MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 個性豊かで良質な音楽を多くの人に聴いてもらいたい。
インディーズの音楽をインディーズらしく世に送り出します。

Shop

New Release

天才パーカッショニスト富樫雅彦没後10年世界の優れたミュージシャン達が共演を熱... マイ・ワンダフル・ライフEX富樫雅彦バラードコレクション / V.A.

「矢沢の聖夜に、酔う…。」 2016年で3年目のディナーショー。矢沢... EIKICHI YAZAWA SPECIAL NIGHT 2016「Dreamer」IN GRAND HYATT TOKYO(DVD) / 矢沢永吉

「矢沢の聖夜に、酔う…。」 2016年で3年目のディナーショー。矢沢... EIKICHI YAZAWA SPECIAL NIGHT 2016「Dreamer」IN GRAND HYATT TOKYO(Blu-ray) / 矢沢永吉

「鮮烈にYAZAWAの実像。」 約30年ぶりの大阪城ホールライヴの映像化!   ... EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2016「BUTCH!!」IN OSAKA-JO HALL(DVD) / 矢沢永吉

「鮮烈にYAZAWAの実像。」 約30年ぶりの大阪城ホールライヴの映像化!   ... EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2016「BUTCH!!」IN OSAKA-JO HALL(Blu-ray) / 矢沢永吉

【CD付楽譜】ウクレレ 日本のハワイアン&ポップス 海田明裕オリジナル曲集 NH... ウクレレ 日本のハワイアン&ポップス 海田明裕オリジナル曲集(CD付) / 海田明裕

ズーラシアンブラス16枚目のアニバムはニッポン再発見の1枚『ジャパニーZOO』。... ジャパニーZOO(DVD) / ズーラシアンブラス

ズーラシアンブラス16枚目のアニバムはニッポン再発見の1枚『ジャパニーZOO』。... ジャパニーZOO / ズーラシアンブラス

モダン・ジャズ・トロンボーンのソロイストとしてウエスト・コーストで活躍した白人プ... ハービー・ハーパー・セクステット / ハービー・ハーパー


シューベルト・ライヴ・イン東京 / ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ / ヴォルフガング・サヴァリッシュ
title シューベルト・ライヴ・イン東京
artists ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ / ヴォルフガング・サヴァリッシュ
label 東武レコーディングズ
price ¥4200+税
release 2017/3/31
format 2CD
cat.no TBRCD-0052/53
東京芸術劇場アーカイヴ・シリーズ フィッシャー=ディースカウ+サヴァリッシュ 夢の東京ライヴ!シューベルト三昧!


「シューベルト・ライヴ・イン東京」
CD1)1992 年11 月16 日
シューベルト「リーダー・アーベント」

1. 月に寄す(An den Mond) D296
2. 希望(Hoffnung) D295
3. 流れ(Der Strom) D565
4. さすらい人(Der Wanderer) D649
5. 自らの意志で沈みゆく(Freiwilliges Versinken) D700
6. 小人(Der Zwerg) D771
7. 憂い(Wehmut) D772
8. 墓掘人の郷愁(Totengräbers Heimweh) D842
9. ブルックの丘で(橋の上で)(Auf der Bruck) D853
10. 歌手の持物(Des Sängers Habe) D832
11. 窓辺に(Am Fenster) D878
12. 漁夫の歌(Fischerweise) D881
13. 弔いの鐘(Das Zügenglöcklein) D871
14. 十字軍(Der Kreuzzug) D932
15. 漁夫の恋の幸せ(Des Fischers Liebesglück) D933
16. 星(Die Sterne) D939
<アンコール3曲>
1. 花大根(Nachtviolen) D752
2. ギリシャの神々の一節(Die Götter Griechenlands) D677
3. 孤独な人(Der Einsame) D800

CD2)1992 年11 月24 日
シューベルト:歌曲集「美しき水車小屋の娘」全曲


ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
ヴォルフガング・サヴァリッシュ(ピアノ)

録音:
CD1)1992 年11 月16 日
CD2)1992 年11 月24 日
東京芸術劇場ライヴ
※日本語・英語解説付。


1992 年11 月、音楽総監督ヴォルフガング・サヴァリッシュに率いられたバイエルン国立歌劇場は、大掛かりな来日公演を行った。その一環として、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウのリサイタルが行われ、サヴァリッシュがピアノ伴奏するという夢のような共演がたった二晩、東京芸術劇場で行われた。フィッシャー=ディースカウは、1992 年末を持って歌手活動から引退したために、この来日が歌手として最後のものとなった。
その二晩が今、CDとして蘇る。「リーダー・アーベント」はアンコールまで隅々まで考え抜かれた選曲そして曲順。ロマン主義の極みとも言うべき「水車小屋の娘」。音質は極めて良好で、両巨匠の至高の芸境を堪能できる。サヴァリッシュ財団、ユリア・ヴァラディ女史公認の正規リリース。

この記事をはてなブックマークに追加