MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 流通会社として長年の実績と、
自社プロディース作品で数々の受賞歴。
個性豊かで良質な音楽を一人でも多くの方に。

Shop

New Release

“侠(おとこ)” 勝新太郎をテーマとした、大胆で豪快な ... THE BLIND SWORDSMAN~侠 / V.A.

稲垣次郎(ウィンドブレイカーズ)プロデュース!前田憲男(ピアノ)参加 世界の恋の... La Vida / 岩田留美子

オリジナルメンバーが再会!感動のライブ ナー・パラパライ『Together Ag... トゥゲザー・アゲイン / ナー・パラパライ

1年半ぶりとなるシングルリリース。今作は待望のナンバーばかりが収録!! 『月の光... 月の光 / 伊藤さくら

ドラマチックでメロディアス。美しく荒ぶる旋律を詰め込んだミニアルバム。その先にあ... At the crack of dawn / Nakanospecial

ボサノヴァの巨匠カルロス・リラ参加のボサノヴァ誕生60年を記念するにふさわしいリ... Ipanema Mode / Nanami

「人に対して感じた痛み、どうにも抜け出せない負の感情。そんな身動きの取れない状態... ヤドリギ / ひどろはるか

タイトルソング『スタート』は、今しかできない事や今やりたい事を、怖がらずに一歩踏... スタート/MY FRIEND / 細川柚巴

国内のパンク・ハードコア・サイコビリーアーティストによる、アコースティック・ユニ... アコーステイック不法集会 / V.A.


ベートーヴェン:交響曲選集 / 有田正広/クラシカ ル・プレイヤーズ東京
title ベートーヴェン:交響曲選集
artists 有田正広/クラシカ ル・プレイヤーズ東京
label 東武レコーディングズ
url http://www.tobu-trading.com/classic_cd/
price ¥4200+税
release 2017/10/31
format 4CD
cat.no TBRCD-0056/59
「クラシカル・プレイヤーズ東京・活動終了を記念して」
何と言う瑞々しさ!!
有田正広(指揮)クラシカル・プレイヤーズ東京
ベートーヴェン:交響曲選集。


<東京芸術劇場アーカイヴ・シリーズ>
「ベートーヴェン:交響曲選集」
交響曲第1番、第2番(録音:2017 年2 月5 日)
交響曲第3番「英雄」(録音:2009 年6 月12 日)
交響曲第4番、第5番「運命」(録音:2015 年2 月14 日)
交響曲第7番(録音:2009 年3 月28 日)
交響曲第8番(録音:2013 年6 月28 日)

有田正広(指揮)クラシカル・プレイヤーズ東京
録音:何れも東京芸術劇場ライヴ・デジタル録音


このCD に収録されているベートーヴェンの交響曲の録音は、有田正広とクラシカル・プレイヤーズ東京が2009 年3 月の第7番から2017 年3 月の第1 番・第2 番までの7 曲の交響曲の演奏の記録である。
クラシカル・プレイヤーズ東京の前身となる東京バッハ・モーツァルト・オーケストラは1992 年に結成された。このオーケストラはその名の通りバッハやモーツァルトの音楽を中心にバロックから古典派までの音楽を、指揮者を含むメンバー全員が、作曲されたその時代の楽器とその奏法、音楽に対する考え方までを吸収し消化した上で演奏することを念頭に組織された、画期的な、おそらく日本では初めてのオーケストラだった。指揮者の念頭には創立当時から音楽のレパートリーをさらに古典派の後期からロマン派、近代の音楽にまで広げていきたいという夢があったことだろう。しかし、これを実現するには、それぞれの時代と音楽に合った楽器とその奏法や音楽語法の習熟が必要である。バロック時代(バロック時代でさえ、場所と時期などによって様々な楽器とそのピッチ、奏法、音楽語法があるのだが)から古典派、ロマン派、近代と時代が進むにつれて、楽器(特に管楽器など)そのものがさらに多様化してきている。
その中で常に問題となることの一つが音楽に合った楽器の手配とその奏法、そして様々な音楽語法の違いに対する柔軟性であり、このことは個々の奏者に負担をかけることになり、想像以上に時間がかかることは容易に想像がつくことである。
過去、レコードが無かった時代やSP 時代にはあまり考えられなかったことだが、演奏の記録がLP レコードからCD そしてその先まで進もうとしている現在、あまたの名指揮者がベートーヴェンの交響曲の全曲演奏と録音を行っている。その中でこの画期的ともいえる交響曲集が第6番「田園」と第9番「合唱付き」を含まないのははなはだ残念なことではあるし、指揮者の中では第6番の研究はすでに始められていたという。しかし、演奏上の様々な問題を解決するには未だ時間を要すること、また第9番については、オラトリオ形式となる第4 楽章の演奏上の問題が残されていることから、オーケストラが終止符をうつこの時点で一度記録としてまとめておくことは大きな意義を持っているといえよう。
<小川恒行氏のライナーノートより>

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music