MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

Shop

New Release

大阪発、四季に寄り添うピアノポップバンドの4thミニ! 透明感のあるVo 佐竹惇... WHITE / アイビーカラー

「Helsinki Lambda Clubと行く、マジカル・サウンド・ミステリー... Eleven plus two / Twelve plus one / Helsinki Lambda Club

コロナ禍に制作された楽曲を中心に全8曲収録2020年を象徴するオリジナルミニアル... 2020 / 打首獄門同好会

陸羽東線で愛されその魅力を広めた観光列車 2008年10月1日から運行を開始した... ザ・メモリアル リゾートみのり / ザ・メモリアル リゾートみのり

クラウドファンディング達成率154%!879人のサポーターを集めた期待の作品がつ... 冗談音楽の祭典 【ズーラシアンブラス・ショー】 / ズーラシアンブラス、サキソフォックス

「規格外」 意味:標準から大きく超え出ている様。一般的な基準を外れている様。 名... NETH(CD ONLY ver) / ENTH

「規格外」 意味:標準から大きく超え出ている様。一般的な基準を外れている様。 名... NETH(SPECIAL BOX ver) / ENTH

破竹の勢いにのるGUNIXの1st ALBUM が完成。先行配信されていた楽曲6... WIRED / GUNIX

ジャネットからの最後のお別れ 全てのヴォーカル・ファンから愛されたジャネット・サ... オンリー・イエスタデイ ~ラスト・レコーディングス(仮) / ジャネット・サイデル


B/ENJOY / 滝沢望
title B/ENJOY
artists 滝沢望
label Diva Music
url http://takizawanozomi.com/
price ¥1000+税
release 2020/01/22
format CD
cat.no DIVA-2001

今、最も注目されているジャズボーカリスト、そしてシンガーソングライターの滝沢望のオリジナル曲『B/ENJOY』のミュージックビデオです。『B/ENJOY』はピアノDennis Lambert、ギターKelvyn Bell、ベースLonnie Plaxico、ドラムDndrew Atkinson、トランペットRyo Sasaki、アレンジはグラミー受賞アーティスト、ベースのLonnie Plaxico。ニューヨークレコ―ディングの楽曲です。
『B/ENJOY』は、今まで世界中で誰もがなし得ないことを実現させました。それは、全編完璧な英語で歌ってるのに‟⽇本語に聞こえる“と云うことです。歌詞の⼀部が⽇本語に聞こえる楽曲は世の中に数多く存在しますが、この『B/ENJOY』は最初から最後まで⽇本語に聞こえる、完全に曲全体が‟空⽿ミュージック” となっています。『B/ENJOY』はまさに奇跡の歌です。またミュージックビデオの内容も、誰にでも⼀度は経験のある‟トイレに⾏きたくても⾏けない状況“をストーリー仕⽴てにしてリアルに描いております。⼀⾒しっかりとしミュージックビデオですが、よくその焦りや緊張感が伝わるジワジワ系オモシロMV映像に仕上がっております。
また、2019年12月19⽇から「JOYSOUND」の全国のカラオケ店にて‟空⽿歌詞“としてカラオケverも配信されます。監督︓岡太地、出演:滝沢望、若林拓也、⼩槙まこ、他。、他。

滝沢望:プロフィール
ボストンバークリー音楽大学5-weeks Summer Programを受講。グラミーノミネートジャズボーカリストカーラ・クック氏に師
事。2018年にニューヨークにて、Rockwood Music Hall NewYork、また南カリフォルニアフェスティバルTokyo City Cup
2018 in Santa Anita Parkに出演。ギターリスト中井勉プロデュースによるグラミー受賞ピアニスト「サリバン・フォートナー」
「ロニー・プラキシコ」等と初のNYRecording Debut Album 「Nozomi」を発売。滝沢が持つ独創性とニューヨークのトップ
ジャズマンとのボーダレスなコラボ作品となり高い評価を得る。2018年6月~7月New Album「Nozomi」のレコーディングメ
ンバーを招聘し、仙台「Rensa」大阪「Mister Kelly's」、東京「CLUB eX品川プリンスホテル」発売記念コンサートを成し遂
げる。シンガーソングライターでありながら独自の視点でR&B,Jazz&Soulを追求し、スピリチュアルで心温まる歌詞と繊細な
褐色の歌声。アーバンポップなオーガニックソウルジャズをエッセンスに邁進し続ける。

この記事をはてなブックマークに追加