MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

貴方の「想い」をカタチに
レコーディング、プレス、デザインから流通、配信、プロモーションまで
数多くの受賞歴を誇るラッツパック・レコードがトータル・サポート!

Shop

New Release

別名「うにピアニスト」として関連動画が200万回以上再生! 鈴木孝彦ピアノソロア... イヌとひまわり / 鈴木孝彦

井上昌己 デビュー30周年! ミニアルバム第一弾発売!  「愛の歌」・・・どうだ... After stories / 井上昌己

NO hakusai No LIFE 白菜とヤンキーの町から出荷される最狂のロッ... HARITE / 力士団

Don't STOP hakusai&DANCE 止まらない衝動と鳴り続ける... JONOKUCHI / 力士団

弦楽四重奏「弦うさぎ」は、2019年7月31日、結成20周年を記念しニューアニバ... 弦うさぎのティーパーティー / 弦うさぎ

驚異のダイナミクスと圧倒的な存在感 《CD75》でしか再現できない 真のラフマニ... ラフマニノフ / 江口玲

幅広い音楽シーンで活躍するアコーディオン奏者が、吟遊詩人の如く奏で上げた全11曲... Island Tour / 田ノ岡三郎

走り続けるStill Rock Singer 矢沢永吉がオリジナルNEW ALB... いつか、その日が来る日まで...【初回限定盤B DVD】 / 矢沢永吉

走り続けるStill Rock Singer 矢沢永吉がオリジナルNEW ALB... いつか、その日が来る日まで...【初回限定盤A DVD】 / 矢沢永吉


Whistle In My Ears / 吉川水砂子
title Whistle In My Ears
artists 吉川水砂子
label Angel Voice Music
url http://ameblo.jp/santhi3350
price ¥1852+税
release 2018/5/5
format CD
cat.no ANG-0001
原とも也の熟練ギターで綴る実力派歌手吉川水砂子の待望のデビューアルバム
ジャズ評論家瀬川昌久


<ライナーノーツより>
数あるライブハウスのジャズ・シンガーの中でも、一際独自の唄声と個性的な表現力で多くの支持者を得ているジャズ・ボーカリスト吉川水砂子が、待望のデビューアルバムを完成した。題して「Whistle In My Ears」、全6曲のミニ・アルバムながら曲の構成やサウンドが意欲的で、吉川水砂子の長年に亘るボーカル研修の成果がバラエティ良く集揮されている。お聴き頂ければ直ぐ気付くように、ボーカルの楽器編成は原とも也という著名なギタリストとのデュオが中心で、先ずボーカルとギターの同時録音を実施した上に、曲趣に応じて異なる種類のギターの多様な奏法によるサウンドがオーバーダブされた。
曲構成も多様で新旧のスタンダード曲に新しいポップジャズを加え、更に英詩に原とも也が作曲したオリジナル曲(Whistle In My Ears)も含めた。このオリジナル作品にはとも也の子息の新鋭ギタリスト原ゆうまも参加して、ベースやパーカッションなど多彩なサウンドを付加している。
無論、吉川水砂子は平生のライブでは多くのピアニストと共演しているが、今回長年の親交ある有名ギタリストの原とも也とのデュオを組んで各曲に応じて原のアドバイスを受けながら原の卓越したギター伴奏のソロ・プレイに果敢に対応する表現力豊かなボーカルを完成したことを喜びたい ジャズ評論家瀬川昌久


1. I Wish You Love
Words byAlbert Beach
Music by Charles Trenet & Leo Chauliac (4:41)
2.Summertime
Words byDubose Heyward
Music by George Gershwin (3:05)
3.The Man I Love
Words by Ira Gershwin
Music by George Gershwi (4:58)
4.One For All
words & music by : Tuck&Patti (3:25)
5.What A Wonderful World
Words by George David Weiss
Music by George Douglas (5:58)
6.WhistleIn My Ears
words:by Kan Hashimoto
music by:Tomoya Hara
Arr.& Instruments : Tomoya Hara,Yuma Hara (4:38)


●吉川水砂子
吉川水砂子は豊富な音楽的実績がある。出身は北海道札幌市で、クラッシックピアノや合唱部を中学までに習得した後1991年東京に出てポップスのコーラスグループで活動中にジャズに触れて興味を覚え、1995年地元札幌に帰り、上野宏之に師事してジャズボーカルを始めた。2002年再び上京してマーサ三宅ボーカル教室に入門し本格的な勉強を続け、発表会で新人賞を受賞。ジャズボーカルの故沢田靖司に1年間師事、都内ライブの出演を重ねた。六本木サテンドールのリーダーライブを成功させその間原とも也、細野よしひこ(g)、山本剛(p)、北島直樹(p)、青木弘武(p)ら著名プレイヤーと共演を重ねている。


●原とも也
原とも也については、有名な原信夫氏(シャープス&フラッツ・リーダー)の子息で1984年から9年間に亘りシャープスのギタリストとして在団したので馴染みが深いが独立後ギタリストとして自己のグループによる活動が高く評価されている。1958年横浜出身。若くしてギターを中牟礼貞則、塩崎郁男両氏に学び、高校卒業後カナダのハンバーカレッジでジャズ理論を学び世界的なジャズメン多数に師事して帰国。シャープスに在団後1993年より自己のグループの演奏作曲活動を開始、ミュージカル、放送、来日著名アーティストと共演。2006年Window Trioツアーを始めて2010年Melissa Morganをフィーチャーしてニューヨークをツアー、2012年長男原裕磨らとツインギターR&Bバンド「ON」を結成。2013年Sara RectorとDUO「サラ・トモヤ」ライブ、CD「Beautiful Day /On&Sara」を発表、活発な活動を続け多くのアーティストから高く評価されている。
長男ゆうまは東京音楽大学を経て2014年バークレイ音楽大学に入学、現在は東京を拠点に演奏に加えプロデューサー、アレンジャーとしても活動中。

この記事をはてなブックマークに追加