MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 流通会社として長年の実績と、
自社プロディース作品で数々の受賞歴。
個性豊かで良質な音楽を一人でも多くの方に。

Shop

New Release

ピアノ独奏曲は、10数曲書いているが、このCDに収められているものは、 ある事情... 不思議な花の咲く地帯/松永通温ピアノ独奏曲集 / 松永通温

情緒あふれるサウンドで知られるJazzギタリストDizzy吉本の、 「喪失」と「... Nostalgia for the Guitar / ディジー吉本

ノスタルジアなム-ド歌謡橘あきらの代表作「マンションの前で」(サックスバ-ジョン... マンションの前で(サックスバージョン) / 橘あきら

★ABCテレビ 深夜の音楽番組 “GAKUON!”にて2... おふくろ/伊香保挽歌 / 橘あきら

耳を澄まし、龍血を滾らせろ ―ダークファンタジーの世界を彩る、フルオーケストレー... DRAGON MARKED FOR DEATH SOUNDTRACK / V.A.

東映公認ガールズユニット「仮面ライダーGIRLS」の歌の中心メンバー、秋田知里の... melodies / 秋田千里

あなたへ心のジャズを… テナーサックス&プロデュース 稲垣次郎 歯科... I WILL / 美夜 - MIYO -

2018年12月15日公開の映画「ほっぷすてっぷじゃんぷッ!」(天木じゅん・渡辺... 1,2,3 LOVE FOREVER♡ / 松山あおい

設立50周年を迎えた、悲運のスウィート・ジャズ・レーベルSkyeの人気カタログを... アフター・ザ・ロング・ドライヴ ・ホーム / グラディ・テイト


タペストリーズ / 保坂修平
title タペストリーズ
artists 保坂修平
label エイチディーインプレッション
price ¥2778+税
release 2018/1/24
format CD
cat.no HDI-80014

1. アナスタシスAnastasis
2. 銀色ジューンSilver June
3. バラのワルツRose waltz
4. 月の影Shade of moon
5. エンドレスサマーEndless summer
6. プレシャスPrecious
7. バスティーユBastille
8. 満州I Manchuria I
9. 満州II Manchuria II
10. 満州III Manchuria III
11. K. I. へ捧げるオードOde to K. I.


ピアノ/作曲 保坂修平
ギター/関根彰良
ベース/安田幸司
ドラム/長谷川ガク
サウンド・デザイン/阿部海太郎(M11)

『さまざまなジャンルをクロスオーバーした、全く新しいジャズの世界』
組曲「満州」をはじめ、それぞれの曲が一幅のタペストリーのように多彩なイメージと物語を含んでいる。


「アナスタシス」はギリシャ語で復活を意味します。友人の歌手の神林あゆみさんが病床から復帰したことを記念したヤマハホールでのコンサートで披露しました。アルバム・ジャケットの木版画は前作「私とあなたの物語」に引き続き池田実穂さんにお願いしました。「銀色ジューン」「エンドレス・サマー」は2016年の実穂さんの個展で演奏するために同名の作品にインスピレーションを得て書きました。「バラのワルツ」は友人の劇作家大野裕明さんプロデュースの朗読劇で太宰治の「女生徒」のために書いた曲です「月の影」は月明かりによって生まれるシルエットのこと。表情のない影が逆に無限の表情を含んでいる。大切な人と一緒に歩いた夜の道を回想する曲です。「プレシャス」は歌手の国貞雅子さんのために書いた音楽で、竹内清訓さんが素敵な歌詞をつけてくれました。このCDではインストゥルメンタルによる演奏ですが、いつか国貞さんの歌でレコーディングしたいと思っています。「バスティーユ」はミュージカル「1789 バスティーユの恋人たち」を観劇した印象から生まれました。アルバム中唯一スイングでアドリブを回す展開になっています。私の祖父母は戦前満州に住んでいました。
祖父は満洲鉄道の社員として祖母と共に満州に渡り、その後兵役に就き朝鮮半島でソ連軍の捕虜となりシベリアに抑留されました。祖母は命からがら日本に帰ったそうです。「満洲I-III」は、広大な大地のイメージ、戦争、悲劇的な運命を音楽化した作品です。歴史の中に消えていった多くの人々への鎮魂の想いを込めました。「K. I. へ捧げるオード」では、芸大の大学院時代の同級生で作曲家の阿部海太郎さんが、かつて朗読とのコラボレーションのために作曲した5つのピースを創造的に再構築してとても印象的な音絵巻に仕上げてくれました。K. I. は先日ノーベル文学賞を受賞されたカズオ・イシグロさんのことで、僕も阿部さんも共にリスペクトする作家です。受賞をこっそりお祝いするトラックとさせて頂きました。アルバムに参加してくれた関根彰良さん、長谷川ガクさん、安田幸司さんについて。僕はジャズという音楽が大好きで、毎日何らかの形で演奏していますが、僕にとってのジャズはどれだけ手を伸ばしてもつかめない永遠の逃げ水のような存在。3人はジャズのフィールドで僕のはるか先を駆け抜けている尊敬するミュージシャンです。一緒に作品を作れたことを誇りに思います。そしてレーベルの主宰でエンジニアの阿部哲也さんには本当に素晴らしい音に仕上げて頂きました。感謝申し上げます。このCDに収録された音楽は、それぞれが色々な出来事や記憶と分かちがたく絡み合って、あたかもたくさんのタペストリーが並ぶ展示会のような様相を呈しています。その意味でこのアルバムは、私にとって個人史的な意味がありますが、私の望みはそれぞれの曲が、聴いてくれた誰かの心と絡み合い、新しい物語が生まれることです。


保坂修平ピアノ/作編曲
群馬県渋川市出身。東京藝術大学楽理科および大学院卒業。クラシック・ピアノを峰岸沙織氏に、ジャズ・ピアノを吉田賢一氏に師事。ジャズ、クラシック、和の要素を融合した個性的で柔軟な世界観で自己の活動及びサポート活動を活発に行なっている。2008年、新国立劇場で上演された舞台「リンゴの木の下で~昭和21年のジャズ」の音楽監督。
2012年10月より「俺のフレンチ」などを展開する俺の株式会社の首席ピアニスト。2013年1月、群馬県渋川市観光大使に任命される2015年、銀座男声合唱団委嘱の合唱曲「青春の詩」がカーネギーホールで世界初演された。2016年、アルバム「私とあなたの物語」発表。つのだ☆ひろバンドのピアニスト、アレンジャーを務める。

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music