MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

Shop

New Release

甘く切ないポップミュージックを現代のサウンドに昇華。 2019年結成、nemon... Swim, Sway, Sweeten / Nemonemo

2020年夏、総勢26名の音楽家が参加したオーケストラCDが完成!井上昌己の曲を... with Chamber Orchestra BEST11 / 井上昌己

ジャズ・フルートの巨匠井上信平とピアノ井上ゆかりの初のデュオアルバム フルート井... LIFE~in the name of love~ / 井上信平、井上ゆかり

2019年12月から2020年3月に大阪にて録音したライブ音源。 変わっていくも... 2020evergreen / よしだよしこ

ラテン界のスーパー・スターを従えた キャロル・ウェルスマン会心のラティーナ・ジャ... ダンス・ウィズ・ミー ~キャロル・シングス・ラティーナ / キャロル・ウェルスマン

自粛中にギター抱えて空を見上げたらこんな曲が出来上がりました。 デビュー30周年... One Fine Day / 吉田栄作

出身地の山形に贈る、地元愛溢れる2曲を書き下ろしたシンガーソングライター石井照美... 想い出の暦/さくらんぼ便り / 石井照美


伊藤美由紀作品集『もうひとつの声』-メキシコ文化に魅了されて- / オニックス・アンサンブル、 佐藤紀雄、木村麻耶、窪田健志、 原田節、市橋若菜、森川栄子
title 伊藤美由紀作品集『もうひとつの声』-メキシコ文化に魅了されて-
artists オニックス・アンサンブル、 佐藤紀雄、木村麻耶、窪田健志、 原田節、市橋若菜、森川栄子
label トーンフォレスト
url http://shop.toneforest.jp/
price ¥2800+税
release 2020/7/22
format CD
cat.no TFCC-2004

[収録曲]
1.絃の独白〈二十五絃箏とギターの為の〉
2.もうひとつの声〈フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノとエレクトロニクスの為の〉
3.鳥の創造〈二十五絃箏、ギターと打楽器の為の〉
4.結晶化した数字〈フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、ギター、二十五絃箏の為の〉
5.二重星(II)〈2台のオンド・マルトノの為の〉
6.新しい歌〈ソプラノとエレクトロニクスの為の〉
7.枯凋の美(IV)〈二十五絃箏とエレクトロニクスの為の〉

重層的な歴史によって彩色された神秘のメキシコと出会い、生まれた、結晶の滴(しずく)。
メキシコの詩人オクタビオ・パスの詩集からインスピレーションを受け、国内~海外で活動する作曲家伊藤美由紀と、気鋭の演奏家が生み出した全7曲!

日本国内は勿論のこと世界で活躍する作曲家・伊藤美由紀による2枚目の作品集。
オクタヴィオ・パスの詩集からインスピレーションを得てオニックス・アンサンブルのために制作された表題作「もうひとつの声」、微分音ベル“凜”を用いて演奏される「鳥の創造」、佐藤紀雄(ギター)と木村摩耶(二十五絃箏)のために作曲した「絃の独白」など、メキシコとの出会いによって生まれた、計79分にも及ぶ全7曲を収録。

[参加ミュージシャン]
オニックス・アンサンブル
佐藤紀雄(ギター/指揮)
木村麻耶(二十五絃箏)
窪田健志(打楽器)
原田節(オンド・マルトノ)
市橋若菜(オンド・マルトノ)
森川栄子(ソプラノ)

[録音]
2013―2019、日本・メキシコ・中国にて収録
[曲解説]伊藤美由紀
[ブックレット寄稿]佐藤紀雄

<アーティストプロフィール>
伊藤美由紀いとうみゆき(作曲家)
愛知県立芸術大学、マンハッタン音楽院修士課程修了後、コロンビア大学(ニューヨーク)で作曲をトリスタン・ミュライユに師事、博士号を取得。文化庁芸術家在外研修員としてIRCAM(フランス国立音響音楽研究所)にて研鑽を積む。
ミュージック・フロム・ジャパン(ニューヨーク)、アタック・シアター(ピッツバーグ)、愛知芸術文化センター、Sinus Ton(ドイツ)、大矢素子、加藤訓子、等からの作品委嘱ほか、名古屋文化振興賞、日本交楽団振興財団作曲賞入選、フランコ・エヴァンゲリスティ国際コンクール(イタリア)優勝などを含み、カーネギーホール(NY)、レゾナンス・フェスティヴァル(パリ)、ISCM (香港、エストニア)、ICMC(マイアミ)、SMC(ギリシャ、スペイン)、Re:New(デンマーク)、VisionesSonoras(メキシコ)、Foro国際現代音楽祭(メキシコ)、Sinus Ton(ドイツ)、アジア音楽祭(東京、ニュージーランド)などで作品が入選し、国内外で作品の発表を続けている。
また、ニンフェアール、JUMP(日米:新しい音楽の展望)の代表として自主企画公演を国内外で定期的に展開。ニンフェアール第10回公演は、第14回佐治敬三賞受賞。国際交流基金、CMMAS(メキシコ)の助成(2010,2013,2018)により、メキシコでコンサート、レクチャーを開催し、現代音楽交流を継続している。
「二十五絃箏の可能性」と題する研究が、2019年度カワイサウンド技術音楽振興財団研究助成を受賞。
今まで、名古屋芸術大学、千葉商科大学、愛知県立芸術大学大学院、四川音楽学院(中国)などで、後進の指導にあたっている。
楽器とエレクトロニクスによる作品集《時の砂》は、ALMからリリース。

この記事をはてなブックマークに追加