MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 流通会社として長年の実績と、
自社プロディース作品で数々の受賞歴。
個性豊かで良質な音楽を一人でも多くの方に。

Shop

New Release

笑って泣かせる冒険活劇、完成 日々かりめろ、結成2年目にして3枚目のフルアルバム... 三枚目の3枚目 / 日々かりめろ

名古屋拠点、多くのセッション参加のジャズサックス奏者1st、着実に巨匠に近づくは... Walking Bird / 早川ふみ

名古屋市中心に活動 SOUL/R&B仕込みのJAZZヴォーカリスト、ファン待望の... Radiant / 宮本京子

聖夜を彩る天使の歌声 都会的で洗練されたピアノ・タッチでスムース・ジャズ・ファン... ホーム・フォー・ザ・ホリデイズ / グレッグ・カルーキス+シェルビー・フリント

シンガーソングライター 津村友華の3rdアルバム「crossover」。 ミック... crossover / 津村友華

『あの日、ドームが揺れた。最新・最強バージョンのYAZAWAを目撃しろ!』  【... STAY ROCK EIKICHI YAZAWA 69TH ANNIVERSARY TOUR 2018(DVD) / 矢沢永吉

『あの日、ドームが揺れた。最新・最強バージョンのYAZAWAを目撃しろ!』  【... STAY ROCK EIKICHI YAZAWA 69TH ANNIVERSARY TOUR 2018(BD) / 矢沢永吉

ナー・パラパライオリジナル・メンバーの 感動のライブと美しいフラダンスを映像で!... トゥゲザー・アゲイン / ナー・パラパライ

サムルノリをはじめ、韓国の伝統演劇の歴史を一瞬一瞬を新たに書き変えてきた枝鼓の名... 枝鼓散調(チャングサンジョー) / 金徳洙(キム・ドクス)


Lumiere et eau / 東丸真耶
title Lumiere et eau
artists 東丸真耶
label タカギクラヴィア株式会社
url http://takagiklavier.com/
price ¥2778+税
release 2018/1/12
format CD
cat.no TKI-18112
1912年製のヴィンテージ・スタインウェイで奏でる
カーニバルの幻想 煌めく水の雫


コンサート部の貸出用として当時活躍していた楽器である。1900年代初頭、パデレフスキー、ラフマニノフ、ルビンシュタイン、ホロヴィッツ、グレン・グールドなど世界的な巨匠たちが愛用したニューヨーク・スタインウェイは、まさに近代クラシックの黄金時代のピアノである。歯切れの良い重低音とメロウな中音域、輝くような装飾音を持つこの楽器は、1800年代のロマン派音楽の表現に不可欠な色彩豊かな倍音と驚異的なダイナミック・レンジの広さで、それまで試行錯誤を繰り返していたフォルテ・ピアノを駆逐した近代ピアノの完成形といえるだろう。
東丸真耶はこの楽器の特性を良く生かし、それぞれの楽曲を明晰に作り上げている。
華やかな音色で様々な場面を彩る謝肉祭、清冽で透き通った水の表情、集中力を極める武満の世界。
ヴィンテージスタインウェイだからこそ描ける世界がここにある。


収録内容
■シューマン:謝肉祭Op.9
■ラヴェル:水の戯れ
■ラヴェル:洋上の小舟~「鏡」より
■武満徹:雨の素描Ⅱ-オリヴィエ・メシアンの追憶に-


アーティストについて
東京都生まれ。幼少期をアメリカ・フランスで過ごし、伯母の手ほどきでピアノを始める。
東京都立芸術高等学校を卒業後、東京音楽大学に入学し2007年に渡仏。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にてアルド・チッコリーニやガブリエル・タッキーノの諸氏に認められピアノ科コンサーティスト高等資格、及び室内学科高等資格を得て卒業。
全日本学生音楽コンクール東京大会小学校・中学校・高校の部入選。日光音楽祭コンクール、クロード・カーン国際ピアノコンクール、パッサージュ・ヴェール・レ・ゼトワール国際コンクールにて審査員満場一致で第1位及び最優秀特別賞受賞。スクリャービン国際コンクール、サンバルトロメオ国際コンクール、ウィーン国際マスタークラスディヒラーコンクールにて第3位入賞。リヨン国際ピアノグランプリ、クラウディオ・アラウ国際コンクールにてファイナリスト、フランシス・プーランク国際コンクールにおいてセミファイナルディプロマ賞など、国内外のコンクールで優勝、入賞を重ねる。
東京文化会館、すみだトリフォニーホール、カワイ表参道・パウゼ、オペラ・ガルニエ、サル・ガヴォー、サル・コルトーなど、東京とパリを拠点に演奏し好評を博す。2015年すみだトリフォニーホールでのソロリサイタルは音楽の友本誌に取り上げられ注目を集めた。現在は活動拠点を日本に移し、ソロリサイタルや室内楽による演奏活動と共に、後進の指導も行う。
これまでにピアノを中河幸、田村安佐子、高橋高子、安田正昭、迫昭嘉、弘中孝、エリザベート・トゥシャ、シャンタル・リウ、パトリック・ジグマノフスキー、ジャック・ラギャルド、カタルジーナ・ポポヴァ・ズィドロン、ミシェル・ベロフ、ジャン=マルク・ルイサダの各氏に、また室内楽をシャンタル・ド・ビュッシー女史に師事。

この記事をはてなブックマークに追加