MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 流通会社として長年の実績と、
自社プロディース作品で数々の受賞歴。
個性豊かで良質な音楽を一人でも多くの方に。

Shop

New Release

天才パーカッショニスト富樫雅彦没後10年世界の優れたミュージシャン達が共演を熱... マイ・ワンダフル・ライフEX富樫雅彦バラードコレクション / V.A.

作詞作曲家のためのCD制作「窓辺の情景」シリーズに90曲以上を収録している大樹ゆ... 男の舞台/大樹ゆたか第3集~窓辺の情景リクエスト~ / 大樹ゆたか

“ミステリアスな完全主義者”マダム・エドワルダの80年代... ドッペルゲンゲル Anthology 1983-1985 / マダム・エドワルダ

キーストンクラブ・レコーズ第一弾!! 六本木のクラブがデトロイトのジャズクラブ... ライブ・アット・キーストンクラブ東京〜エヴリシング・マスト・チェンジ / ハービー・トンプソン

問題イベント「東京アダルトチルドレン」を主催、 「渋谷JACK」「クラブザウルス... BEST / Vaiwatt

アニソンで活躍したmarbleの休止以降、miccoとして初のソロミニアルバムを... 空とゴンドラ / micco

「渋谷レゲエ祭 THE SURVIVOR 平成29 年 DEEJAY ULTIM... NEXT PAGE / Jr.BONG

中シゲヲ(THE SURF COASTRERS)5年ぶりのソロアルバムリリース!... TIME HAS WINGS / 中シゲヲ

結成15年目を迎えるロックバンド、 JAM-TAKOの5枚目のオリジナルフルアル... FLAME OF LOVE / JAM-TAKO


ベートーヴェン:レ オノーレ序曲第3番 / フランツ・シャルク
title ベートーヴェン:レ オノーレ序曲第3番
artists フランツ・シャルク
label KK-Ushi
price ¥2667+税
release 2017/9/27
format CD
cat.no KSHKO-66
指揮者フランツ・シャルクの音楽遺言遺産 ベートーヴェン:レオノーレ序曲第3番、交響曲第8番


● 指揮者フランツ・シャルクの音楽遺言遺産
「ブルックナーの改竄者」との烙印を押されているフランツ・シャルクは1900年にマーラーのもとでウイーンフィル(ウイーン国立歌劇場)の指揮者に就任し、1918年から1929年まで芸術総監督を務めて1931年に死去するまで30年間に亘ってウイーンフィルに尽くしたオーストリアを代表する名指揮者です。シャルクが指揮者として活躍を始めた頃、レコードが音楽ビジネス化して著名な音楽家達がその演奏を残す様になりましたが、ビジネスの拠点はニューヨークとロンドン、そしてベルリンに限られていて、音楽文化都市ウイーンは、その保守的な風土もあってこのビジネスでは全くの後進地でした。ベルリンフィルによるベートーヴェンの“運命”の録音から遅れること15年、やっとウイーンフィルが3曲のベートーヴェンの交響曲と序曲の録音に踏み切りました。その任を果たしたのがシャルクでしたが,出来上がったレコードは技術的には失敗作、しかしながら当時の蓄音機で聴く限りはそれが致命的には聞こえなかったので発売に踏み切られ、好評を博しました。その後シャルクは他界して、残したレコードはワルターやフルトヴェングラー、メンゲルベルグ等のレコードの中に埋没してしまい,第2次大戦後はブルックナーの改竄者との汚名のもとに完全に忘れ去られてしまいました。そのシャルクのレコードを偶然入手する事が出来て、先ずベートーヴェンの『運命』と交響曲第8番そしてシューベルトの『未完成』にGHA処理を施して技術的失敗をリカバーし、KSHKO-35としてリリースしました。続いてベートーヴェンの『田園』が入手できたので、先の『運命』とカップリングしてKSHKO-45としてリリースすることができました。それから3年ほど経った先日,どうしても入手できなかったベートーヴェンの『レオノーレ序曲第3番』が入手できて彼の録音が総て揃いました。そこでKSHKO-35が品切れになった事に鑑みて、先のベートーヴェンの交響曲第8番とシューベルトの『未完成』に新バージョンのGHA処理を施し,それに『レオノーレ序曲第3番』を加えてKSHKO-66としてCD化し、シャルクの生涯の全録音を完結させました。これらの演奏は“ご当地直送のウイーン特産音楽”とも言うべき自然体で流麗・高雅なものであり,滅多に聴けない稀少かつ貴重な音楽をお楽しみ戴きたいと願っています。

◎収録曲/録音年
(1) ベートーヴェン:レオノーレ序曲第3番(1929) (2) ベートーヴェン:交響曲第8番(1928)(3) シューベルト:交響曲第7番“未完成”(1929)

◎ 演奏者
フランツ・シャルク指揮・ウイーンフィルハーモニー管弦楽団(ベートーヴェン:レオノーレ序曲第3番、交響曲第8 番)・大ベルリン交響楽団(シューベルト:交響曲第7番)


◎制作者紹介
村岡輝雄1967年九州大学大学院を終了。日本ビクター㈱研究所・音響情報研究室長、武蔵工業大学・教授、東京大学先端科学技術研究センター・客員研究員を歴任し、現在は日本女子大学文学部・客員研究員。高校時代よりオーディオに取り組み、大学・大学院で電子通信工学を学んで日本ビクター㈱に入社後はプロ研究者に転向。入社後10年以上に亘って録音スタジオやレコード技術部門と連携して音楽録音技術とアナログレコードの研究に取り組み、4チャンネルレコードCD-4の基本設計とレコードカッティング/トレシング歪みの研究で工学博士を取得。殊にスタジオで録音技術習得後は独自の研究によってCMS recordingを開発、非調和周波数解析GHAの研究と併せて学会発表と実践を行なってきた。大学時代から吹奏楽とオーケストラに参加し、業務で修得した録音技術を駆使して200枚を越えるCDを制作して今日に至っている。

この記事をはてなブックマークに追加