デスパレート・ダンス / パブロ・シーグレル&キケ・シネシ
MZCE-1312
title デスパレート・ダンス
artists パブロ・シーグレル&キケ・シネシ
label MUZAK/enja
url http://www.muzak.co.jp
price ¥2400+税
release 2015/4/22
format CD
cat.no MZCE-1312

1. ワンス・アゲイン・ミロンガ (Ziegler)
2. デスパレート・ダンス (Ziegler)
3. 夜明けのムルガ (Ziegler)
4. グレラの為のミロンガ (Sinesi)
5. エスクアロ(鮫) (Piazzolla)
6. マハビシュヌ・タンゴ (McLaughlin/Ziegler)
7. コネクション・ポルテナ (Ziegler)
8. ソレダード(孤独) (Gardel/Ziegler)
9. ミロンゲータ (Ziegler)
10. フラカナーパ (Piazzolla)
11. ケ・ロ・パリオ (Ziegler)

現アルゼンチン音楽シーンで最高のピアニストとギタリストによる魂の競演

メンバー
パブロ・シーグレル (p)
キケ・シネシ (g)
ゲスト:
ウォルター・カストロ (bandoneon)
2015年作品


“現在のアルゼンチン・シーンで、最高のピアニストとギタリストは?"
そう問いかけたら、本国ではかなりの割合で、本作の主役二人の名前が挙がるのではないだろうか。アストル・ピアソラともっとも長い間一緒に演奏したピアニストのパブロ・シーグレル。そして、ジャンルを超えて卓越したテクニックと詩情溢れる演奏を聞かせるギタリストのキケ・シネシ。欧米でも人気を誇る二人だが、数年前まで日本では知る人ぞ知る存在だったことは否めない。しかし、この一年で状況は一変。耳の肥えた日本の音楽ファンから大いに注目を浴びる存在となっているのだ。~(中略)これはタンゴのプロジェクトであることには間違いないが、型にはまった伝統音楽としてのタンゴはここには一切出てこない。ピアソラがシーグレルたちと切り開いてきた前衛的なタンゴ・スピリットをもとに、自由度の高い有機的なセッションを繰り広げていく。いわば、タンゴの意匠を借りたジャズであり、実験音楽であると言えるだろう。」・・・栗本斉(「バホ・セロ」ライナーより抜粋)

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music
CATEGORY TOPへ  PageTop