MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 個性豊かで良質な音楽を多くの人に聴いてもらいたい。
インディーズの音楽をインディーズらしく世に送り出します。

Shop

New Release

天才パーカッショニスト富樫雅彦没後10年世界の優れたミュージシャン達が共演を熱... マイ・ワンダフル・ライフEX富樫雅彦バラードコレクション / V.A.

国内・海外でも活躍中、今最も期待値の高い若干ハタチの女性ドラマー川口千里の18~... 川口千里 密着age18-20~千里の道も一歩から メジャーの先へ~[2枚組DVD] / 川口千里

2011年日本が産んだピアノ&ギターデュオの傑作『Childhood’... Old Boys’ Dreams / 福田重男&布川俊樹

心奪われる、音の衝撃。 TSUKINOSORAが奏で生み出す、やわらかく澄みき... ひとりの宇宙 The One / TSUKINOSORA

「矢沢の聖夜に、酔う…。」 2016年で3年目のディナーショー。矢沢... EIKICHI YAZAWA SPECIAL NIGHT 2016「Dreamer」IN GRAND HYATT TOKYO(DVD) / 矢沢永吉

「矢沢の聖夜に、酔う…。」 2016年で3年目のディナーショー。矢沢... EIKICHI YAZAWA SPECIAL NIGHT 2016「Dreamer」IN GRAND HYATT TOKYO(Blu-ray) / 矢沢永吉

「鮮烈にYAZAWAの実像。」 約30年ぶりの大阪城ホールライヴの映像化!   ... EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2016「BUTCH!!」IN OSAKA-JO HALL(DVD) / 矢沢永吉

「鮮烈にYAZAWAの実像。」 約30年ぶりの大阪城ホールライヴの映像化!   ... EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2016「BUTCH!!」IN OSAKA-JO HALL(Blu-ray) / 矢沢永吉

表題にもなっている【こうして人生を】はアーティスト自身の生活をテーマに綴っている... こうして人生を / GO


「アンリミテッド」~平野義久(b.1971)作品集 / 佐藤祐介(ピアノ)
title 「アンリミテッド」~平野義久(b.1971)作品集
artists 佐藤祐介(ピアノ)
label 299MUSIC
url http://www.rec-lab.com/
price ¥2800+税
release 2016/04/15
format CD
cat.no NIKU-9001

299 MUSIC レーベル始動第1弾!
現代音楽に欠かせない佐藤祐介のソロ・デビュー盤!
アニメ「HUNTER×HUNTER」「DEATH NOTE」のサントラなど劇伴音楽界でその名を轟かせる作曲家平野義久のピアノ作品集!

「アンリミテッド」~平野義久(b.1971)作品集
平野義久(b.1971):
1-3.ピアノ・ソナタ(2015)(第一楽章/第二楽章/第三楽章)
4-11.優雅で感傷的なラジオ体操(2015)
(序奏/第一の体操/第二の体操/第三の体操/第四の体操/
第五の体操/第六の体操/深呼吸)
12.クロックワーク・ラグ(2015)
13.丹鶴姫の夜想曲(2015)
14-36.宮沢賢治『銀河鉄道の夜』に基づく“コント”(2006)
(ジョバンニ~午后の授業/活版所/家路/家/ケンタウルス祭の夜/
銀河ステーション/ジョバンニ/カムパネルラ/北十字星/プリシオン海岸/
大学士と助手/鳥を獲る人/青年と幼姉弟/りんご/とうもろこし畑/
インデアン/ジョバンニ/南十字星/ジョバンニ/カムパネルラ/
ジョバンニ~別れ/目が醒めて/ジョバンニ~跋)

佐藤祐介(ピアノ)
録音:2015年12月16-17日和光市民文化センター「サンアゼリア」、DSD録音
制作:合同会社録音研究室(レックラボ)

知の愉しみ。肉体の陶酔。あるいは、音楽。
コンテンポラリー・シーンに欠かせない若手ピアニストとして存在感を増す佐藤祐介がソロ・デビュー盤のために選んだのは、アニメ「HUNTER×HUNTER」「DEATH NOTE」のサントラなど劇伴音楽界でその名を轟かせる作曲家平野義久。現代音楽界に一石を投じるべく、平野がこのアルバムのために書き下ろした新曲4曲を含む全5作品を収録。21世紀のピアノ音楽の新たな地平を切り拓く濃厚な1枚。

●平野義久(作曲)
1971年12月7日和歌山県新宮市生まれ。5歳よりヴァイオリンを始める。バロック音楽に魅了され、小学生の頃から独学で作曲を始める。高校時代にジャズと邂逅、マイルス・デイヴィス、セロニアス・モンク、エリック・ドルフィ、ジョン・コルトレーンらの音楽に没頭する。アルト・サクソフォンを手にしジャズ・プレイヤーを志すが、ジョン・ゾーンへの心酔を契機に現代音楽に心惹かれるようになる。一方で、ショスタコーヴィチの交響曲に強い感銘を受け、本格的な作曲の修行を決意する。
高校卒業後紆余曲折を経て渡米、イーストマン音楽院で作曲をクリストファー・ラウス、ジョセフ・シュワントナー両氏に師事する。バタイユ、クロソウスキー、マンディアルグ、ジュネら20世紀フランスの作家・思想家に傾倒し、授業もそっちのけで多くの時間を読書、そして作曲に費やす。
紆余曲折を経て同院中退、その後帰国。さらなる紆余曲折を経て2001年に劇伴作曲家としてデビュー。以来今日に至るまで数多くのサウンドトラックを世に送り出している。
文学・哲学から落語・モードファッションまでこよなく愛する好奇心旺盛な作曲家。(日本国内の)動物・昆虫などはかなりの確率で正確な和名を言い当てることが出来る。ただし幼少時のトラウマ体験により芋虫恐怖症。http://www.yoshihisahirano.com

●佐藤祐介(ピアノ)
11歳より作曲、12歳よりピアノを始める。14歳より本格的なレッスンを受け始め、15歳でリサイタルでデビューする。2005年にクラシックとデジタルミュージックで構成される音楽プロジェクト「Yu-sukeProject」を立ち上げ、アルバム2 枚を同時にリリース。演奏、即興、作曲、レコーディング、楽曲提供などを積極的に行う。“
2012年、日本で唯一の現代音楽演奏コンクールである、第10回現代音楽演奏コンクール“競楽X”(朝日新聞社・日本現代音楽協会主催)において優勝を果たし、さらに第22回朝日現代音楽賞および聴衆賞を受賞して注目を集める。それまでにも2004年U.F.A.M. 国際音楽コンクール第2位(フランス)、第16回若い才能のためのスタインウェイ・ピアノコンクール第3位(フランス)、第3回三善晃ピアノコンクール第1 位および三善作品特別賞、第9回チェコ音楽コンクール第1位および全音楽譜出版社賞、第12回フッペル鳥栖平和祈念ピアノコンクール第1位および東洋新薬特別賞などをはじめ、国内外で数々の受賞歴を持つ。2011年、第15回浜松国際ピアノアカデミーを受講。
近年は、ソロや室内楽など幅広い活動を展開し、イタリア、フランス、ドイツ、ルーマニアをはじめ、国内外で数多くの演奏会に出演。
知的な解釈に加え、ダイナミックかつ繊細な演奏に定評があり、ドイツ・フランスのバロック音楽、後期ロマン派、チェコの古典派や現代音楽、21世紀の諸作品、邦人作品まで多種多様なレパートリーを誇る。演奏される機会の少ない作曲家や埋もれた作品にも光をあて、積極的に取り上げるユニークな活動を行っている。また、数多くの国内外の作曲家の新作初演にも携わり、献呈・委嘱作品も多い。独自の視点をもった若手ピアニストの一人として、これからの活動が大きく期待されている。http://yusukesatoh.sakura.ne.jp

この記事をはてなブックマークに追加