MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 流通会社として長年の実績と、
自社プロディース作品で数々の受賞歴。
個性豊かで良質な音楽を一人でも多くの方に。

Shop

New Release

ハーブ・オータJr. & ブライアン・トレンティーノ 『Ukulele Frie... ウクレレ・フレンズ / ハーブ・オータJr. & ブライアン・トレンティーノ

フィンランドから現れた若き才能、Jaakko Aukusti(ヤーコ・アウクステ... Mountain / Jaakko Aukusti

私たちの中の野山や夜空や太陽の唄から生まれたJazz Album メンバー  中... Let Them Talk / Ladyやまねこ

「月の端に指先を引っ掛けたら君のところまではひとっ飛びさ」 「星にぶつかるのは隕... 球状するダンス / 青木拓人

応答セヨ、我ラ闇ノ途中 SSW、重田拓成4年ぶりの新音源。 2016年の始まりと... シネマ / 重田拓成

佐野優子待望の1stアルバムがついにリリース! 日本初演を果たしたスティーブン・... こと葉 / 佐野優子

新宿・ゴールデン街に駆け抜ける二つの闘魂 ■監督は、内村光良・水野美紀出演映画「... シャドーキッズ / シャドーキッズ

PRIVATE SIGN がお届けするDUB PLATE MIX シリーズ『SI... SIGN OF THE TIME Vol.3 -SOUND CLASH 激闘編- / PRIVATE SIGN

3枚目のCDはマキシシングルで大人のポップソングをリリース! 1.君をむかえに行... 君をむかえに行くよ / 飯原けいせい


君に捧げるメロディ / ポリーニョ・ガルシア
title 君に捧げるメロディ
artists ポリーニョ・ガルシア
label MUZAK/fab.
url http://www.muzak.co.jp
price ¥2400+税
release 2017/5/24
format CD
cat.no MZCF-1348

1.君に捧げるメロディ
2.沈黙のバラ
3.キントゥーラ・フィナ
4.コーリング・フォー・マリア
5.さようなら私の夢
6.悪魔のボレロ
7.パウピーチ・インフェリース(残念な発言)
8.ヴィラの魅惑
9.オサーニャの歌
10.恋の執念
11.トリステーザ
12.エンブレイサブル・ユー
13.テイク・ファイヴ
14.あなただけを
15.私の友達

ブラジリアン・ギタリスト&シンガー、
ポリーニョ・ガルシアのクワイエットなソロ・プロジェクト第2弾。
そのジェントルなギーター・プレイとメロウな歌声でリスナーを魅了するポリーニョ・ガルシアの静かなるマスターピース。ルグラン作のアルバム・タイトル曲をはじめブラジルが生んだ名コンポーザー、ノエル・ホーザやカルトーラ、バーデン・パウエルなどのボサノヴァ、そしてデイヴ・ブルーベック、ガーシュウィンのジャズ・スタンダードまで多彩なカヴァー・センスも嬉しいクールでまろやかな初夏の宵に相応しい一枚。


その声とギターはまろやかな余韻をたたえ、静かに波の音と潮の香りを運んでくる。
目を閉じて耳をすませば、沈みゆく夕陽の光景が浮かんでくるようにどこか懐かしさが寄り添い、やさしいサウダージにそっと包まれる。これはブラジルのギタリスト、パウリーニョ・ガルシアがひとりで紡いだおだやかな小品集。まさに夕闇が迫る時間にふさわしい作品である。例えばカエターノ・ヴェローゾが1986年にノンサッチに弾き語りで吹き込んだ『Caetano Veloso』を思い起こすように、パウリーニョが奏でるサンバとボサノヴァからは、ジェントルな佇まいと、優美な振る舞いが伝わってくる。
・・・山本勇樹『ひとり』ライナーより


ポリーニョ・ガルシア:
1948年8月16日、ブラジル・べロ・ホリゾンテ生まれ。9歳の頃から地元のラジオで歌う。10代の頃は、ドラムを叩き、後にベースに転向、ベース奏者、アレンジャー、TVコマーシャルの作曲家としてブラジルのTVで活躍。アメリカのシカゴで活躍していたブラジル出身のドラマーのDede Sampiaoの招きで1979年に渡米、彼のバンド「Made In Brazil」でベース奏者として1991年までプレイする。1991年からギターを主楽器として自己のバンド「Jazzmineiro」を結成、1996年に発表したCDは、アメリカの新聞や音楽誌で高い評価を得る。2008年7月にシカゴ・ミレニアム・パークで行われた彼とジョアン・ドナートのボサ・ノヴァ50周年記念のコンサートには、12,000人もの聴衆が押し寄せた。近年はポーランドのシンガー、グラジーナ・アウグスチクと世界中をツアーしている。日本へもスリー・フォー・ブラジルとして2002年の富士通コンコード・ジャズ・フェステイバル、2004年の富士通ジャズ・エリート・コンサートで来日している。2014年にはグラジーナと共に丸の内コットンクラブに出演し好評を博した。グラジーナとの共演アルバム「ふたりのボサノヴァ~ビートルズ・ノヴァ」、ソロアルバム「ひとり~プレイズ・スタンダード」(共にMUZAK)がある。今年2月に丸の内コットンクラブで行われた単独公演では彼の声とギターのみで聴衆を魅了した。

この記事をはてなブックマークに追加