MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

Shop

New Release

ジャズのクラリネット第一人者後藤雅広がオールドジャズの珠玉の名曲を心を込めて演奏... GOTO BLUES / 後藤雅広

童話作家山崎陽子の絵本「動物たちのおしゃべり」の朗読に、動物をイメージした秋末直... 動物たちのおしゃべり / 佐々木静江

伊是名千絵のファーストCD。沖縄のサウンドとジャズを融合させた懐かしくも新しいサ... THE OKINAWAHOURS / 伊是名千絵

富安秀行ソロ活動20周年を記念して豪華なメンバーでオリジナル曲を演奏! 【参加ミ... YESTERDAYTODAYTOMORROW / 富安秀行

NWOBHMの伝説のバンド”サクソン”が、あのアンディ・... カルぺ・ディエム~鋼鉄の瞬間~ / サクソン

関西テレビ「競馬BEAT」タイアップ曲「Let it beat」リリース決定! ... Let it beat / BIGMAMA

進化したN.B.Projectは次のステージへ!! 吉崎ひろしのバンジョーを中心... NEXT / 吉崎ひろし&N.B.Project

「のぞみ」誕生から30年! 「こだま」「ひかり」に続き東海道新幹線で新たに「のぞ... 新幹線「のぞみ」30年の軌跡 / 新幹線「のぞみ」30年の軌跡

日本で数少ないタンゴピアニスト・松永裕平による、待望のデビューアルバム!! 恩師... 温故知新-Tangos enPiano Solo- / 松永裕平


相撲組曲「Xe」III / TANAKANDA
title 相撲組曲「Xe」III
artists TANAKANDA
label Bon-KanMedia Works
url https://www.bon-kan.com/bkmw0105.htm
price ¥3200+税
release 2021/3/6
format CD+DVD
cat.no BKMW-0105

【CD】
1. 壁と孤独と
2. 先代の教え~重圧に負けるな弱音を吐くな
3. 愚直な相撲道
4. 猛稽古~努力で天才に勝ちます
5. 心技体の歯車
6. 立ち合い~強烈なおっつけ
7. ~神々の土俵~はね太鼓
8. 綱の重み
【DVD】
ショートムービー
「キセの相撲道」
原作・構成:神田佳子
語り:竹澤悦子
ハンコ絵:サト
映像・台本:藤本健太郎

結成24年を越えてもなお無邪気に音楽を奏でているジャズピアノの田中信正とパーカッションの神田佳子のDUO「TANAKANDA」。「相撲組曲Xe」は、日本の文化、伝統、心が感じられる総合芸術としての「相撲」の世界を凝縮した七楽章に及ぶ音楽である。この神田の相撲愛溢れる作品に、繊細に躍動するTANAKANDAが、心技体を充実させて挑んだ音と映像の記録。

田中信正NobumasaTanaka
かすかな息づかいをも感じさせるような繊細さと、スポンティニアスな躍動性を併せ持つピアニスト。その演奏は、エキセントリックで鋭利に空間を切り裂くような狂気と、神秘性、リリカルさ、静謐の中の耽美的な香りが交錯する。1968年横浜生まれ。4歳より電子オルガンをはじめ、16歳でクラシックピアノに転向。国立音楽大学作曲学科中退。クラシックピアノを小灘裕子、ジャズピアノを藤井英一、橋本一子、佐藤允彦各氏に師事。1993年横濱ジャズプロムナード第一回コンペティションで、グランプリ及び個人賞ベストプレイヤー賞受賞。共演者と創り上げる自由で即興性に富んだ演奏活動は、JAZZのフォーマットばかりではなく多岐に渡る。現在は、数多くのユニットのメンバーとしてライブやレコーディングに参加している。ピアノトリオの範疇を超えた自己のユニット「田中信正KARTELL(山田晃路b、大槻カルタ英宣ds)」と、オリジナルと独創的なアレンジによるソロピアノは、比類なき唯一無二の演奏として評価が高い。2010年より酒井俊ユニットのベトナム公演に度々参加、林正樹(pf)とのPiano duo「のぶまさき」で2012年にはパリ・アンカラ・イスタンブール公演を、2013年には韓国公演をおこなった。2014年からは超弩級ユニット「田中信正トリオ作戦失敗(落合康介b、橋本学ds)」を始動、好評を博している。2018年「田中信正トリオ作戦失敗」による第二作CD「キティ組曲」をリリース。

神田佳子Yoshiko Kanda
現代音楽の第一線で活動する演奏家。横浜生まれ。東京芸術大学器楽科打楽器専攻卒業及び同大学院修了。ドイツ・ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会で奨学生賞を2度受賞。2014年東京現音計画のメンバーとして、サントリー芸術財団第13回佐治敬三賞を受賞。これまでに、ソリストとして東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団等と共演、東京オペラシティ主催リサイタルシリーズ「B→C」、NHK「FMリサイタル」、TV朝日「題名のない音楽会」などに出演。2002年ビクターエンタテインメントより、ヴァイオリンと打楽器によるユニット「C⇔Yプロジェクト」のアルバム「ソルト&ペッパー」をリリース。現在、Ensemble Contemporary α、東京現音計画、PERCUSSION TRIO [The Birds] 等のメンバー。他に古楽集団トロヴァトーリ・レヴァンティ、といぼっくす、高橋悠治プロデュ-スの伝統楽器グループ「糸」、一柳慧率いる「アンサンブル・オリジン」等のメンバーとして、カーネギーホールをはじめ、国際的な場での演奏活動も多数行ってきた。様々な分野での即興演奏も行い、現代音楽を軸に、正倉院復元楽器の演奏やジャズミュージシャンとの共演等、時代やジャンルを超えた打楽器演奏の可能性にアプローチしている。また、演奏活動と並行して作曲活動も継続的に行っており、作品は、日本国内各地をはじめ、ニューヨーク、ミラノ他世界各地で上演されており、自作の打楽器アンサンブル作品集のCDをリリースしている。

この記事をはてなブックマークに追加