MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

Shop

New Release

ルー・タバキン他に師事し、アジア中心に海外でも活躍するジャズフルーティストの5t... Human beans / 佐々木優花

あふれる想いをギターにのせて…、  金谷幸三が贈るさまざまな愛の形、... ラブ・ソングス / 金谷幸三

ポストフィッシャー=ディースカウのもっとも優れた後継者による2度目の録音。長年タ... シューベルト:歌曲集 「美しき水車小屋の娘」D 795, Op.25 / ディートリヒ・ヘンシェル、岡原慎也

ローラ・エインズワース。ダラスを拠点に活躍する“レトロ・ジャズ・ヴォ... Top Shelf / ローラ・エインズワース

ローラ・エインズワース。ダラスを拠点に活躍する“レトロ・ジャズ・ヴォ... New Vintage / ローラ・エインズワース

ローラ・エインズワース。ダラスを拠点に活躍する“レトロ・ジャズ・ヴォ... Necessary Evil / ローラ・エインズワース


Necessary Evil / ローラ・エインズワース
title Necessary Evil
artists ローラ・エインズワース
label Eclectus Records
url http://www.lauraainsworth.com/
price ¥2227+税
release 2020/3/25
format CD
cat.no ER-1002

1. Necessary Evil
2. One More Time
3. The Gentleman Is a Dope
4. Just Give Me a Man
5. Love Is a Dangerous Thing
6. My Foolish Heart
7. The Lies of Handsome Men
8. Get Out and Get Under the Moon
9. Out of This World
10. Hooray For Love
11. I’d Give a Dollar For a Dime
12. Last Train to Mercerville

ローラ・エインズワース。ダラスを拠点に活躍する“レトロ・ジャズ・ヴォーカリスト”。
1920年代~50年代の隠れた名曲を現代に甦らせる新しくて、どこか懐かしい、“ニュー・ヴィンテージ”。

日本のジャズファンの間で最近その名が知られ始めたアメリカ人ジャズシンガー、ローラ・エインズワース。複数の音楽賞受賞歴があり、長年にわたって“スタンダード・アルバム”を制作してきた彼女の2nd!

<概要>
日本のジャズファンの間で最近その名が知られ始めたアメリカ人ジャズシンガー、ローラ・エインズワース。複数の音楽賞受賞歴があり、長年にわたって“スタンダード・アルバム”を制作し続けてきました。
ローラは、フィルム・ノワール風味のセカンドアルバムNecessary Evil(2013年)の中で、「男を陥れる魔性の女」と「恋人に捨てられた女」の二つのキャラクターを仮想し、「愛情の黒い側面」について歌っています。“Love is a Dangerous Thing”で魔性の女を、ジョニー・マーサーの曲で捨てられた女を演じることで、色恋ではなく「音楽こそが唯一の誠実な友」だということを、このアルバムで強調しました。
Necessary Evilはリリース後、アメリカ国内外のジャズ・ラジオ局でプレイされ、タイトル曲の“Necessary Evil”はアメリカとカナダの複数の売上チャートでトップ10入り。ジャズ・フュージョンに仕上げられたジョニー・マーサーとハロルド・アーレンによる“Out of This World”は、インドのコンピレーション企画GOA Chillout Zone Vol. 5 とIndependent No. 1sに収録され、同国内でトップチャート曲になりました。それがインド公演、ドバイ公演のきっかけになり、“Necessary Evil”の色鮮やかで印象強いミュージックビデオは、そのツアー中に撮影されたものです。

CD盤ケース/光沢加工折りたたみデジパック仕様
フィルムノワール・スタイル写真集、レコーディング風景画像、ローラのクラブ・シンガー時代を描いた、ミッドセンチュリー時代風“パルプ・ノベル”(三文小説)風短編ナレーション付属。

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music