Aya Nagatomi plays Beethoven / 長富彩
title Aya Nagatomi plays Beethoven
artists 長富彩
label タカギクラヴィア
url http://www.ayanagatomi.com/
price ¥2778+税
release 2016/12/2
format CD
cat.no TVU-S-4-001

ソロ、室内楽の分野で現在国内を中心に活動を続ける気鋭のピアニスト長富 彩の4枚目となるアルバム。
これまでのリスト、ショパン、ラフマニノフ、スクリャービンなどロマン派から近現代作品を中心とする演奏活動を経て、今回キャリア初となるベートーヴェンの作品集をリリース。「作曲家の声」を再現することに時間を費やした今作、3つの作品を通して初期~中期~後期とベートーヴェンのその生涯を辿る。

1. ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13『悲愴』第1楽章 - I. Grave
2. ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13『悲愴』第2楽章 - II. Adagio cantabile
3. ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13『悲愴』第3楽章 - III. Rondo. Allegro.
4. 創作主題による32の変奏曲
5. ピアノソナタ第30番 ホ長調 作品109 第1楽章 - I. Vivace, ma non troppo
6. ピアノソナタ第30番 ホ長調 作品109 第2楽章 - II. Prestissimo
7. ピアノソナタ第30番 ホ長調 作品109 第3楽章 - III. Andante molto cantabile ed espressivo (Gesangvoll, mit inningster Empfindung)


長富彩(ながとみ・あや)
1986年生まれ。2002年、東京音楽大学付属高校ピアノ演奏家コースに特待生奨学金を得て入学。2005年よりハンガリー国立リスト音楽院にてジョルジュ・ナードルに師事。2008年より米国に拠点を移して演奏活動を開始。同年、ニュージャージー州プリンストン大学でのシンポジウムに奨学生として参加し、エドナ・ゴランスキーにターブマン奏法を学ぶ。2009年、 NYのスタインウェイホールにてリサイタルを行い満席となった。これまでに上海クァルテット、ウェールズ弦楽四重奏団ほか、数々のソリストとも室内楽で共演。神奈川フィルハーモニー管弦楽団、兵庫県立芸術文化センター管弦楽団、大阪交響楽団とピアノ協奏曲を演奏、好評を博した。
近年は作曲家の生涯を題材にした講座形式のコンサートを行うほかラジオのパーソナリティも務めるなど、演奏活動と並行してクラシックをより多くの人に届けるための活動も行う。

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music
CATEGORY TOPへ  PageTop