MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

Shop

New Release

◎日本歌手協会歌謡祭に連続出場中!! ◎通信カラオケDAM/ウガ・ジョイサウンド... つかず離れず / 上田明弘

移籍第一弾シングル! 旅に出よう もう一度会うために 移籍第一弾シングルとなる今... 旅に出よう / 巨峰3兄弟

バークリー音楽大学出身のジャズピアニスト/アレンジャータケ・ムラカミ「テイク」シ... TAKE THREE / TAKE MURAKAMI

2019年秋 テレ玉で放映の限界アニメ「松山あおい物語」の主題歌 「おねえさん動... おねえさん動物園<アニメ紹介バージョン> / 松山あおい

2019年秋 テレ玉で放映の限界アニメ「松山あおい物語」の主題歌 「おねえさん動... おねえさん動物園<松山あおいバージョン> / 松山あおい

英国のワールドミュージック誌「Songlines」が選ぶ≪世界の最も優れた演奏家... 森の中へ~Into the Forest / 八木美知依

ロング・セラーを記録した「アイ・ビリーヴ・イン・リトル・シングス」の続編となる、... チアフル・リトル・イアフル(仮) / ダイアナ・パントン

新感覚和楽器グループ、etc.えとせとら流音楽 和楽器ならではのグルーヴと新鮮な... 序曲 / 和楽創作トリオ えとせとら

オンラインゲームのメンバーからの呼び掛けに好奇心から出向くと、 そこにはちょっぴ... オジサマ専科Vol.18 Let's play the game~オジサマ遊戯倶楽部~ / ドラマCD


岡山潔の軌跡-第1巻- / 岡山潔
title 岡山潔の軌跡-第1巻-
artists 岡山潔
label パウ
price ¥4500+税
release 2019.3.27
format CD
cat.no KIYO-101/3

★『レコード芸術 2019年6月号』特選盤 ★

CD-1
1-3L.v.ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
(G.ボッセ指揮/神戸市室内管弦楽団)
4-6R.シューマン:ヴァイオリン協奏曲
(ヴァンゲンハイム指揮/ベートーヴェンハレ・ボン管弦楽団)
CD-2
1-44B.バルトーク:2つのヴァイオリンのための44の二重奏曲
Sz.98 全曲(岡山潔Vn・服部芳子Vn)
CD-3
1-6 W.A.モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲
第1番ト長調K.423 &第2番変ロ長調K.424
7-10 Aドヴォルジャーク:テルツェットハ長調Op.74 B.148
11-13 Z.コダーイ:セレナードヘ長調Op.12
(岡山潔・服部芳子・深井硯章)

2018年10月に惜しくも世を去ったヴァイオリニスト岡山潔が、生前から過去の録音から選曲に携わり完成させた。まさしく彼の音楽的遺言といえる作品集!

【岡山潔プロフィール】
1942年東京中野にうまれる。5歳より父、直躬の指導のもとヴァイオリンを始める。61年東京藝術大学に入学、兎束龍夫、H.ホルスト、W.ハンケの各教授に学ぶ。更に大学院に進み、ここで、J. ヨアヒムからK. フレッシュ、A. ブッシュにいたるヴァイオリンのドイツ的演奏様式の基礎をたっぷりと習得した。
更にのちに生涯の伴侶となる服部芳子と出会い、共に最優秀を競い合った。
このときハッケン教授のレッスンにドイツの名指揮者ヨゼフ・カイルベルトが訪れ、学生だった岡山の演奏に感激「君は才能がある。ドイツで勉強すれば、必ず活躍できる」と激賞された。68年西ドイツ政府給費生として夫婦でハンブルグ国立音楽大学に留学。再びヴァイオリンをハッケン教授に、室内楽をE.ハウプトマン教授に学ぶ。その間彼の演奏するW.サヴァリッシュから「しっかり修行すれば素晴らしコンサートマスタになる」と認められた。70年ベルリンでのメンデルスゾーン・コンクール弦楽四重奏部門で第1位となり、同年ブリュッセルで服部芳子とイザイの二つのヴァイオリンのためのソナタを演奏してイザイ・メダルを授与された。71年ソリスト国家資格試験に最高位を得て大学を修了。当時西ドイツの首都であったボンにあるベートーヴェンハレ管弦楽団の第1コンサートマスターに就任。この地位に13年間の長きに渡ってこの勤めを果たした。その間、急病で倒れたジノ・フランチェスカッティに代わりに当日の急遽代役にたち、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を見事に演奏。この演奏会に列席していた当時のW.シェール西ドイツ大統領が楽屋に駆け付け祝福を贈ったなど数々の逸話残した。またこの間、当時あまり演奏されなかったR.シュトラウス、レスピーギ、ワイル、ブゾーニなどを数多く演奏している。*本アルバムに納められたシューマンの協奏曲はこの時代の録音である。84年西ドイツ政府から一等功労十字勲章を授与された。同年帰国して、読売日本交響楽団のコンサートマスターに就任。7年間在籍。90年東京藝術大学教授に就任。活動の重点がオーケストラから教育と室内楽演奏に移行する。93年エレオノーレ弦楽四重奏団を結成、数回のメンバーチェンを経て、2008年岡山潔弦楽四重奏団を結成。室内楽演奏に心血を注いだ。
15年岡山が「私のライフワーク」と言い続けてきたベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲を中心としたヨーロッパ演奏旅行の企画。すべての予定が整えたところで病に倒れ、演奏生命が絶たれた。

この記事をはてなブックマークに追加