MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 流通会社として長年の実績と、
自社プロディース作品で数々の受賞歴。
個性豊かで良質な音楽を一人でも多くの方に。

Shop

New Release

設立50周年を迎えた、悲運のスウィート・ジャズ・レーベルSkyeの人気カタログを... アフター・ザ・ロング・ドライヴ ・ホーム / グラディ・テイト

設立50周年を迎えた、悲運のスウィート・ジャズ・レーベルSkyeの人気カタログを... バッカナル / ガボール・ザボ

設立50周年を迎えた、悲運のスウィート・ジャズ・レーベルSkyeの人気カタログを... ワイルド・シング / アルマンド・ペラザ

設立50周年を迎えた、悲運のスウィート・ジャズ・レーベルSkyeの人気カタログを... ダズ・ザ・サン・リアリー・シャイン・オン・ザ・ムーン / ゲイリー・マクファーランド

設立50周年を迎えた、悲運のスウィート・ジャズ・レーベルSkyeの人気カタログを... アメリカ・ザ・ビューティフル / ゲイリー・マクファーランド

千駄ヶ谷の紅茶店店主がリリースする1st、プロデュースはなんと中西圭三! 千駄ヶ... SHIMANTOGAWA / 柏井慶一

小学生目線に、108才目線。戦隊ものに、ヘビメタものに、ウェディングソングも?!... ミヤケンジャー 〜オレンジの巻〜 / 三宅みさこ

新潟県作詞作曲家協会主催歌謡選手権グランドチャンピオン(2009) 椿ひとみ 再... 朝よ来ないで C/Wお帰りなさい / 椿ひとみ

早すぎたスウィート・ジャズ・レーベルSkyeの意志を継いだアーバン・ジャズ・レー... ザ・ボブ・ブルックマイヤー・スモールバンド / ボブ・ブルックマイヤー


トゥー・レイト・ナウ / 正木まどか
title トゥー・レイト・ナウ
artists 正木まどか
label ホワッツニュー・レコード
url http://www.madocamasaki.com/
price ¥2778+税
release 2018/4/11
format CD
cat.no GWNS-5005
透明感のある歌声に、絡み合うピアノ、ヴィブラホーン、ギター、ベース
女心を粋な小唄にして正木まどかニュー・アルバム


ファーストアルバム「Girl Meets Boy」のリリースから8年、「出逢い」をテーマにした作品から、少し大人になった自分、多くの出逢いを重ね、より多くの経験を重ねた自分、ニューアルバムでは「出逢いと別れ」をテーマに円熟した女心を切実と唄い聴くものを虜にしていく。


《曲目》
1. Good Morning Heartache(Ervin Drake, Dan Fisher, Irene Higginbotham)
2. Can’t We Be Friends(Paul James / Kay Swift)
3. Don’chaGo ‘Way Mad (James Mundy, Al Stillman, Illinois Jacquet)
4. Only Trust Your Heart (Sammy Cahn / Benny Carter)
5. No Moon At All (Redd Evans, David Mann)
6. Stairway To The Stars (Mitchell Parish / Matt Malneck, Frank Signorelli)
7. I Let A Song Go Out Of My Heart (Irving mills, Henry Nemo, John Redmond / Duke Ellington)
8. Darn That Dream (Edgar De Lange / Jimmy Van Heusen)
9. Do Nothing Till You Hear From Me (Duke Ellington, Bob Russell)
10. Too Late Now (Burton Lane, Alan Jay Lerner)

Kaori Nakajima plays vibraphone : #2. #3, #4, #6, #9

《メンバー》
正木まどか/MadocaMasaki (vocal/ヴォーカル)
諸戸勝也/KatsuyaMoroto(piano /ピアノ)
栗山亮介/RyosukeKuriyama(guitar/ギター)
鈴木ひろゆき/Hiroyuki Suzuki (bass/ベース)
中島香里/Kaori Nakajima (vibraphone/ヴィブラホーン)


■正木まどか(ヴォーカル)
プロフィール東京都板橋区生まれ。ジャズの世界に魅了され、ジャズ界の大御所、故・山川浩一氏の門を叩く。その後、都内各ジャズスポットに出演。そのたおやかな容姿と確かな歌唱で注目を集める。2008赤煉瓦サマージャズin舞鶴、2010年、千葉ジャズストリート、ドイツ・デュッセルドルフ「Japan Day」、2011年横浜ジャズプロムナード、など、多くのジャズフェスティバルに出演。2009年には満を持しての1stCDが『Girl Meets Boys』をリリース、共演は人気絶頂の松尾明氏(Ds)率いるTake10オーケストラ。そのサウンド・歌唱は『Swing Journal』『ジャズ批評』各誌で賞賛された。都内ジャズスポットにて精力的に活動中。

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music