MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

貴方の「想い」をカタチに
レコーディング、プレス、デザインから流通、配信、プロモーションまで
数多くの受賞歴を誇るラッツパック・レコードがトータル・サポート!

Shop

New Release

別名「うにピアニスト」として関連動画が200万回以上再生! 鈴木孝彦ピアノソロア... イヌとひまわり / 鈴木孝彦

井上昌己 デビュー30周年! ミニアルバム第一弾発売!  「愛の歌」・・・どうだ... After stories / 井上昌己

NO hakusai No LIFE 白菜とヤンキーの町から出荷される最狂のロッ... HARITE / 力士団

Don't STOP hakusai&DANCE 止まらない衝動と鳴り続ける... JONOKUCHI / 力士団

弦楽四重奏「弦うさぎ」は、2019年7月31日、結成20周年を記念しニューアニバ... 弦うさぎのティーパーティー / 弦うさぎ

驚異のダイナミクスと圧倒的な存在感 《CD75》でしか再現できない 真のラフマニ... ラフマニノフ / 江口玲

幅広い音楽シーンで活躍するアコーディオン奏者が、吟遊詩人の如く奏で上げた全11曲... Island Tour / 田ノ岡三郎

走り続けるStill Rock Singer 矢沢永吉がオリジナルNEW ALB... いつか、その日が来る日まで...【初回限定盤B DVD】 / 矢沢永吉

走り続けるStill Rock Singer 矢沢永吉がオリジナルNEW ALB... いつか、その日が来る日まで...【初回限定盤A DVD】 / 矢沢永吉


トゥード・ジョイア / Som Brasil
title トゥード・ジョイア
artists Som Brasil
label MUZAK/fab.
price ¥2300+税
release 2018/6/22
format CD
cat.no MZCF-1375


爽やかな初夏の風に溶け込む
極上のメロウ・ブラジリアン・フュージョン幻の1枚
■紙ジャケット仕様 ■ボーナス・トラック2曲収録


ソロ・アルバム「ひとり」「君に捧げるメロディ」で注目を浴びたシンガー&ギタリスト、ポリーニョ・ガルシアが在籍した幻のグループSOM BRAZIL (旧グループ名:MADE IN BRAZIL)唯一のアルバムがボーナス・トラック(ブレーノ・サウエル最後の演奏)を追加して待望の復刻!
ブリザ・ブラジレイラにも掲載された超カルト盤。エリス・レジーナを彷彿とさせるネウシャ・サウエルの伸びやかな歌声、MPBとジャズを融合させたグルーヴィーなサウンドがブラジル・ファン、ジャズ・ファンの心を掴むこの夏必携の一枚。


トラック・リスト:
1.ベベッチ
2.ジェット機のサンバ
3.サイ・デッサ
4.名もなき道化役者
5.悲しみのモロ
6.そよ風のサンバ
7.ピエロ (ボーナス・トラック)
8.ヴェルデ (ボーナス・トラック)


1 - 6
ブレーノ・サウエール (p)
ポリーニョ・ガルシア (b, vo)
ネウサ・サウエール (vo)
アキオ・ササジマ (g)
ロン・デワー (ts)
ロベルト・サンチェス (perc)
フィル・グラット (ds)
録音:1984年 / シカゴ


7 - 8
ブレーノ・サウエール (p)
ネウサ・サウエール (vo)
ルチアーノ・アントニオ (g)
ジェフリー・ロウ (b)
ルイス・エヴェリング (ds)
録音:2017年 /シカゴ


「シカゴで結成されたまさにジャズとMPBを融合させたバンド。7人編成で、何より、ブラジル出身の女性ヴォーカリスト、ネウサ・サウエールが魅力的。タニア・マリアを想わせる艶と迫力を兼ね備えた歌声を持つシンガーだ。リズム的にはブラジル色は 薄いが、メロディーや歌心はしっかりブラジル。極上のMPBジャズだ。」ー『ブリザ・ブラジレイラ』より抜粋


「こよなく愛していたジャズとブラジル音楽を融合し、自身の音楽スタイルを模索、発展させていったブレーノ・サウエル。その新しいかたちがシカゴで結成したグループ、ソン・ブラジルだ。エリス・レジーナにも通じる歌声の味わいを持つネウサ・サウエルをボーカルに据えて、ブレーノ自身のピアノの他に、テナーサックス、ギター、ベース、ドラム、パーカッションを配した編成。アルバム収録曲には、ジョビンが生んだボサノヴァの名曲もあるが、ポスト・ボサノヴァ~MPBの名曲が多い。たとえば、イヴァン・リンス、ジャヴァン、ジョルジ・ベン、エリス・レジーナが歌った名曲たち。それらの楽曲が、ブラジル、アメリカ、キューバなど、多国籍メンバーのグループだからこその、多様性が織り込まれたサウンドで演奏される。そして、曲によっては、ブラジル音楽、ジャズの要素を土台に、ファンクやアフロ・キューバンのリズムも取り入れながらの演奏…。そこに生まれる独自のグルーヴ、躍動感はこのグループならではのものだ。」上村敏晃・・ライナーより抜粋

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music