笠原 将弘の賛否両論あるでしょうが~ようこそ僕の和食へ / 笠原 将弘
CSHP-001
title 笠原 将弘の賛否両論あるでしょうが~ようこそ僕の和食へ
artists 笠原 将弘
label Cloud Seven Ltd.
url http://cloudseven.shop-pro.jp/
price ¥3500+税
release 2010/4/14
format DVD
cat.no CSHP-001

予約の取れない店 恵比寿「賛否両論」オーナーシェフ笠原将弘、初のDVD 化!
本格的な日本料理あり、お手軽なおもてなし料理あり、リクエストにお応えする料理相談コーナーありと、笠原流の技と魅力を充分に味わえる本編に加え、ゲスト出演している「料理界の貴公子」川越達也氏との対談もたっぷり、韓国密着ロケなど特典映像も充実したこの1 枚。レシピブックレット付

メニュー紹介
【笠原流 おもてなし】 おとなのしょうが焼き/あさりとわかめのみそ汁
【笠原流 本格日本料理】出汁のとり方/蕪のかぶら蒸し/金目鯛の揚げだし/帆立しんじょうのお椀/大根と木の子の炊き込み御飯
【笠原将弘のお料理お悩み相談所】 ラジオDJ 笠原マスター!  揚げそうめん 帆立あんかけ/さば缶 お好み焼き/和風インドカレー/かまぼこピカタ/みそ納豆ディップ/胡麻アイス/焼きカステラのアングレーズソース/オムレツ
*おいし~いご飯の炊き方も紹介しています!

笠原 将弘(かさはら まさひろ) 恵比寿 日本料理「賛否両論」オーナーシェフ
1972年9月3日 東京都 武蔵小山に生まれる。父親は武蔵小山で焼き鳥店「とり将」を営み、自身も幼少の頃から舌の感覚やセンスを磨かれる。将来は、お笑い芸人を夢みる元気な少年時代を過ごす。高校時代見たTV番組「パティシエ世界大会」で優勝した日本代表に感動し、料理の世界を目指す。卒業後、父の奨めで日本料理「正月屋 吉兆」で9年間修行、料理長に次ぐ座を任せられる。父の死に伴い、実家の焼き鳥店を継ぐ。独創的な料理が口コミなどで評判となる。2004年 日本料理「賛否両論」を恵比寿にオープン。予約を取るのが難しい店へと成長を遂げる。店以外にもTVや雑誌などメディアへの露出も増え、また多くの料理人たちと協同し、チャリティーやボランティア活動にも積極的に参加。2009年 自身初のレシピ本が発行される。韓国 ソウル「T O K Y O S A I K A B O」にて料理総合プロデューサーに就任。「腕・舌・遊び心」を掲げ、料理を通じて多方面で活躍中。

この記事をはてなブックマークに追加
CATEGORY TOPへ  PageTop