Vandré/Carlos Lyra
3.バラに降る雨 - Chovendo Na Roseira - A.C.Jobim
4.コレンテーザ - Correnteza - A.C.Jobim/Luiz Bonfá
5.イパネマの娘 - Garota De ipanema - A.C. Jobim/Norman Gimbel/Vinicius De Moraes
6.想いあふれて - Chega De Saudade - A.C. Jobim/Vinicius De Moraes
7.あひるのサンバ - O Pato - Jayme Silva & Neusa Teixeira
8.夢でなく - Sem Fantasia - Chico Buarque De Holanda
9.ワン・ノート・サンバ - One Note Samba - Samba De Uma Nota Só - A.C. Jobim/Herbie Mann/Newton Mendonça
10.テレフォン - Telefone - Roberto Menescal/Roberto Bôscoli

東欧の淡い木漏れ日と爽やかな南米の風

ポーランドを代表する女性シンガー、グラジーナ・アウグスチクとブラジリアン・シンガー&ギタリスト、
ポリーニョ・ガルシア。
ロング・セラーとなった前作『ふたりのボサノヴァ~ビートルズ・ノヴァ』に続くデュオによるクラシカルでありながら進化したボサノヴァ・アルバム。

アルバムのコンセプトは、「ボサノヴァの古典的名曲」と「ブラジルに生まれた魅惑の楽曲」をヴォーカル・デュオで表現する…。本作には、ボサノヴァの最初のレコーディングである、ジョアン・ジルベルトが歌った「想いあふれて」、ボサノヴァの代名詞ともいえる「イパネマの娘」、さらには「ワン・ノート・サンバ」「フェリシダージ」「バラに降る雨」等の名曲が収められている。そして、ボサノヴァとは異なる「ブラジルの魅惑の楽曲」としてシコ・ブアルキ作の「幻想なしに Sem Fantasia」が収録されたことは特筆に値するかもしれない。この曲は、シコ・ブアルキが若い時分に、異妹であるクリスチーナとデュエットして歌った、隠れた名曲である。味わい深い旋律をもつ、この楽曲で、グラジーナ・アウグスチクとポリーニョ・ガルシアは見事なヴォーカル・デュオを披露する。凛とした歌の佇まいとクールなトーンが魅力のグラジーナの歌声。そして、ヒューマンで柔らかなトーンが魅力のポリーニョの歌声。二人の異なる個性の歌声は絶妙に重なり合い、響き合い、そこには、しみじみとした情感と共に、独創的なヴォーカル・デュオの音楽が表現されている。そして、彼らは同時にシコ・ブアルキが曲に込めた物語をも見事に表現しているのだ。~本作は、グラジーナ・アウグスチクとポリーニョ・ガルシアによる、「豊饒の音楽風土・ブラジル」へのオマージュである。・・・上村敏晃(ライナーより)

この記事をはてなブックマークに追加