MENU

ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

Shop

New Release

みんなに届け、ぼく(RoRo)のメロディー!湧きあがれ、言葉力(パワーエナジー)... RoRo Melodies / ロロメロ / RoRo

今、最も注目されているジャズボーカリスト、そしてシンガーソングライターの滝沢望の... B/ENJOY / 滝沢望

ピアニスト和泉宏隆(ex.THESQUARE、T-SQUARE)の代表曲の全てを... コンプリート・ソロ・ピアノ・ワークスII / 和泉宏隆

名古屋発!Jazz Sax奏者中川聡子(なかがわさとこ)、待望の1stアルバム!... Wait For Rain / 中川聡子

笑いと涙と感動のオンパレード抱腹絶倒七十四分 日々かりめろ、結成4年目をスタート... バラエティ大作戦 / 日々かりめろ

ayukoの2ndはクルトワイル歌曲集!前作同様ピアノとアレンジに浅川太平を迎え... Naked Circus ayukosings Kurt Weill / ayuko

ライトランゲージに興味を持つミュージシャンでヒーラーのcueと、ライトランゲージ... 宇宙の光と音の癒し / 光の地球国プロジェクト

60代でデビューするジャズシンガー下總佐代子のファーストアルバム。山本剛トリオと... Keep Steppin' / 下總佐代子

作曲家そして自ら歌うシンガーソングライターとして活躍中の三原一乃(カズノリ)が... 関西流れ者 / 三原一乃


イオン・ヴォイク協奏曲ライ ヴ(ジョルジュ・エネスコ国 際音楽祭) / イオン・ヴォイク
title イオン・ヴォイク協奏曲ライ ヴ(ジョルジュ・エネスコ国 際音楽祭)
artists イオン・ヴォイク
label エレクトレコード/東武ランド システム
price ¥4400+税
release 2017/9/30
format 2CD
cat.no ERT-1034/35
こんなライヴがあったのか!
イオン・ヴォイク協奏曲ライヴ(ジョルジュ・エネスコ国際音楽祭)!
バルビローリとのプロコフィエフ!!
初出レパートリー多数!!全てステレオ!!
エレクトレコード・東武ランドシステム共同制作


「イオン・ヴォイク協奏曲ライヴ(ジョルジュ・エネスコ国際音楽祭」
①プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2 番
②ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
③ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1 番
④チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

イオン・ヴォイク(Vn)
①サー・ジョン・バルビローリ(指揮) ジョルジュ・エネスコ・フィル
録音1961 年9 月16,17 日ライヴ
②ジャン・ペリソン(指揮) ジョルジュ・エネスコ・フィル
録音:1985 年9 月19 日ライヴ
③イサーク・カラブチェフスキー(指揮)ジョルジュ・エネスコ・フィル
録音:1981 年9 月23 日ライヴ
④ヴジェコスラフ・シュテイ(指揮) ジョルジュ・エネスコ・フィル
録音:1988 年9 月21 日ライヴ

ルーマニアの偉大なヴァイオリニスト、イオン・ヴォイク(1923~1997)は、自国で教育を受け、ジョルジュ・エネスコの薫陶を受けて、さらにダヴィド・オイストラフ門下となりました。「魔法の指と弓の持ち主」とまで絶賛されます。後年はアメリカ、イギリス、ソビエト他とヨーロッパ全土で活躍。チャイコフスキー国際コンクールやバッハ国際コンクール、シベリウス国際コンクールなどの音楽祭で審査員を務めました。指揮者としては、1972 年から1982 年にはジョルジュ・エネスコ・フィルの音楽監督も務めています。今年は、没後20 年ということで、ルーマニアの首都ブカレストでは子息の指揮者マダリン・ヴォイクによるメモリアルコンサートが催されました。
実際の芸風は、時としてメランコリックなまでに歌い上げることをも厭わない華麗で派手な名ヴァイオリニスト。時として、土俗的で粗野な表情も見せてくれる個性の強い名手です。それでいて技巧の確かさは素晴しくどの瞬間も隙を見せません。デッカへの録音が近頃集成されましたが、入手できる録音は少なく幻の名ヴァオイオリニストでもあります。
プロコフィエフの第2 協奏曲は、ボンガルツと共演したETERNA 録音があり、これも数少ないヴォイクの協奏曲録音として高い評価を得ておりました。当演奏はバルビローリが伴奏ということで、否が応にも食指をそそります。バルビローリ一流のからりと明るめの音色で、精緻を極めたプロコフィエフの旋律をヴォイクと手に手を携えて彫琢していく見事なライヴ。
ベートーヴェンの協奏曲は待望の音盤初出レパートリー!ヴォイクは楽聖に対して臆することなく自ら理想を追求した自由なベートーヴェンを造形して参ります。特に第1楽章のカデンツァは計算し尽くされた実に個性的な演奏です。流れるようなスタイリッシュなベートーヴェンを奏でる伴奏のペリソン(1924~)は日本ではあまり知られておりませんが、フランス人でフルネ、マルケヴィッチ門下の逸材。ニース歌劇場の監督を長く務めオペラ畑での巨匠です。ゲルギエフがフランス・オペラの教育者としてマイリンスキー歌劇場に招いたこともあります。
ブルッフの協奏曲第1 番は、ヴォイク得意のレパートリーです。前述のデッカ録音(フリューベック・デ・ブルゴス指揮)にも含まれております。こういう抒情的でかつ詠嘆調の音楽は正にヴォイク向きで、かなりやりたい放題に歌い込んでおります。そして一抹の寂しさを内包しているのがヴォイクの表現力豊かなところ。伴奏のカラブチェフスキー(1934~)は、ロシア系のブラジル人でヴィラ=ロボスの「ブラジル風バッハ」全曲録音や交響曲全集(進行中)で知られ、来日経験もある名匠です。
チャイコフスキーも嬉しい音盤初出レパートリー!この曲では前半はキメ細かく、悲しくも儚げな表情付けで聞き手を魅了し、終楽章では一転して一気呵成の激情的な盛上りで聞き手をノックアウトしてくれます。伴奏のシュテイ(1951~2009)はクロアチアの名指揮者でオペラ畑で重きをなし、カレーラスの信頼厚く幾つもの録音を遺しております。いずれもルーマニア国内でのみごく僅かに生産流通していたLP が出ておりました。そのマスターテープが良好な状態で保存されており、最新録音にヒケを取らない極上音質で名演をご堪能いただけます。

この記事をはてなブックマークに追加
Related Music