ラッツパック・レコード - インディーズCDのディストリビューター | RatsPack Records

We Distribute Good Music 個性豊かで良質な音楽を多くの人に聴いてもらいたい。
インディーズの音楽をインディーズらしく世に送り出します。

Shop

New Release

天才パーカッショニスト富樫雅彦没後10年世界の優れたミュージシャン達が共演を熱... マイ・ワンダフル・ライフEX富樫雅彦バラードコレクション / V.A.

「矢沢の聖夜に、酔う…。」 2016年で3年目のディナーショー。矢沢... EIKICHI YAZAWA SPECIAL NIGHT 2016「Dreamer」IN GRAND HYATT TOKYO(DVD) / 矢沢永吉

「矢沢の聖夜に、酔う…。」 2016年で3年目のディナーショー。矢沢... EIKICHI YAZAWA SPECIAL NIGHT 2016「Dreamer」IN GRAND HYATT TOKYO(Blu-ray) / 矢沢永吉

「鮮烈にYAZAWAの実像。」 約30年ぶりの大阪城ホールライヴの映像化!   ... EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2016「BUTCH!!」IN OSAKA-JO HALL(DVD) / 矢沢永吉

「鮮烈にYAZAWAの実像。」 約30年ぶりの大阪城ホールライヴの映像化!   ... EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2016「BUTCH!!」IN OSAKA-JO HALL(Blu-ray) / 矢沢永吉

スリリングな真剣勝負の傑作「HUMARHYTHM」全5作、ギタートークス、 そし... HUMARHYTHM BEST / 松原正樹

デビュー35 周年、ソロ・デビュー30 周年を飾る超豪華プレイヤーが集結したベス... 30th Anniversary Live(DVD) / 松原正樹

大人メロウなAOR テイストの極み デビュー35 周年、ソロ・デビュー30 周年... 30th Anniversary Live / 松原正樹

大人メロウなAOR テイストの極み。 贅沢なシンガー&演奏者によるドリーム・チー... HUMARHYTHM-V -Beyond the Boundaries / 松原正樹


オーケストラ・トリプティークによる 黛敏郎個展ー涅槃交響曲へ至る道ー / 水戸博之指揮、オーケストラト・リプティーク
title オーケストラ・トリプティークによる 黛敏郎個展ー涅槃交響曲へ至る道ー
artists 水戸博之指揮、オーケストラト・リプティーク
label スリー・シェルズ
price ¥2778+税
release 2017.4.20
format CD
cat.no 3SCD-0031

収録曲
(1)1948年作 Elegie
(2)(3)1947年作 Hors-d'uvre(オール・デウーヴル)ドラム付き
(4)~(8)1950年作 Sphénogrammes(スフェノグラム/楔形文字) 1951年ISCM国際音楽祭入選作
(9)~(12)1955年作 六重奏曲 大原美術館25周年記念委嘱彦
(13)1953年作 à ma nouvelle femme Ouverture et Musique d'entée pour la noce
     (我が新婦に捧ぐー結婚式のための序曲と入場音楽)
(14)~(17)1948年作 DIVERTIMENTO pour 10 instruments(10楽器のためのディヴェルティメント)東京音楽学校卒業作品

【若き日の黛敏郎を再評価せよ!】

「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」のライヴCD発売!
(2016.6.10東京オペラ・シティにて収録)

黛敏郎個展 ―涅槃交響曲へ至る道―について
黛敏郎(まゆずみ・としろう/1929-1997)は、今こそ再評価されるべき作曲家である。黛は戦後の作曲界で、ひときわ異彩を放ち、国際的評価を受け、数々の作曲家を触発した。そして、日本音楽界の牽引役としてトップを走った。
ジャズを取り入れた現代音楽、最新の電子音楽の発表、音響解析によるオーケストラ音楽など…。天才にしか為し得ない音楽に誰もが憧れた。
三島由紀夫、安部公房、モーリス・ベジャールも、黛とのコラボレーションから名作を生み出した。美空ひばりや石原裕次郎のために映画の主題歌も作り、アカデミー賞映画「天地創造」(1966)や市川崑監督の映画「東京オリンピック」の音楽を作曲して世界で知られ、ミュージカルやオペラも書いた。野球やプロレスのテーマ音楽として使われた「スポーツ行進曲」など誰もが知る曲も書いた。現在も続くテレビ番組「題名のない音楽会」の初代司会者でもあった。
その最高傑作は、お寺の鐘の音を音響解析して、3群のオーケストラで鳴らした「涅槃交響曲」(1958)とされる。合唱にお経を歌わせ、ホール全体が揺れるような梵鐘の響きから涅槃へ至るお経の唱和まで、アジアの作曲家にとってオーケストラ音楽を書くとはどういうことか? という問題に対してひとつの答えを出した。
しかし、この曲のインパクトが強すぎて、他の作品まで語られにくいのが現状である。黛敏郎は「涅槃」だけではない!
「黛敏郎個展―涅槃交響曲へ至る道―」は、黛敏郎が東京音楽学校(現在の東京藝術大学)に入学してすぐに書いた作品から、パリ留学を経て鐘の響き「涅槃交響曲」へ至るまでの重要作をたどる。ベテランのゲストを迎え、これからの日本の音楽界を担う、若い演奏家たちとともに・・・。

演奏:水戸博之指揮、オーケストラト・リプティーク
ピアノソロ:若林千春、ソプラノ:飯島香織、フルートソロ:向井理絵、ドラムス:大家一将
ハープ(特別出演):篠﨑史子

この記事をはてなブックマークに追加