MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

貴方の「想い」をカタチに
レコーディング、プレス、デザインから流通、配信、プロモーションまで
数多くの受賞歴を誇るラッツパック・レコードがトータル・サポート!

Shop

New Release

別名「うにピアニスト」として関連動画が200万回以上再生! 鈴木孝彦ピアノソロア... イヌとひまわり / 鈴木孝彦

井上昌己 デビュー30周年! ミニアルバム第一弾発売!  「愛の歌」・・・どうだ... After stories / 井上昌己

NO hakusai No LIFE 白菜とヤンキーの町から出荷される最狂のロッ... HARITE / 力士団

Don't STOP hakusai&DANCE 止まらない衝動と鳴り続ける... JONOKUCHI / 力士団

弦楽四重奏「弦うさぎ」は、2019年7月31日、結成20周年を記念しニューアニバ... 弦うさぎのティーパーティー / 弦うさぎ

驚異のダイナミクスと圧倒的な存在感 《CD75》でしか再現できない 真のラフマニ... ラフマニノフ / 江口玲

幅広い音楽シーンで活躍するアコーディオン奏者が、吟遊詩人の如く奏で上げた全11曲... Island Tour / 田ノ岡三郎

走り続けるStill Rock Singer 矢沢永吉がオリジナルNEW ALB... いつか、その日が来る日まで...【初回限定盤B DVD】 / 矢沢永吉

走り続けるStill Rock Singer 矢沢永吉がオリジナルNEW ALB... いつか、その日が来る日まで...【初回限定盤A DVD】 / 矢沢永吉


ホーム・フォー・ザ・ホリデイズ / グレッグ・カルーキス+シェルビー・フリント
title ホーム・フォー・ザ・ホリデイズ
artists グレッグ・カルーキス+シェルビー・フリント
label MUZAK
price ¥2400+税
release 2018/11/21
format CD
cat.no MZCF-1379

1.リトル・ドラマー・ボーイ
2.きよしこの夜 / もみの木
3.ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス
4.ウインター・ワンダーランド
5.スター・オン・ザ・ホライズン
6.我らはきたりぬ
7.クリスマス・ソング
8.グリーティングス・オブ・ザ・シーズン
9.ホーム・フォー・ザ・ホリデイズ
10.ジングル・ベルズ
11.スティル
12.ホワイト・クリスマス

聖夜を彩る天使の歌声
都会的で洗練されたピアノ・タッチでスムース・ジャズ・ファンに人気のピアニスト、グレッグ・カルーキスが、ジョ二・ミッチェルも憧れたその春風のような清楚な歌声で心あるヴォーカル・ファンから密かに愛されてきた女性シンガー、シェルビー・フリントをフィーチャーした隠れクリスマス名盤が遂に復刻!
細野晴臣がアルバム『Vu Jà Dé』で1961年のヒット曲「Angel on MY Shoulder(私のエンジェル)」をカバーしたり、山下達郎やフォーク・シンガー、小室等がお気に入りのシンガーに挙げるなどプロのミュージシャンからもリスペクトされてきたシェルビー・フリント。
彼女の手による「スター・オン・ホライズン」や「グリーティングス・オブ・ザ・シーズン」、グレッグとの共作「スティル」など心に沁みるクワイエットな名曲はじめ、お馴染みのクリスマス・ソングで綴られた今年のホリデイ・シーズンには欠かせないとっておきの一枚!


「シェルビーのキャラクターを含めたその創作性はクリスマス・アルバムという性質を乱すことなくオリジナリティを発揮していると言えるし、それを支えているグレッグもまた絶妙なセンスの持ち主であることがわかる。ピアニストとシンガーという立ち位置だが、男性と女性の共作であることがより幸福感を高めているのも事実。ジャズのクリスマス・アルバムかくあるべき。これが結論だ。」・・・寺田俊彦(雨と休日)/ライナーより

シェルビー・フリント:
1939年9月17日、米カルフォルニア州ノース・ハリウッド出身の女性シンガー。ワーナー傘下のValiant Recordsから1961年「Angel on My Shoulder」、そして1966年「Cast Your Fate to the Wind」という、2曲のヒット・シングルを放つ。1970年代以降はスタジオ・ミュージシャンとして数多くのアルバムに参加してきた。映画音楽の仕事や女優としてTV映画出演などの経歴もある。1972年米国公開アニメ「Snoopy, Come Home/スヌーピーの大冒険」、1973年米国公開映画「Breezy」、1977年米国公開「The Rescuers/ビアンカの大冒険」、などの映画で主題歌を担当。クリント・イーストウッドが監督した「Breezy」の主題歌Breezy’s Songは、Michel Legrand 作曲、Alan and Marilyn Bergman 夫妻の作詞。シェルビー・フリントの透明な歌声は、主人公の揺れる心をうまく表した佳曲。当時アメリカではシングル・カットもされた。 1978年にはヴォーカル・グループ「Disco J.J.S.」に加わり、サントリー社のCMソング2曲がオリコンでチャートイン。80年代には自己のジャズ・グループでの活動やチック・コリアをはじめとするジャズ・ミュージシャンの作品にも参加。
デビュー前のジョ二・ミッチェルが、ラジオから流れてきた彼女の歌を聴いて感銘を受け自分も歌手を目指すことを決めたというエピソードも残っている。


グレッグ・カルーキス:
1956年メリーランド州のワシントンDCに程近い町に生まれる。父親の音楽好きから6歳よりピアノを始める。10歳代になると、ビートルズなどのロック系アーティストやモータウン系アーティストをよく聴いていた。その後仲間とバンドを組みオルガンを担当。16歳頃にマイルス・デイヴィスのBitches Brewを聴きエレクトリック・ジャズの影響も受け、幅広い音楽性を持つようになる。17歳の頃にはスムース・ジャズを演奏し始め、DCの人気バンドとなっていく。バークリー音楽院で音楽を学ぶが、素養以外での音楽性を求めストリートに留まり、DCでスタジオ・ミュージシャンをしていた。 1983年にロサンゼルスに移り、イエロージャケッツのラッセル・フェランテの紹介でLAで音楽活動をしていく。リチャード・エリオット、デイヴィッド・ベノワ、デイヴ・コーズ等と共演。メリッサ・マンチェスターのグループに1年半在籍した。1986年にはザ・リッピントンズのオリジナル・メンバーとして処女作“Moonlighting”に参加。 1987年にデビューアルバムThe Night Owlを発表。彼のアルバムにはよくボニー・ジェイムスやエリック・マリエンサル等サックス奏者がゲスト出演している。1998年にリー・リトナーのレーベルi.e.Musicに移籍、“Blue Touch”を発表。しかし、同年にi.e.の親会社ポリグラムがシーグラムに買収され、レーベルの方針が変わった為、GRPレコードの設立者でもあるデイヴ・グルーシンとラリー・ローゼンのレーベルN2K Encorded Musicに移籍、2000年にNightshiftを発表。2002年にはHeatwaveをN-Coded Music(N2Kから名称を変更)より発表。

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music