Favorites ~ヴァイオリン小品集~ / 森本千絵
NVRC-2913
amazon
title Favorites ~ヴァイオリン小品集~
artists 森本千絵
label NEW VINTAGE RECORDS
url http://www.press-support.net
price ¥2381+税
release 2012/10/3
format CD
cat.no NVRC-2913

1. J.マスネ「タイスの瞑想曲」
2. E.エルガー「愛の挨拶」
3.P.マスカーニ「間奏曲」~カヴァレリア・ルスティカーナ
4.M.T.パラディス「シシリアーノ」
5.F.クライスラー「テンポ・ディ・メヌエット」~プニャーニのスタイルによる
6.F.クライスラー「美しきロスマリン」
7.F.クライスラー「愛の悲しみ」
8.F.クライスラー「愛の喜び」
9.C.グノー「アヴェ・マリア」
10.E.エルガー「夕べの歌」
11.E.エルガー「朝の歌」
12.C.ドビュッシー「美しき夕暮れ」~J.ハイフェッツ編
13.R.フーベルガー「真夜中の鐘」~クライスラー編
14.F.ショパン「ノクターン」~ミルシュタイン編
15.F.ブリッジ「メディテイション」
16.C.サンサーンス「白鳥」~“動物の謝肉祭"より

ソリスト・デビュー20年。イギリスにて名匠イフラ・ニーマンのもと研鑽を積んだ森本千絵のファースト・アルバム。ヴァイオリニストとしてのこれまでを振り返りながら、その磨かれたセンスで、共に弾き歩んで来た小品の数々を収録しました。日々感じる何気ない想いに常に寄り添うようにあった美しいお気に入りの小品たち。人生への夢や憧れを抱くとき、また、失意に沈むとき、心を慰め、希望をくれる小品集です。


プロフィール
森本千絵(ヴァイオリニスト)
9歳より札幌にてヴァイオリンを始める。京都市立芸術大学音楽学部卒業と同時に(財)名古屋フィルハーモニー交響楽団入団。
以後、ロンドンへ留学し、名匠(故)イフラ・ニーマン氏に師事。英国王室音楽大学演奏家資格取得。帰国後、ソロ・ヴァイオリニストとして活動。名フィルはじめ国内プロのオーケストラとのコンチェルト共演、内外でのリサイタル多数。これまでの演奏は「音楽の友」誌はじめ、各誌にて高く評価される。1998年名古屋市文化振興事業団「新進芸術家海外研修助成」対象者に選ばれヨーロッパ各地にて研修、招聘演奏。2004年イギリスBury St.Edmunds市「マグナカルタ900年記念」コンサーとに招聘演奏。2007年日本室内楽財団助成公演としてイギリスよりピアニスト、N.ハッチソン氏を招聘し札幌と名古屋にて演奏。新しい記憶としては、2009年メンデルスゾーン生誕200年記念演奏会での名フィル(指揮/川瀬賢太郎氏)とコンチェルト共演(愛知県芸術劇場・コンサートホール)、2010年に開催したオール無伴奏プログラムのリサイタル(名古屋・電気文化会館)が専門誌で高い評価を得た事などが挙げられる。
現在、札幌と名古屋の両都市を拠点に演奏活動、後進の指導にも力を注ぐ。

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music
CATEGORY TOPへ  PageTop