アール・オキンの眠れぬ夜のボサノバ / アール・オキン
MZCF-1247
amazon HMV
title アール・オキンの眠れぬ夜のボサノバ
artists アール・オキン
label MUZAK/fab.
url http://www.muzak.co.jp/
price ¥2300+税
release 2012/5/23
format CD
cat.no MZCF-1247

1 マドルガダ (okin)
2 ラヴ・ミー・オア・リーヴ・ミー (kahn/donaldson))
3 バイーア (okin)
4 サム・アザー・ドリーム (okin)
5 オ・グランデ・アモール (jobim/de moraes)
6 ギター・サンバ (okin)
7 ピター・パンサー・パター (ellington)
8 ケ・リンダ! (okin)
9 サムシング・イン・ジ・エアー (okin)
10.ラヴ・アンド・ローゼズ (okin)
11.ヒアズ・トゥモロー (okin)
12.エヴリ・タイム・ウィ・セイ・グッドバイ (porter)
13.コルコヴァード (jobim)
14.ホエン・ザ・ミュージック・フェイド・アウェイ (okin)
15.ハウ・インセンシティヴ (jobim/de moraes)
16.イエスタデイズ・ワイン (okin) ---BONUS TRACK

ロンドンのジョアン・ジルベルトことイギリスが誇る謎のシンガー・ソングライター&コメディアン、アール・オキンのデビュー・アルバムは、ちょい悪オヤジのいかしたボサノヴァ。
60年代ソングライターとしてビートルズの出版社、ノーザン・ソングスに所属しジョージィ・フェイムやヘレン・シャピロをはじめとするブリティッシュ・ポップ・シンガーに曲を提供。また80年代にはポール・マッカートニーに認められウイングスの前座としてツアーに参加するなど活躍した。その後シンガー&コメディアンとして世界中のステージに立ち多くの観客をその渋いのどで酔わせ、そして下世話なジョークで笑わせた。この数奇な運命を辿った不遇のベテラン・ミュージシャンが65歳にして遂に待望の日本デビュー!
ジョアン・ジルベルトを彷彿とさせる歌声でポール・マッカートニーも脱帽した作曲センスによる卓越したオリジナル・ソングを呟くように歌う奇跡のヴォーカル・アルバム!
※幻の名曲「イエスタデイズ・ワイン」の超メロウ・ヴァージョンをボーナス・トラックとして追加収録

白いスーツにアスコットタイを合わせた一人のジェントルマンが舞台に上がった。おどけてみせて観客の笑いを誘うと、表情を変えて静かに音楽を奏で始めた。アコースティック・ギターを手にすればそよ風のように心地よいボサノヴァのリズムを刻み、ピアノに向かうとぽろぽろと気品に満ちたカクテル・タッチを響かせる。そしてメロディーに合わせてやさしくマイルドな歌声でそっとつぶやく。彼の名前はアール・オキン。一瞬にして、その場の空気を変えた魔法のような音楽はまもなく話題になるだろう。――― ライナーより抜粋

アール・オキン (vocal, guitar, piano , guitar & "vocal trumpet")・・・・他
録音:1999年・2000年

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music
CATEGORY TOPへ  PageTop